もう辞めたい!でも辞められない

もう会社を辞めたい!でも辞められない今の時代は「やりたくない仕事」を生活のためにし続けなければいけない状況に追い込まれてしまっている人がたくさんいます。

嫌な上司、ストレスの溜まる人間関係、モチベーションの上がらない仕事、先が不安な業界、リストラの恐怖、サービス残業や減給、ボーナスカット・・・

今は大きな不満がなくても、この先給料が上がるのか、昇格できるのか、自分のキャリアはこのままでいいのか、年金もあまりもらえそうにない今、このままで自分や家族の老後は大丈夫なのかと考えると、決して満足できない状況の方も多いでしょう。

とはいえ、生活のためには仕事をしないわけにはいかないので、状況を変えるのも簡単ではありません。

「もう辞めてやるよ!」

と言ってやりたいけど、そうもいかない・・・ orz
そんな歯がゆい状況にモヤモヤしている方はかなり多いようですね。

転職サイトの広告は景気の良いことを言ってるが・・・

転職サイトの広告を見ると「年収1000万以上の求人」とか「年収○百万アップ」とか景気のいい広告をいろいろ見かけるけど、実際に転職サイト使った人の話を聞くと、そうでもないケースが多いみたいですよね。

でも広告が嘘なのかというとそんなことはなく、実際に成功している人も多数いるんです。

なぜそのような違いが出てくるのでしょうか?

転職サイトで一気に年収が上がった人は「すっげぇ実力のある人がたまたま境遇の悪い会社に勤めてただけ」なんでしょうか?そんなことはないんですけどね(笑)

「ものは使いよう」とはよく言いますが、転職サイトにも「正しい使い方」があります。これを知って転職サイトを正しく使った人は希望に合った良い転職先を見つけられて、ただ登録して待ってただけだったり、焦って探した人はあまり良い結果が得られない。そんな状況のようです。

誰か「いい転職先」探してくれない?

転職サイトにも大きく分けて「自分で探すもの」とキャリアや希望にあった採用情報をプロが探してくれる「転職エージェント」の2種類があります。

多くの人が使ったことがあるのが「自分で探す」ほうです。

転職エージェントは「なんか良さそうだけどハードルが高い気がする」「自分じゃ相手にされないんじゃないか」など気おくれしてしまったり、面倒くさがってしまい、気楽に登録できて誰とも関わらず自分のペースで探せるほうを選んでしまうんですね。

もちろん自分で探す転職サイトが悪いわけではありません。自分の市場価値をちゃんと知っていて希望の条件なども具体的に決まっていてそれに合う採用情報をちゃんと探せて、すぐに無ければ新着情報も常にチェックして、転職するにあたって希望の条件などをちゃんと企業と交渉できるなら自分で探すので全く問題ないんです。

でも、「そんな時間が無い」「希望条件とか言いずらい」という人がほとんどではないでしょうか。

転職のノウハウなんかもたくさんありますが、じっくり読んでちゃんと実践してその通りできるようになるまで何度も読み込んで・・・ってしない人のほうが多いですよね。

エージェントに頼むと面談とかもあって面倒な気はしますが、そこでしっかりと方向性を決めてしまえば条件に合った採用情報を探してくれるし、あなたの市場価値や転職で失敗しないためのアドバイス、早く希望の転職を成功させるためのアドバイスなどももらえます。

「面談」自体が超嫌だ!って人は多いと思います。だから就職先との面接の前にさらにエージェントとの面談が入るなんて・・・と思うかもしれませんが、新しい職場が決まったときに「いい職場」に入れればいいですが、面接も慣れていない、探し方も慣れていない、そんな状態で自分で探すというのでは「運任せの転職」になってしまわないでしょうか。

8時間、40時間、160時間+残業・休日出勤

この数字が何だかわかりますか?1日8時間、週に40時間、月に160時間・・・サラリーマンの仕事の時間です。そこに残業や休日出勤などがあればさらに時間は増えていきます。

毎日の時間の多くを過ごす仕事の時間。残業の多い職場など、人によっては一番多くの時間を過ごすのが仕事の時間という人もいるでしょう。その時間をストレスや怒りをためて、我慢する生活を続けるというのは避けたいものです。

では、実際にこのような状況から抜け出し、ストレスもなく楽しい生活を送っている人もいます。そういう人はどのように状況を一転させたのでしょうか?

>> 今の会社が嫌だ!を解決するには