新卒で早期退職という転職に不利な状況で職務経歴書や自己PRはどう書く

新卒で早期退職してしまった23歳女性の転職体験談
新卒で入社した会社を早期退職した23歳女性の転職体験談です。

四年制大学を卒業後、栄養士として就職したけど、仕事を教えてもらえない会社で身体と精神ともに追いつめられ「もう辞めたい」と思い早期退職したそうです。その後、アルバイトをしながら転職エージェントを利用して転職活動を開始。

新卒で入った会社を早期退職という転職には不利な状況で、企業に提出する履歴書や職務経歴書や自己PRの書き方に迷いましたが、転職エージェントの添削のおかげで内容の濃い職務経歴書や自己PRを作り込むことができ、それが役に立って無事転職できたそうです。

仕事を教えてもらえないのに結果を求められ、身体的・精神的に追いつめられた

私は四年制大学を卒業後、栄養士として病院で勤務をしていました。厨房業務がメインであり、大量調理は未経験からのスタートでした。

新規オープンであったため、先輩社員が多忙であったことから、仕事をちゃんと教えてくれない会社でした。まともな指導を受けられず、手探りでやりながらも、先輩社員と同等のスキルが求められ、身体的にも精神的にもかなり追い詰められた状況でした。

月に一度の本社での新入社員研修では、現場で役に立つことを教えてもらえず、課題ばかり課せられ、試用期間が終わる頃には、完全にライフワークバランスが崩壊していました。

シフト制の勤務で欠員が出たら休日出勤をし代休もなく、命に関わる業務という重圧・時間内に食事を提供しなければならないという切迫感に追われる毎日の中で、ふとした瞬間に、“私は定年までこのままなのだろうか”と考えるようになりました。

仕事も慣れてくると考える余裕が出てくるようで、“一度切りの人生もっと充実した人生を送りたい”、そう考えるようになったのが、転職に踏み切るきっかけになりました。

同じ失敗はしたくない!次の職場探しは転職エージェントと一緒に!

転職活動で転職エージェントを利用した一番の理由は、“自分が選んで決めた職業で失敗をしてしまったから第三者の声が聞きたかった”ということです。

自分自身では見つけることが出来なかった自分の適性であったり、どうして失敗をしてしまったのかということを知りたかったのです。

転職エージェントの存在を知ったのは、身内で転職エージェントを利用して、転職に成功した人が居たことでした。

専任のアドバイザーがつくのに無料でサービスが受けられるということは、すでに退職してしまい、金銭的不安があった私にとっては、又と無いお話でした。

精神的にも衰弱しきっていたため、“仕事を探さなくちゃいけない”という気持ちに対して行動力が伴わず、自分ひとりでは転職活動などできないに等しい状況であったということも、利用するきっかけだったのかもしれません。

早期退職の後ろめたさ・・・相手にしてもらえないんじゃないか?

エージェントとの面談をする前は、新卒として働き始めたにも関わらず早期退職をしてしまったことに後ろめたさを感じていました。

“私の話なんてまともに聞いてくれるのだろうか”、”忍耐力のない人と思われて紹介してもらえないのではないか”、などの不安な気持ちでいっぱいでした。

しかし、実際に面談に行ってみると、面談が始まるまでの緊張が嘘のように、ひとつひとつ、ゆっくりと確かに私の話を親身になって聞いていただけて、不安な気持ちから“まだまだ頑張れる”という前向きな気持ちになることが出来ました。

転職エージェントでの面談を通して、”なぜ転職しようと思ったのか”に至るまでの、”そもそもなぜその業界に就職を決めたのか”から振り返ることができ、自分の中の考えや気持ちの整理をつけるいい機会になりました。

女性エージェントのおかげで転職に対して前向きになれた

実際に会うまでは、メールや電話でのやり取りであったため、もちろん最初は緊張しました。

私の担当のエージェントは女性で、とても優しそうな方という印象を受けました。

実際に話をしてみても、なんでも親身に受け答えしていただき、時には笑いが混じるようなお話もし、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

転職に対する不安が、前向きな気持ちに変わった瞬間だったと思います。

私自身、転職エージェントを2社利用しましたが、どちらも女性の方で、誠実で真摯に受け答えしていただける方でした。

今の自分にできる事とできない事を見つめ直す事ができた

転職エージェントを使って一番良かったと思ったことは、”なにができて・なにがしたくて・なにが求められているのか”を、もう一度見つめ直す機会が出来たことです。

それまでの自分は“私には栄養士の道しかない”と、どこか自分の可能性と向き合うことなく、置かれた状況から外の世界を見ようとしませんでした。

未経験からでも応募可能な求人を紹介してもらうことで、自分にはできないと決めつけていた世界を見ることが出来ました。

同時に興味の幅も広がり、どうして学生時代に、もっと就職のことを真剣に考えなかったのだろうかと思うようになり、企業と向き合いながら、転職活動を行うことが出来るようになったと思います。

“できないと決めつけない自分”と出会えたことが、転職エージェントを利用して一番良かったと思うことであり、感謝しています。

前職の失敗を活かして仕事に対する姿勢が変わった

最終的には転職エージェントに紹介してもらった企業ではなく、自分で見つけて応募した企業へ転職しましたが、仕事に対して向き合う姿勢が変わったように思います。

それまでは気にしてこなかった年収であったり、福利厚生や職場環境など、失敗を通して何を優先的に見ていくのかを考えるようになり、今は自分に見合った丈の仕事が出来ていると思います。

恐らくこの収穫は転職エージェントを利用せず、自身で転職サイトを使って転職活動をしていたら、気づかずに同じ過ちを犯していたのだろうと思います。

転職エージェントの利用を通して、第三者の声を聞くこと、客観的に自分を評価してもらうことの大切さを実感することができ、自分の可能性を広げることが出来ました。

初めての職務経歴書の作成も添削のおかげで内容が濃いものに!

私は前の職場を退職してからすぐにフルタイムでアルバイトを始めてしまったことから、面接対策に足を運ぶことはできませんでしたが、メールで職務経歴書と自己PRの添削をしてもらって大変助かりました

はじめての転職だから職務経歴書を作ったことがない、尚且つ就業期間がとても短かく、内容の薄さに困り果てていました。

しかし、そんな中でも初回の面談で話したことを整理し、”ここをもっと掘り下げて書きましょう”、”小さなことでも書きましょう”を合言葉に、みるみる内容の濃い職務経歴書を仕上げることが出来ました。

自己PRに関しても面談での話の内容だけではなく、面談の時の私から受けた印象を率直に教えて下さり、本当に多くの材料を提供していただきました。

転職エージェントを利用するも利用しないも抜きにして、一度面談に行ってみてください。”これまでの自分”と向き合う、良い機会になります。

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・