仕事が休めず転職活動する時間がない!残業漬けエンジニアの転職体験談

転職したいけど休みが取れず面接も受けれない、サービス残業漬けエンジニアの転職体験談
エンジニアとして働いていた30代男性の転職体験談です。転職前の職場は年功序列で入社歴の低い社員はどんなに成果を上げてもボーナスに反映されないこと。そしてサービス残業が月120時間もあって大変だったことから転職しようと思ったそうです。

しかし、辞めてしまったら生活に困るし、次の仕事を見つけてから辞めるにしても、残業が多く休みも取れないので転職活動ができないことから先延ばししていたところ、ある時同じ状況のはずの先輩達が一気に転職。

その先輩に話を聞いて自分も転職し、成果制度の会社に転職できたおかげで給料がアップ。また、以前より休みも増えて会社に貢献したい気持ちで仕事ができているそうです。

転職活動をする時間がないし生活があるから辞められない

私は以前、時間がないという理由で転職を先のばしにし続けていました

私の会社では残業が月120時間あります。いまだに年功序列の古い体質の会社なので付き合い残業・牽制残業が当たり前。

しかも最悪なのが、その時間すべてサービス残業となっていることです。

時間外に働いた分については全く残業代が出ませんでしたし、休みの日も会社で働くことが多々ありました。もちろん休日出金手当も出ません。

当然そんな会社はすぐに辞めて転職したいのはやまやまだったのですが、辞めてしまったら生活ができなくなるので困ります。辞めた後に次の仕事が見つからなかったら・・・と考えると辞めることはできませんでした。

次の仕事を見つけてから辞めればいいのはわかるのですが、残業と休日出勤で転職活動する暇もなく、休みもとれないため、転職したくても面接も受けれないという散々たる状況でした。

仕事中は個人的な電話には出れないため、求人に応募した企業から連絡があっても電話に出ることができず、夜しか電話ができないので折り返しもできません。

夜しか転職活動ができず、昼間は連絡も取れなくなるため実質的に転職活動は無理なはずなんです。

なぜ!?残業漬けで転職活動の時間がないはずの先輩が転職!

しかし、ある日会社の先輩たちが何人か一気にやめるという事態になりました。

私はずっと「時間がないのにどうやって転職活動したんだろう?」と疑問を持ち続けていましたが、辞めて数か月して辞めた先輩に話を聞いて、転職エージェントを利用して転職したことを知りました。

私は「そういうやり方があるんだ」と思い、転職エージェントを利用するきっかけとなりました。

転職エージェントを利用すると普通よりも試験が厳しくなるのでは?

転職エージェントを利用する前に思った不安は、転職エージェントを利用した場合は「普通に試験を受けるよりも、ハードルが高くなるのではないか?」ということです。

調べてみたところ転職エージェントを利用した場合、採用する企業側は年収の30%くらいをエージェントに支払わなければならないため、同じようなランクの人達と試験を受けた場合に負けるんじゃないかと思いました。

しかし、最終的にエージェントを利用した理由としては、やはり時間と情報量でした。

転職活動をしようとした場合、検索したりしてもエージェントが持っている情報量には負けてしまうことを先輩に聞きました。実際に先輩が転職した会社もノーマークの会社でした。

また、時間がないということも転職エージェントを利用した決め手の一つでした。仕事をしながらの転職活動は今の会社では無理だったからです。

こいつ大丈夫?関係ない会社ばかり紹介してきたエージェントが実は・・・

私が初めて担当のエージェントに会った時の印象は、このエージェントが本当に信じられるか頼りない印象を受けました。

というのもいろいろと仕事を見つけてはくれるものの、ほとんどが関係ない仕事のものだったからです。ただ、関係ない仕事ばかりを紹介してきた理由は、私は地元の会社を希望していたが、マッチングした企業がなかったことが理由だと教えていただきました。

私はショックを受けましたが、エージェントといろいろ話していくうちに、関係ないような仕事が実は自分の職務経歴を生かせることを教えていただきました。

エンジニアの道しかないと思っていた「思い込み」を正してくれた

エージェントを利用して良かったことは、自分はシステムエンジニアだったため、その経験しか生かせないと思い込んでいたことを正してくれたことです。

私は半導体装置関係のシステムエンジニアをしていたのですが、テスターソフトや半導体装置の仕組みについても一通り熟知していたため、そこに目をつけてくれたエージェントの方が、半導体関連のサービスエンジニアで働く道を見つけてくれました。

半導体装置のサービスエンジニアでは、装置について幅広い知識が必要でかつ、PCも一通り使用できたため、導入されているソフトウェアの使い方などについてもマニュアルを一度読んでしまえばすぐに理解できることが強みだということを教えてくれました。

成果制度の会社に転職して給料が増え、休みも取れるように

転職する前と後では一番変わったことは給与制度についてです。

私は年功序列制の会社にいたため、いくら働いても給与は一律でボーナスも一律だったのですが、新しい会社では独立採算成果制度を実施していたため、働いて利益を上げた分会社が私に対して対価を支払ってくれました。

また、休みや残業についても一通りのノルマをこなしさえしていれば好きに休めるようになりました。

一番嫌だった牽制残業という帰れない雰囲気がなくなったことから、会社に行くことについて嫌だという気持ちがなくなり、社会に貢献しようという気持ちになりました。

また、エージェントの方が給与などについて会社と話してくれていたため、安定した生活をストレスなしで手に入れることが出来ました。

「この会社に先がない」と感じているなら今すぐに転職活動をしよう

エージェントを利用した転職活動を振り返ってみると、面接の練習を何回もして指摘してくれたことと、試験問題の傾向を教えてくれてたことがとても役に立ちました。

今勤めている会社に先がない。と感じているなら早めに辞めてしまった方が良いと思います。

「DODAエージェントサービスの体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・