話下手で面接が苦手だけど転職エージェントが自分を営業してくれ転職成功

大手出版社に勤めていた話下手だという女性の転職体験談
大手教育出版社に勤めていた40代女性の転職体験談です。

大きな組織改革で在籍する部署が縮小し、仕事が忙しくなると思い転職活動を始めたそうです。

エージェントとの面談では、自分の思い込みが外れて進みたい道が見つかり、新しい職場では仕事がとても楽しくなり、仕事のパフォーマンスもアップしたそうです。

話下手で面接が苦手でしたが、転職エージェントが面接する企業に自分のことを営業してくれたおかげで無事転職も成功。

残業時間が激減したおかげで、友人と遊ぶ時間やスキルアップするための勉強時間が増えたそうです。

組織改革で部署が縮小!仕事が忙しくなる前に転職を決意

転職前の職場では大きな組織改革があり、自分の在籍する進路や就職情報を扱う部署が縮小されることになりました。

仕事の内容は好きでしたが、縮小されて非常に忙しくなるであろう部署に残ることも、部署異動で全く違う業務を行うのも、どちらも厳しいと思いました。

それなら就職情報を扱い、さらにそれをサービスではなく収益にする人材業界に転職したいと考えました。

転職サイトは求人情報が多すぎて会社を選ぶだけでも大変・・・

転職エージェントを利用しようと思ったきっかけは、人材業界(主に求人情報を取り扱う会社)から自分の勤めていた教育出版社に転職してきた同僚に勧められたことです。

転職エージェントを使えば、「求人広告だけでは知ることのできない、社内の雰囲気(求人広告に載っていても、本当のところは分からないし、実際配置される部署によって雰囲気が変わる場合も多い)をコンサルタントに聞くことができるよ!」と勧められました。

また、自分の希望を伝えれば非公開の求人も含めて、自分に合う会社を紹介してくれるということも言われました。

エージェントを知るまではリクルート社の転職サイトなどを見ていましたが、求人情報が多すぎて、そこからアプローチする会社を選ぶだけでも大変だと感じていたので、エージェントも利用してみようと考えました。

本当に希望する求人を紹介してくれるか不安で転職エージェントを警戒

同僚からの勧めはあったものの、エージェントの方が紹介してくれる会社のみを受けることに不安がありました。

転職サイトを見れば、たくさんの会社のなかから自分で魅力的な会社を探すことができるだろうし、直接会社の方にお話しを聞くことができます。

エージェントの方に、私が次にどのような会社で働きたいのは伝わるのか、検討違いの会社を紹介されるのではないか、という不安からすぐにエージェントを利用しようとは思えませんでした。

しかし同時に私が魅力的に思う会社は、本当に自分に合う会社なのかという不安もありました。

そちらの不安も非常に大きく誰かに相談したい、転職サイトと並行して利用することができるなら利用してみよう、と決断しました。

聞き上手で他人には絶対に言えないような話までしてしまった

利用した転職エージェントはインテリジェンス(現パーソルキャリア)とインプレッションの2社で、どちらの担当者も非常に温和かつ落ち着いていた印象です。そして、とにかく聞き上手でした。

気づくと自分がなぜ転職をしたいのか、前の会社に対するネガティブな気持ち(転職したい会社の面接では絶対に言えないような気持ち)まで話してしまっていました。

インテリジェンスの担当者は非常に若く、インプレッションの担当者はおそらく40代位でしたが、どちらの方もそのような印象でした。

安心感があり、信頼感を持つことができ、身を預けていきたい気持ちになったのを覚えています。

大手企業だと同じ失敗をする!?面談で自分の進みたい道が整理できた

転職エージェントを利用して一番良かった事は、担当者と相談しながら自分の次のステップの方向性を決められたことです。

現在、転職して働いている会社は、転職サイトで見つけて受けたい会社ではありませんでしたし、今まで「知っている」程度の会社でした。

次も「今いるような大手の会社で働きたい」と考えていましたが、担当者に「大手も紹介できるが、今いる会社で様々な業務に忙殺されていたことも嫌だったのではないか。また大手で働いても、あなたの大きな悩みは、結局解決されず、同じように悩むのではないか」という言葉が非常に残っています。

担当者と話しながら、自分の進みたい道を整理できたことが非常に良かったことです。

話下手の自分の代わりに自分のことを面接する会社に営業してくれる

また、入社時期や給与など、直接交渉しにくい、言い出しにくいことも、担当者を通して交渉できます。

そして、私は話下手なのですが、担当者がフォローしてくれたことも本当にありがたかったです。私のことを面接する会社に営業してくれるのです。

おまけですが、インテリジェンスでは担当とは別の女性に自分のメイクのよくない点を具体的に指摘してもらいました。

求める条件の取捨選択ができたおかげで転職成功

担当者と話すことで、自分が前会社で嫌だったこと悩んでいたこと、転職する会社に望むこと、逆に多少我慢してもいいこと、というのが整理されました。

結果的にはインプレッションから紹介された人材サービスを行う会社に転職しました。

仕事内容にはこだわりを持って希望の仕事ができる会社・部署に転職したので、毎日の仕事を前向きに取り組むことができるようになり、仕事が非常に楽しくなりました。

給与に関しては多少我慢してもいいと思っていたので、少し小さな部屋に引越しをしました。

しかし、残業がかなり減少したことで、心も体も本当に元気になりました。業務終了後に会社の方と和やかに交流する時間が増えましたし、社外の方や友人と過ごす時間もかなり増加しました。

また、勉強や社外の講習を受ける時間も作ることが出来ました。結局それが仕事の視野を広げることになり、働く時間は減ったけれどもパフォーマンスはアップしたように思います。

前向きな気持ちと不安な気持ちを伝えてコミュニケーションをとろう

エージェントには、転職への前向きな気持ちだけではなく、不安や迷い、ネガティブな気持ちもお話ししてみるのもお勧めです。

もちろん、良い転職をするために会社の面接で語るような前向きな思いもしっかり伝えた方がいいのですが、エージェントの担当者は面接官ではないのです。

特に初めての転職の方は、エージェントとのコミュニケーションで知ること、分かることがあると思います。

そして、エージェントに利用されるだけではなく、自ら利用するために2つ以上のエージェント(できれば同規模ではなく大規模、小規模)に登録するのも良いと思います。

一人の転職活動より、二人三脚で行う転職活動の方が本当に心強いです!良い転職活動になることをお祈りしています!!

「転職エージェント利用者の体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・