体験談:小売業課長から年収1000万円が狙える企業に管理層候補で転職

小売業から年収1000万円が狙える企業へ!30代男性の転職体験談
小売業で課長を勤めていた30代男性の転職体験談です。

前職では入社2週間で退職を考えたけど10年間勤めて上位5%まで上り詰め、その後、複数の転職エージェント(リクルートエージェント・マイナビエージェント・DODAエージェントサービス)を利用して転職活動を開始したそうです。

中にはダメなエージェントもいたそうですが、担当者をチェンジしてもらいおかげで年収1000万を目指せる1万人規模の会社に転職成功。管理層候補として日々頑張っているそうです。

この会社を利用して10年後に絶対転職してやる!

私はもともと10年で区切りをつけて転職することを考えていました。退職を考えたのは入社2週間後のことです。売場改装と称し朝4時まで働いたときにずっとこの会社で勤める気持ちはなくなりました。

ですが、まだ入社して2週間のこの時期で逃げることは自分の価値を落とすだけです。次の会社では何の評価もしていただけないということを感じていたので、徹底的に会社を利用する事に考えをシフトさせ、完全に頭を切り替えて仕事をしていました。

前職ではそこそこのポジション(全社員のうち上位5%以内のところ)まで上がり、チーム運営や経営自体に関わることが楽しくなっていましたので、そういった働きをもっとまともな会社でできるようになりたいと考えるようになっていきました。

イメージ先行で人の事を決めつける経営者でしたから、ここではこれ以上は無理と思い、予定通り10年で退職に踏み切り、転職を決めました。

複数の転職エージェントに登録して売れ残りの求人を回避!

転職後の会社は、経営に外様の中途採用でもあたらせてくれる懐の大きな会社を探すことにしていましたので、逆に業種は全く絞っていませんでした。

引き抜きに近い部分のお話も頂いていましたが、一度ゼロキャリアに戻らないと現場の苦しみが理解できない人間になってしまいます。

ですから、多数の業界にパイプを持つ人材大手から順に活用することにしました。ひとりで探すよりも数人抱えて探してもらうことの方がメリットがあります。

また、その際に「1社専業」という状況を作らず、「数社並行」で作業をさせると決めていました。

相手も営業です。ある程度煽り、実績にこだわる状況を作り出し、売れ残り求人に回される事を回避しつつ、最短で自分が望んでいる環境を探すように手配をしました。

自分の基準を満たしたエージェントのみを利用

個人的には転職エージェントを利用する前、大きな不安はありませんでしたが、一番の不安点はエージェントの個人スキルとどれぐらい実績に飢えているかでした。

人を結ぶことが実績になるエージェント各位にはこの2点が全てと言ってもいいです。

「何が何でも納得してもらう案件持ってきます!」という気概がある人が来るかどうかが不安なところでした。

実際に会うまでその部分はわかりませんし、いざとなればチェンジ。それも出来ないならその会社は使わなければよいだけなので、きっちりと自分の中の基準を作りその基準に自分が責任を持つ覚悟を持てば、あまり多くの心配事はなくなると思います。

他責に物事を考える状況の方には、残念ながら転職そのものがお勧めできません。また、時間が経って何かのせいにしてまた転職をしてしまうかもしれません。

連絡もまともに取れないダメダメなエージェントが担当に!

本当に初めて会ったエージェントの方は「だめだこりゃ。」という方に出会ってしまいました。

出鼻から高圧的に「辞めて仕事ないんでしょ?言うとおりにしたらとりあえず働けるようにしてやる」というような非常に程度の低い方が出てきました。事前情報だけ見て、勝手に思い込んでいました。

そもそも、連絡の取り方も雑でした。やはりビジネスの基本のコンタクトが雑な人は間違いなく、業務能力も低い人だと改めて認識することができました。

担当を変えてもらうことで、話が伝わる方になったのでその後のトラブルはありません。

エージェントに「この人を推薦したい!」と思わせる事が大切

エージェントを使ってよかったことは、求人情報を自分で探すよりも効率的に、それでいて条件面も整ったものを短時間で手に入れることができるということです。

ですが、その前にエージェント側に試されます。自分たちの名前を付けて、「この人を売り込むに値するか?」という部分を探ってきます。

エージェントサイドが持っている案件は「推薦」に似た性質を持っているので仕方ありません。

ですので、エージェントを活用するときは、エージェントに「この人を売り込みたい!」と思いを共有できる準備をしっかりする必要があります。

自己分析ごと投げることも出来ますが自分でできることはしておく方が好ましいです。自分の特徴を自分なりに押さえておくことでエージェントの出す他者評価とのギャップを確認することもできるので、面接対策にもなります。

年収1000万越えを目指せる1万人規模の会社に転職成功

転職後は休みが増えました。月29勤務が月17勤務に減りましたので、非常に毎日のゆとりが生まれました。

ゼロキャリアに戻っていますので、給与面は一旦半分以下ですが、管理層候補として迎えていただいたので、現場を知ったのちに、スピード感をもって上に上がっていきたいと考えております。

前職が400人ほどの会社から、今回は1万人を超える会社への転職を成功させることができました。

また、給与面も一般的には下限で決着することがほとんどですが、今回は上限でいただいています。このあたりの最後の詰めは個人では難しかったところではないかと考えています。

目指すは1年1ステップアップ、そして年収1000万越えです。この会社ならやれます。

転職エージェントはあくまで営業だという事を忘れずに!

転職エージェントの方も人間で、「営業」ということを忘れずに。出てきた情報をしっかりかみ砕いて確認をすることで安心・安全に活用できます。

よい転職のパートナーをしっかりと探してみてください。ご幸運を。

「マイナビエージェントの体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・