転職エージェントを使えばネットでは見つからない情報が手に入る!?

広告業界で働く30代男性の転職体験談
広告制作会社から広告代理店に転職した30代男性の転職体験談です。スキルアップして幅広く広告業界の仕事をしたいと思い、リクルートエージェントに登録して転職活動を始めたそうです。

その後、前職よりも年収が100万以上も多く、残業時間も少ない企業に転職することができたそうで、仕事以外にもプライベートも充実したそうです。

もっと広告業界に精通できるスキルを身につけたい!

転職しようと思ったきっかけは、新卒から丸6年働いていた広告制作会社での仕事にも慣れてきて、長いビジネスマン生活における自分の領域を広げたいと思ったことです。

広告業界の役割の中で制作会社が携わる範囲は一部分で、広告物のアウトプットを生み出すところになります。

一見華やかなように見えますが、広告物の制作を行うまでには、数多くの段階が踏まれています。クライアントからのオリエンテーションを受け、広告代理店が企画を提案します。様々な分析を経て提案される企画が通って初めて広告物の制作に進めます。

せっかく広告業界にいるのであれば、全領域をカバーすることができる、広告代理店に転職をしてスキルアップすることが、今後の自分にとってプラスになると考えました。

転職エージェントを使えば悩みを相談しながら転職活動できる!

転職をする際には、必ず転職エージェントを利用しようと思っていました。自分だけで企業の情報を集めることには限界がありますし、考え方にしても先入観が混じってしまうので客観的な視点が必要でした。

エージェントであれば、企業との繋がりがあるので、インターネットだけでは入手できない情報を提供してもらえる可能性があります。

また面接時の注意点や過去の質問の傾向もアドバイスしてもらえるので、的確な面接対策を立てることができます。

私の場合は、志望動機と自己PRを添削してもらい、その企業に合った言い回しをアドバイスしてもらいました。

不安や悩みを相談しながら転職活動を進めることができるので、必要以上にストレスを抱えることがない点にメリットがあると思いました。

エージェントは担当者によって当たりハズレがある!?

エージェントをどこまで頼ることができるかは、担当についたエージェントの対応次第なので、どのような人に担当してもらえるのかが当初の不安でした。

また、初めての面談の際にはどこまで本音を話していいのか、迷いがありました。自分のやりたいことの希望がありつつも、現状の給料や組織に対する不満などのネガティブな要素を転職によって改善したいと思っていたので、相談する範囲には悩みました。

正直、あまりネガティブなことを言うと紹介してもらえる企業の幅が狭まったり、企業の採用担当者に筒抜けになってしまうのでは、とも考えたことがあります。

実際にはそのようなことは決してなく、どんな些細なことでも事前に相談しておくことで自分の味方になってくれるので、エージェントを利用することになりました。

上手く伝えられない悩みを上手に引き出してくれた!

初めての面談では担当エージェントが信頼できる人なのか、どこまで本音をぶつけていいのか、疑心暗鬼な心境だったのを覚えています。

会話をしていくうちに本当に自分の力になってくれそうだということがわかったので、本音で相談をすることができました。

エージェントの方から色々と質問をしてくれて、こちら側の悩みや改善したい点を引き出してくれました。

その後にその情報にマッチしそうな企業をいくつかリストアップしてくれたので、とても迅速な対応をしてもらえました。

会社にばれず働きながら効率的に転職活動するなら・・・

エージェントを利用する最大のメリットは、無料で様々な情報を入手でき、相談にも乗ってもらえる点にあります。

新卒の就職活動と違い、転職活動というのは中々周りの人に相談しにくい内容です。現職の人に相談してしまうとその人たちの士気を下げかねないし、場合によっては止められてしまいます。

友人に相談しても得られる情報は限定的なものが多いのであまり参考になりません。エージェントに相談をすることで、自分だけでは入手することができない、企業の情報を提供してもらうことができます。

試験の過去の傾向を教えてもらうことができるので、効率的に試験対策を進めることができます。多くの人は働きながらの転職活動になると思うので効率的に作業を進められる点がいいのだと思います。

年収100万アップ!仕事終わりは友人との飲みでリフレッシュ

転職する前後で大きく2つの変化がありました。1つ目は年収が100万以上も上がったことです。

自由に使えるお金が増えたことで、今まで以上に趣味にお金を掛けることできるようになりました。

仕事とのオンオフを上手に切り替えるには、休日を充実させることが大切だと改めて実感することができました。休日を満喫した分、平日の仕事を頑張ることができますし、平日の疲れを趣味の時間で癒すことができます。

もう1つは、残業が減り勤務時間が短くなったことです。これも1つ目の変化と共通しますが、早く帰れることで家での時間を充実させることが可能になりました。友人と飲みに行く時間も確保できるのでリフレッシュできます。また、体調面が安定したことも大きいです。

複数の転職エージェントを使って相性の良いところを利用しよう

エージェントは有益な情報を提供してくれる一方で、自分と合わないタイプの人だと辛いと思うので、合わないと感じたらエージェントを変更してもらうことをお勧めします。

転職エージェントはたくさんの会社があります。1つに絞り込むことなく、何社か見てみることをお勧めします。各社、得意な業界もあると思うので、業界に特化したエージェントを選ぶのも良いかと思います。

「リクルートエージェントの体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・