転職エージェントのマーケティング担当者が自分で使って転職してみた結果

転職エージェントのマーケティング担当の転職体験談
転職エージェントのマーケティング担当をしていた24歳の男性が自分が転職をする時に同業他社の転職エージェントを使ってみた体験談です。

転職エージェント業界に居たのでメリット等を知っていたのはもちろん、マーケティング側として業界の裏側や裏事情も知っている中で「自分も実際に使ってみよう」と同業他社のリクルートエージェントとDODAエージェントサービスを利用して転職活動を開始。

結果的に新たな職場では、年収・労働時間・職場環境が・・・

転職エージェントのマーケティング業務をしてました

私は新卒で入った会社で一年経たずに転職しました。四年制大学を卒業後、まさしく転職エージェント系の会社に就職し、マーケティングを担当していました。

転職をしようと思った理由としては、惰性で続けている業務や職場や人間環境に嫌気がさし、スキルアップもかねて転職をしようと思いました。

転職エージェント系のマーケティング業務といっても、毎日は同じことの繰り返しで、早くも飽きてしまっていたのだと思います。

予算の都合上、自ら新しいことを立ち上げようとしたりもできず、根本的な仕組みから予算を浮かすといった改修も出来なかったため、どうしようもできない状態に苛立つ毎日でした。

また、職場環境も良好とは言えず、上長ともめた先輩方は一斉退職。マーケティング業務をするのは自分ひとりだけというおかしな状況にも嫌気がさしておりました。

裏側を知ってる自分が転職で使ったらどうなる?

転職エージェントを利用しようと思ったきっかけは、私自身が当時、転職エージェント系の業界で働いていたため、「一度利用者として使ってみよう」という興味本位でした。

「キャリアアドバイザーの人たちは求職者に対して裏でこんな話をしていたな~」
「求職者からはこういうクレームが入ったりしてたな~」

と、裏側を知っているからこそ、一度表から見てみたいと考えました。

もちろんそれだけではなく、転職エージェントを利用することのメリットも知っていたため、利用を決意しました。

どうしても、働きながらですと面接の日程調整や人事への即レスは難しいですし、求職者一人一人に担当者がついてアドバイスをしてくれる、そういったメリットがすごく大きいだろうとも考えておりました。

裏事情を知ってるからこその不安も・・・

ただ、今まで裏側で見ていたため、「エサ(商材)にされる!」という不安というか、嫌悪感は少し感じていました。

「エージェントは利用するけども、絶対にうまいように誘導されないよう自分の考えは貫こう!間違っても、いいように成果報酬割合が高い変な会社に進められないように…!」と考えていたのを今でも思い出します。

同業他社のエージェントを実際に使ってみた今にして思えば、自分が前職でいた会社がよくなかったんだと思いますが、当時は自分が勤めていた会社しか知らなかったので・・・

あとは、まだ新卒で働きだしてから一年も経っていない状態でしたので、「そもそも紹介してくれるんだろうか…」、「自分を受けて入れてくれる会社はあるのだろうか…」と不安になることもありました。

最終的には実際に同業界で働いているのにおかしな話ですが、他の利用者の口コミやエージェントの評価、利用者体験談などをひたすら見続け、利用することを決意いたしました。

え!?初めて現場のエージェントと関わってみると・・・

私の場合、忙しかったという理由もありますが、エージェントの方とは対面での面談はせず、電話面談のみでした。

ですが、ヒアリングや質問等も丁寧に対応していただき、不満を感じることは全くありませんでした。

入り口が「エージェントは求職者を商材として儲けている!」というマイナスなイメージからだったので、あまりにも丁寧な対応や的確なアドバイスにギャップを感じ、「まずは相談して成功だった!」と思ったことを今でも覚えています。

その後のメールや電話での対応も変わることなく丁寧で、最後まで良い対応は変わりませんでした。

その後、WEBサイトに携わる仕事に転職。現在はWEBディレクターを担当しております。

エージェントを使って良かったと思える5つのサービス

エージェントを実際に使ってみて「よかった」と思うこととしては下記の5点です。

  1. 非公開求人に応募出来る
  2. 企業との間に入り、連絡を代わりにとってくれる
  3. 複数企業の面接を効率よくスケジュール組みしてくれる
  4. 実際に聞きにくいことを代わりに聞いてくれる(もしくは調べてくれる)
  5. 年収交渉をしてくれる

特に、(1)、(3)、(5)は自分ひとりでは難しいところもあるため、エージェントを使って「よかった」と思える大きな要素だと思います。

また、聞きにくいことを代わりに聞いてくれたり、年収交渉をしてくれるというのも、キャリアアドバイザーの人たちはいわば「プロ」なので、かなり満足を得られる結果となりました。

一言で使って「よかった」と思える点を言うとしたら「とにかく楽!」ということでしょう。

収入や環境・時間など条件が全て好転!不満がないと仕事って楽しい

今回の転職では、「収入」、「労働時間」、「通勤時間」、「職場環境」、その全てが好転しました。

収入があがり、毎日の生活に余裕が出来たというのも十分に嬉しいことですが、特に嬉しかったのは「時間」と「環境」の好転です。

「時間」の好転では、家族に使える時間が増えました。家に帰って妻と会話をしたり、家事を手伝ったり…と、当たり前とも思えることが前の職場ではできなかったため、これが一番転職して変化した点だと感じています。

「環境」の好転では、仕事そのものが楽しくなりました。多くの人が、「仕事は嫌い」と考えているのではないでしょうか?少なくとも、「仕事大好き!!」という人は多くはないでしょう。

もちろん私も仕事が嫌いな人間でしたが、職場環境が改善された結果、「仕事も悪くないかな」と思うようになりました。

もちろんやりがいのある業務に変わったこともあるかもしれませんが、一番は環境がよくなったということでしょう。

自分ひとりで転職活動するよりもエージェントを利用したほうが、担当エージェントとの面接練習や、企業ごとの対策ができて役に立つと考えています。

まだまだ日本では転職に対する敷居が高いように感じますが、思い立ったが吉日、まずは相談してみるのが良いと思います!

「リクルートエージェントの体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・