ブラック企業に入社して自分を鍛えたい

世の中では「ブラック企業」が悪の象徴のように言われていますが、ブラック企業に入りたい、厳しい環境で働きたいという人もいるでしょう。

「学歴がなくても根性と勢いでのし上がってやる」
「さっさと昇格して高い給料をもらいたい」
「将来起業して社長になりたい、そのためにはきつい仕事も苦にならない」

一気にのし上がる!

そんな人にとっては、営業系のブラック企業は実はうってつけです。

実力があっても何十年も勤めないと部長クラスになれないような企業が多い中、スピード出世したい人にとってはモヤモヤしている人もいるでしょう。「自分の人生はこんなのんびりしてられないんだよ!」というようなかた。

営業系のブラック起業は仕事がきついかわりに数字さえ上げれば短期間で出世も高い給料ももらえるし、将来起業を目指すならブラック企業での経験はかなり力になります。

実力(数字)がものを言う弱肉強食の世界

営業系のブラック企業は実力の世界なので「学歴がないから先がない」「年功序列でなかなか昇進できない」、「実力があるのに給料が上がらない」なんていう不満とは無縁の世界です。

数字(売上)が全ての世界なので学歴や年功序列は関係なく、数字を上げたものがたくさんの給料をもらえるし、上に上がっていく(昇進・昇格する)ことが出来るというのも営業系のブラック企業の特徴です。

そのような組織なので、仕事が出来ない人間にとってはきついですが、仕事が出来る人間にとっては非常に良い職場でもあり、営業力や交渉力などの実力も身につきます。

ブラック企業出身の営業は他社に移っても強い

実際過去に勤めていた職場に5人くらいxxx通信(超ブラックと言われている某有名企業)出身の人が入ってきたことがありますが、あの会社ではやっていけなくてやめた人達なのに、みんなすごい仕事が出来る人でしたす。

そのうちの1人は20代でバイトで入ってきて、そこからごぼう抜きに昇進して支店長になり、今では新しい会社を立ち上げてそこの社長を任されています。(彼はxxx通信でもかなり良い成績を上げていた人でした)

軍隊に入る気で入ったほうがいい

ブラック企業というのもどこがブラック、どこがブラックでないというのは明確な基準があるわけではありません。

「社長を目指してその準備段階として働きたい、お金も欲しいし実力も付けたい、そのためには自分のプライベートなんていらない」

そんな風に思っている人にとってはブラック企業と呼ばれるような環境は歓迎でしょう。

定時で帰れる一般の企業などぬるくて仕方ないでしょう。

でも、「働きたくない、厳しいのいやだ」という風に育ってきた人にとっては、ちょっと残業させられたら「うちの会社ブラックだ!」となります。

ようするに、ガンガン数字を追って業績を上げたい企業なのか、世間の目を気にして良い子ちゃんでいたい企業なのかというのは企業のスタイルで、大事なのはあなたがどちらに所属してどちらのスタイルを習得していきたいかだと思います。

ブラック企業はきつくて辞めていく人も多いため、「就職出来ないから入れるところに入った」という雑魚が「ブラックだ」とか言っているのはお門違いというものです。

「自分の入る会社ぐらいちゃんと選べよ」ということですね。
(もちろん、面接で嘘をつかれた場合などは除きますが)

今はスキルがなくても自分の潜在的な実力に自信のあるという人や、成果を上げただけの給料をもらいたい方には営業系のブラック企業はうってつけです。

数字を上げられない人間には人権など無いに等しい世界

ただし、数字を上げられない人間には人格や人権など認められないと思いましょう。数字を上げないと帰れないけど、残業代なんか出ないのが当たり前の世界です。

「有給?はぁ?何お前辞めるの?」

ブラック企業の上司が言いそうな言葉ですが、まあ、自分で起業した社長なんかそうですよね。売上上がってないのに休んでたら食っていけないですから成績上がらないのに休めないですよね。

起業したい予備軍の人にとってはブラック企業と呼ばれるような営業会社も良い就職先だと思います。

上司が無能なだけのゴミのようなブラック企業には注意

ただし、成績悪くて人を雇えないからしわ寄せが行って忙しいだけという、ただ人出が足りないだけのブラック企業は価値がありません。そんなところに勤めていてもただ精神が疲弊するだけです。

同じブラック企業に勤めているなら「強くなれるブラック」に一秒でも早く転職するか、もしくはまともな企業に転職することをおすすめします。

基準は「この人みたいになりたい」と思えるような上司や先輩がいるかどうか、そして実力に応じた給料がちゃんともらえるかです。

勢いのある営業系のブラック企業って必ずそういう目標とされるような人が1人はいるし、稼いでいて羽振りのいい先輩などが必ずいます。成績が悪いブラック企業はみんな疲弊しきっていて目標にしたいと思えるような人はいません。

そういう目標になる人が居ないブラック企業ならあなたの将来のためにもさっさと転職することをおすすめします。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2014年6月20日 ブラック企業に入社して自分を鍛えたい はコメントを受け付けていません。 ブラック企業