ブラック企業に入社してしまった!転職でブラック企業を確実に避ける方法

最近はブラック企業の話題も多く、社会的な問題にもなっています。

自ら望んで厳しい会社に入ったならいいですが、中には面接のときに嘘をついて雇い入れ、辞めさせないようなブラック企業もあります。

「ブラック企業に就職してしまった!」
「入社してみしたらブラック企業だった」

ブラック企業

というようなことを避けるためにはどうすればいいでしょうか?

ブラック企業対策は「転職エージェント」を使えば大丈夫

まず、ブラック企業は求人や面接の段階ではブラック企業だとわからないことが多いため、素人には見分けがつかないことが多いです。

面接の段階ではうまいことを言い「なんかすごく良い会社」みたいに見えたけど実際に入社してみたら「え?そんな話聞いてないよ!」となることも多いんですね。

そこで、確実にブラック企業を避けるためには転職エージェントを使うことをおすすめします。

転職エージェントを通した就職や転職なら、その企業の情報を持っているので会社の雰囲気や離職率などを聞いておけばある程度判断がつきやすいです。

残業が実際どのくらいあるのか、離職率はどうか、職場の雰囲気はどうかなどをエージェントに確認しましょう。

ブラック企業は入れ替わりも激しく離職率が異様に高いことが多いですからね。

実際に過去にその会社に転職した人がいる場合は、その人がどうしているかなどを聞いてみると良いですね。

転職エージェントは転職サイトに登録すれば無料で相談に乗ってくれます。

もしブラック企業に入社してしまった場合は?

ブラック企業は主に3類型に分類されるそうです。

  1. 長時間勤務など過酷な労働の末に辞めさせる「使い捨て型」
    →「社員はコマ。雑巾の最後の一滴まで搾り取ってやる」という感じですね。
  2. 大量に採用して成果を上げた者だけを残す「選別型」
    →とりあえず雇って使えないやつは切る、ふるいにかける感じです。
  3. パワハラやセクシャルハラスメントが常態化している「無秩序型」
    →たちの悪い職場ですね。家族やまわりにも心配されます。

いずれにしてもブラック企業に居続けたら先がないですよね。

もしブラック企業に就職してしまった場合はさっさと転職しましょう。

といっても、人を雇うのにもコストがかかるので、ブラック企業はコマのように使えなくなるまで使い倒そうと思っているから引き止められるかもしれません。引きとめられるというよりは、辞めさせてくれなかったり辞められない空気だったりすることも多いようです。

しかし、そこは一時的に嫌な思いをしてでもきっぱりと辞めましょう。転職サイトに登録し、エージェントに辞め方の相談をするというのも良いでしょう。

今度は失敗しないようにちゃんとエージェントがつく転職サイトに登録し、エージェントに相談しながら転職を進めましょう。

「ブラック企業の体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2014年6月20日 ブラック企業に入社してしまった!転職でブラック企業を確実に避ける方法 はコメントを受け付けていません。 ブラック企業の体験談