英語は日常会話レベル、それでも英語を活かした仕事に就きたい!

留学に英会話スクール、独学、そして学校で学んだ英語など、身につけた英語を活かした仕事に就きたい!

しかし英語ができるというだけでは仕事に就くことができませんから、TOEICのスコアなど能力を示せるスキルを身につけて就職・転職活動に役立てたいところです。

英語を活かした仕事といっても日常会話ができればいいというところから、TOEIC850点を超すハイスコア保持者のみを採用するところまでさまざまですので、まずは自分の希望の職種や企業がどれだけの英語力を求めているかを調べてみましょう。

「英語は日常会話レベル、それでも英語を活かした仕事に就きたい!」の続きを読む…

企業が求める「英語ができる人物像」とは

今日の日本社会は年功序列や終身雇用制度がなくなり、個人で専門的な知識やスキルを身につけて自ら経験を積んでいかなければいけない時代に突入しています。

医者や弁護士など特殊な技術や資格を持っている場合はともかく、一般企業に就職・転職を考えている人は少しでも自分の価値を上げ、企業が求める人材にならなくてはいけません。
最近の就職事情ではTOEICのスコアが重視されるようになりましたが、実は企業はTOEICのスコアが高ければ誰でもいいわけではなく、英語を使って仕事のできる次世代のビジネスパーソンを求めているのです。

「企業が求める「英語ができる人物像」とは」の続きを読む…

英語を生かせる仕事に就くと、選べる仕事が増えてくる

未だ回復しない景気に就職難、ボーナスカット、リストラと不安な雇用背景が続いていますが、就職・転職サイトや情報誌には山のように求人情報が掲載されています。

何らかのスキルや経験を持った「企業にとって価値のある」人材は常に求められており、専門性が高くなればなるほど選べる仕事も増えてくるものです。

「そうはいっても特別な資格は持ってないし…」「今から何を始めていいのか分からない…」そんな人は英語力をつけて、TOEICスコアを肩書きにすることをお勧めします。

「英語を生かせる仕事に就くと、選べる仕事が増えてくる」の続きを読む…

就職時に英検よりTOEICが重視される理由

日本は資格が重視される社会ですので、資格を取れそうな環境であればできるだけ多くの資格を取得しておいたほうが得です。

特にTOEICは現代の英語の代表的な資格試験であり、一定のスコアがあるのとないのでは就職・転職活動に雲泥の差が出てきます。

社会はこれからますますグローバル化が進んでいきますので、TOEICを通して世界に通用する語学力とコミュニケーション能力を習得しましょう。

「就職時に英検よりTOEICが重視される理由」の続きを読む…

翻訳・通訳だけじゃない!こんなにある英語を活かせる仕事

求人サイトや就職・転職サイト、求人情報誌などには英語を活かした仕事がたくさん掲載されていますが、「英語を活かした仕事」と一言でいってもその仕事内容や職種は多種多様です。

その中にはTOEIC850点以上を最低条件として掲げるハイクラスなものから、英語に興味がある人や英語を勉強中の人でも応募できる仕事までさまざま。
TOEICの高得点スコアは持っているけど未経験、そんなあなたにも活躍のチャンスが溢れていますから、色々な求人を見て自分に合うものを探してみてください。

「翻訳・通訳だけじゃない!こんなにある英語を活かせる仕事」の続きを読む…

英語ができれば海外就職や海外勤務も夢じゃない

あなたは海外で働いてみたいと思ったことはありますか?

グローバル化が進んだことで就職先の選択は世界へと広がり、海外就職や海外現地採用を目指して就職・転職活動をする人が増えてきていますが、海外を舞台にするには、まず海外で通用する語学力が必要になります。

一般的に海外で働くというと、日本で日系企業に採用されて海外赴任になるケース、日本で外資系企業に採用されて海外勤務となるケース、そして海外で直接現地採用になるケースの3つが考えられます。

「英語ができれば海外就職や海外勤務も夢じゃない」の続きを読む…

英検2級は持ってるけどTOEICは受けてないなら受けましょう

「これからの時代はTOEICだから、英検なんて意味がない」

「就職でアピールできる英語能力はTOEICだけだ」

「企業では採用条件や昇進時にTOEICが重要視される」

最近では就職時の英語に関してこのようにいわれますが、実際には英検の勉強をしている人も多いのではないでしょうか。

英検は日本人にとって馴染みのある試験であり、「合格」「不合格」がはっきりと分かるシステムですので、ゴールを定めやすいというメリットもありますが、実際に企業が求めている人材は英検1級保持者よりTOEIC高得点者である場合が多いため、就職・転職活動をひかえている場合は是非ともTOEICを受けることをお勧めします。

「英検2級は持ってるけどTOEICは受けてないなら受けましょう」の続きを読む…

英語力をアピールするなら言葉よりもTOEICで証明しよう!

今日では多くの企業が英語を重視しており、外資系企業や直接英語を使わない業務でも、世界に通用する人材を求めて英語力のあるビジネスパーソンを求めています。
もちろん海外とのやり取りのある企業も含め、英語が話せることは大きなスキルとして扱われますから、採用の際に有利に働くことは間違いありません。

その基準として位置づけられているのがTOEICのスコアであり、採用判断基準として700点以上を掲げている企業が多く、「英語が話せる」と言葉でアピールするよりもよりも高い信頼性があります。

「英語力をアピールするなら言葉よりもTOEICで証明しよう!」の続きを読む…

英語が話せるのに仕事に活かさないのはもったいない!転職で大幅年収UPも

日系企業がこぞって海外進出をする今、英語を話せる人材には高いニーズがあります。
英語での会議やプレゼンテーション、英語での電話応対、英文でのメールのやり取りに英語の文書作成などが主な業務になりますが、実は企業が求める英語力というのはそれほど高いものではありません。

翻訳や通訳など英語のエキスパートであれば高い英語力が必須条件となりますが、それ以外の職種では多少文法が間違っていても意思疎通ができれば問題ないことがほとんどですし、ネイティブ並みの発音でなくても十分なのです。

「英語が話せるのに仕事に活かさないのはもったいない!転職で大幅年収UPも」の続きを読む…

TOEICで700点以上を取っておくと就職・転職に有利

近年ではグローバル化が急速に進み、外資系でなくとも世界を舞台とする企業が増えてきました。
それに伴いビジネスパーソンにとって英語は必要不可欠なものとなって、巷には英会話学校や英語教材が溢れ多くの人が英語を学習していますが、それでも一定の英語力を所有する人材は不足しています。

この英語力を証明するものとして用いられるのがTOEICであり、700点以上を取っておくと就職・転時に非常に有利に働くのです。

「TOEICで700点以上を取っておくと就職・転職に有利」の続きを読む…