経験のある職種へ転職する場合にアピールしておきたいポイントとは

経験のある職種へ転職をする際、アピールするかどうかで給与水準も変わってきます。

会社の規定の他に今までの実績や能力に応じた加算がある場合も多く、アピール能力の有無で転職が成功するかどうかは変わってきます。

経験のある職種への転職時のアピールポイント

転職時は経験がある事は履歴書に記載されていますので、その能力を会社でどう生かしていくか、その事をきちんと面接で伝える事が重要になります。履歴書の書き方についても今までも実績を箇条書きにしっかり書き溜めていく事で、正しい評価を得る事が出来ます。

「経験のある職種へ転職する場合にアピールしておきたいポイントとは」の続きを読む…

転職先は転職希望者のどんな事を知っておきたいと思っているのか

転職先は希望者が会社で活躍できる人材であるか、どういった人材であるか以上に気にしています。

優れたスキルがあっても会社で活躍出来る内容でなければ意味がありません。その為、会社に伝える内容は業務内容に絡めた内容となっていきます。

転職時は会社が求めているものが何か理解しておく

転職時に最も重要な情報として会社がどういった人材を求めているか、そういった点があります。自分を会社にとってメリットのある人材である、その事をアピールする為には会社の知識が必要になります。

「転職先は転職希望者のどんな事を知っておきたいと思っているのか」の続きを読む…

転職が決まった後も油断してはいけない?転職後の注意点とは

転職が決まった後は安心感から気がゆるみがちですが、転職自体に成功も失敗もありません。転職後に良い仕事が出来たかどうか、キャリアアップが出来たかがポイントになります。

転職は途中経過ですので、油断せずにその後も対応していく事が大切になります。

転職は終着点ではない

以前の職場を退職し、新しい職場でキャリアアップを目指す、そういった転職をする人もいますが前の職場がブラックであり、より良い職場に転職するケースもあります。その場合、転職自体がゴールになってしまう事があり、その後の仕事にも影響が出てしまう場合があります。

「転職が決まった後も油断してはいけない?転職後の注意点とは」の続きを読む…

転職の成功率が大きく下がってくる年齢とその理由について

転職の成功率が下がる年齢の目安として30代後半になると厳しいと言われています。ですが実際はそういった事はなく、年齢を問わず求人は開かれておりどこにもチャンスは存在します。

転職の成功率が下がると言われている理由

転職の成功率は20代の場合一回目は70%、それ以降回数を重ねるごとに下がる傾向にあります。4回以上の転職をした場合4回目の成功率は10%というデータがあります。

比較して30代後半の転職では一回目の転職の成功率は30%程、二回目以降も30%台とあまり成功率が下がりません。即戦力となるスキルを持っている場合は、年齢を問わず採用されていくという事です。

「転職の成功率が大きく下がってくる年齢とその理由について」の続きを読む…

転職時の第一印象を簡単にアップできるテクニックをご紹介

人間関係を築く上で第一印象は非常に重要なポイントになります。

この印象が良い事でその後の転職先の仕事や人間関係は大幅に違ってきます。これにはいくつかテクニックがあり、前もって学んでおくことで人間関係の安全度は高いものになります。

転職先で第一印象を高める方法

第一印象でその人への対応は大きく変わります。その為、服装に清潔感を持つ事、相手の話を聞く姿勢を持つ事、挨拶を笑顔でしっかりする事、この3点が重要になります。

「転職時の第一印象を簡単にアップできるテクニックをご紹介」の続きを読む…