WEB業界は何が魅力的なの?働く意義と将来性について考えてみよう

web業界で働きたいと考える人が増えています。事実、仕事の募集も数多くあります。インターネットが生活になくてはならないものになっている現在、そこに広告などの媒体を掲載したい企業は年々増加しています。

結果としてwebデザイナーをはじめエンジニアなどの求人が増えているのです。
では、web業界で働く魅力はなんなのか?これからの将来性はあるのか?などを少し考えてみましょう。

WEB業界は何が魅力?

やりがいという一言を上げる方がとても多いです。web業界で働いている人の多くがこの仕事にやりがいを見出している、それが一番の魅力だと言います。

誰かに支持されたことを淡々とただ機械的にこなしていくような作業や事務職とは大きく違うのがweb関係の仕事です。創造性が必要なのです。

クライアントから指示されたイメージに沿ってどんなものを作らなければいけないのか自ら提案しなければなりません。そのクリエイティビティが求められることが楽しいと感じる人が多くいます。

そして、常にスキルアップしていかなければならず、それによって自分の技術が上がっていくのがうれしいというコメントもあります。

働く意義や将来性

web業界で仕事をすると何度もお客さんの驚いた顔や喜ぶ反応を見ることがあります。そんなときにこの仕事には意義があると感じる人がいます。お客さんが思ってもいないような作品を制作をした時こそ、この仕事の真の意義があるという人もいます。インターネットは浸透してからまだ15年ほどしかたっていません。

しかし、利用者は増えており、さらに現在ではスマートホンの利用が伸びています。結果として、パソコンだけでなくスマートホンを通して四六時中ネットに接続する人たちが大勢います。そして、そこに広告を投入したいという企業は増えるばかりです。

web業界の仕事は増えており、人材は不足しています。今後はSNSを取り入れた広告展開などがより活発になってくることもあり将来性は大いにあると言えるでしょう。

今なお発展し続けるweb業界で働いてみるのを考えてみるのも良いかもしれません。

  1. WEB業界で働くためにはぜひ取得しておきたい資格をご紹介
  2. 業界のWEBデザイナー達が使用している基本ソフトとは
  3. 未経験からでも始められるWEB業界でのアルバイトについて
  4. WEB業界で働いた場合の気になる年収や待遇について
  5. 30代からでもWEBデザイナーを目指すことは出来るのか検証
  6. WEB業界で働くためのスキルが身につくイベントやセミナーの探し方
  7. WEBデザイナーの一般的な労働時間についてご紹介
  8. WEB業界のエンジニアに求められるプログラミング言語の傾向
  9. WEB業界への就職時に高く評価される志望動機とは
  10. 最近話題の「ノマドワーカー」になるために覚えておきたい事とは
  11. 意外と高いと噂されているWEB業界の離職率とその理由とは?
  12. WEB業界の企業へデザイナーとして面接に行く時の服装選び
  13. WEB業界に就職・転職するならとっておきたいスキルについて
  14. WEB業界の各企業ではどんな人材が求められている?
  15. 今からWEBデザインを身につけるなら何を始めるべきか
  16. WEB業界で働くのに向いている人と向いていない人の特徴
  17. IT業界とWEB業界とはどう違うの?仕事内容や年収など比較
  18. WEB業界へ就職するなら覚えておきたい特有の専門用語集
  19. WEB業界へ転職する場合に面接で聞かれやすい質問について

WEB業界で働くためにはぜひ取得しておきたい資格をご紹介

web業界で働くためにはいくつかの資格を持っておくとよいです。就職の時に自分をアピールする材料にもなりますし、スキルをアップさせるのにも役立つことでしょう。

しかし、資格の数はかなりあります。いったいどれを受けたらよいのかわからなくなるかもしれません。本当に役立つ資格をお勧めします。

WEB技術関係の資格

例えばweb関係では国が初めて設けた資格がwebデザイン技能検定です。これはwebデザインをしていくうえで必要な資格を国際標準規格に基づいて作られました。

「WEB業界で働くためにはぜひ取得しておきたい資格をご紹介」の続きを読む…

業界のWEBデザイナー達が使用している基本ソフトとは

web制作をするうえでいくつかのソフトは絶対にそろえておかなければなりません。実際に現場で働いているwebデザイナーたちはどんなソフトを使って作業をしているのでしょうか。

これを知ると、事前にいくつかのソフトを購入して勉強することができますし、どんな分野でさらにスキルアップしなければいけないかもわかるでしょう。

webデザインで特に必要なソフト

まずは基本的なところで、Adobe IllustratorとAdobe Photoshopでしょう。

「業界のWEBデザイナー達が使用している基本ソフトとは」の続きを読む…

未経験からでも始められるWEB業界でのアルバイトについて

未経験なのにweb業界に足を踏み入れるのはなかなか難しいと感じるかもしれません。それで、少しでも経験を積むためにアルバイトから始めるのはどうかと考えるかもしれません。

では、どんなアルバイトが良いのでしょうか。実際にはどんな仕事をしますか。

アルバイトとしてのWEB業界の仕事

未経験で応募できる求人はほとんどがアシスタント業務です。webデザイナーのアシスタント役となります。

「未経験からでも始められるWEB業界でのアルバイトについて」の続きを読む…

WEB業界で働いた場合の気になる年収や待遇について

web業界の年収や待遇は気になるものです。インターネット全盛の時代ですので、需要は常にある業態の年収はかなり多いと予想されるかもしれません。

実際の所の懐、事情はどのようなものなのでしょうか。

WE業界の平均年収

日本のwebデザイナーの平均的な年収は330万円です。簡単に12で割ると毎月27万5千円が給料となり、そこにボーナスが加わっていきます。これを高いとみるか低いとみるかは人によって変わってくることでしょう。

「WEB業界で働いた場合の気になる年収や待遇について」の続きを読む…

30代からでもWEBデザイナーを目指すことは出来るのか検証

30代はまだまだ若いと言われることもあれば、もういい年だねと言われることもあります。人によって感じ方が違う30代ですが、そんな年代からwebデザイナーを目指すことはできるのでしょうか。

30代からWEBデザイナーになるために必要な行動

まず、webデザイナーを目指すためにできることを考えましょう。

職業訓練を受けるのは助けになります。定期的に6カ月コースのものなどが開かれており、幅広くwebデザインについて学ぶことができます。XHRMLやCSSについて学んだりグループ制作の進め方なども教えてもらったりできます。

「30代からでもWEBデザイナーを目指すことは出来るのか検証」の続きを読む…

WEB業界で働くためのスキルが身につくイベントやセミナーの探し方

web業界で働くためにはスキルをどうしても伸ばしていく必要があります。そんなときにプロの方たちから実践的なアドバイスがもらえるセミナーやイベントは大きな助けになります。

では、それらのイベントやセミナーをどう探していけるのでしょうか。

サイトを活用してイベントやセミナーを探す

役立つイベントやセミナーの情報を検索できるサイトがいくつもあります。

例えば、あるサイトはプログラマーやエンジニア向けのサービスで、最新のプログラム言語のswiftなどを扱っていたりします。プロの方たちなども参加していますので、知り合いを作ったり、役立つ提案をもらったりと人脈作りもできるでしょう。

「WEB業界で働くためのスキルが身につくイベントやセミナーの探し方」の続きを読む…

WEBデザイナーの一般的な労働時間についてご紹介

webデザイナーとして仕事をしてみたいと思いますが、いったいどれくらいの労働時間なのでしょうか。イメージとしてはパソコンに一日中向かっており、残業など当たり前といったものがあるかもしれません。

では、webデザイナーの一般的な労働時間をご紹介します。

一般的な社会人の労働時間

基本的にwebデザイナーの仕事は残業がつきものです。基本的な仕事の時間はほかの業務と同じ9時から18時というものです。しかし、新人は8時から出社して他の人の仕事の準備などをしたりする必要があります。

「WEBデザイナーの一般的な労働時間についてご紹介」の続きを読む…

WEB業界のエンジニアに求められるプログラミング言語の傾向

次々と出てくるプログラミング言語ですが、最近のweb業界のエンジニアに求められるプログラミング言語の傾向はどのようなものなのでしょうか。

最初に学び始めるプログラミングの言語には何がいいかというのは色々な意見があります。勉強の流れを決めるためにも最近の傾向を知っておきましょう。

基本のプログラミング言語

最近よく用いられているプログラミングの言語をも見るとやはり、基本の言語が上位に入っています。それで、まずは基本的な部分から学んでいくことができるでしょう。

「WEB業界のエンジニアに求められるプログラミング言語の傾向」の続きを読む…

WEB業界への就職時に高く評価される志望動機とは

web業界へ就職しようと思うときに、どんな志望動機を話したらいいのでしょうか。他の人に差をつけ、自分を上手にアピールしたいと思いますがどうしたら良いのでしょうか。

それは、会社が期待していることを知るということです。

Web業界は志望動機の3点セットを求めてくる

大手の企業は志望動機に3点セットを求めます。それは、今まで自分がしてきた活動内容、つまり過去について話すことです。

「WEB業界への就職時に高く評価される志望動機とは」の続きを読む…

最近話題の「ノマドワーカー」になるために覚えておきたい事とは

ノマドワーカーになりたいと思うならどんなことを覚えておいたらよいのでしょうか。ノマドワーカーと聞くと、パソコン一つでカフェで仕事をしたり、海外を旅しながら好きなところで仕事をしたりしているイメージがあるでしょう。

自由を謳歌し人生を楽しんでいる感じがします。そんなライフスタイルを実現するにはちょっとしたポイントを覚えておく必要があります。 「最近話題の「ノマドワーカー」になるために覚えておきたい事とは」の続きを読む…

意外と高いと噂されているWEB業界の離職率とその理由とは?

離職率が高い業界というのはブラックだというイメージがあります。パワハラや過酷な労働条件に耐えられずに仕事を離れる人が多いという印象です。

ではweb業界はどうなのでしょうか。離職率が高いという噂がありますが本当なのでしょうか。

WEB業界の離職率が高いと言われている理由

事実、web業界は離職率が高いと言えるでしょう。基本的に離職率は10パーセントを下回っていると離職率が低いということになりますが、web業界は残念ながら10パーセントを上回っています。

「意外と高いと噂されているWEB業界の離職率とその理由とは?」の続きを読む…

WEB業界の企業へデザイナーとして面接に行く時の服装選び

webデザイナーとして面接を受けようと思うときに迷うのが服装です。個性が求められる業界ですから、自分をアピールするような私服でいってもいいのでしょうか。

それとも、一般の面接のようにリクルートスーツを着ていった方がいいのでしょうか。いくつかのポイントを押さえて決めましょう。

会社の社風を見て服装を判断する

webデザイナーなのだから、絶対に私服でいかないとダメという声を聞くことがあります。個性をアピールできるツールである洋服を使わないのはもったいないというのです。

「WEB業界の企業へデザイナーとして面接に行く時の服装選び」の続きを読む…

WEB業界に就職・転職するならとっておきたいスキルについて

web業界に就職したり転職したりするためにはどんなスキルを持っておくとよいのでしょうか。周りにそういった業界で働いている人がいないと全く分からないかもしれません。では、それぞれの職種によってどんなスキルが求められるのか見てみましょう。 「WEB業界に就職・転職するならとっておきたいスキルについて」の続きを読む…

WEB業界の各企業ではどんな人材が求められている?

web業界ではいつでも様々な人材を求めています。入れ替わりの激しい業界ですし、消費者が求めていることも次々に変わっていきます。

それに対応できるような人材が必要なのです。では、具体的に、どんな人材が必要とされるのか考えてみましょう。

高スキルタイプ

いわゆる即戦力になる人です。すでに実戦での経験を積んでおり、すぐに仕事を任せられる人材です。

「WEB業界の各企業ではどんな人材が求められている?」の続きを読む…