課長が部長、部長が役員に抜擢、平社員も係長や課長に昇進できる

Italy-3090 - Caesar Augustus of Prima Porta - 無料写真検索fotoq
photo by archer10 (Dennis)

団塊世代と呼ばれる時代を歩んできた人たちは2012年を境に65歳を迎えはじめ、大量退職をすると言われているのです。この状況を企業としては、逃れることはできません。

■そもそも団塊世代とは?

団塊世代とは、戦後1947年から1949年の第一ベビービーム期に生まれた世代の事を呼んでいます。
戦後の復興期に兵士が復員し治安や食料供給なども安定してきたことから、国民が子供を増やして育てるといった余裕ができ始めました。

すると、この3年間で出生率が急速に上がり、全国平均で一組の夫婦に4人の子供がいたことになるそうです。
この世代を団塊世代の人たちは日本の政治経済で、バブル景気から失った10年間全てを経験している時代でもあります。

そして、2007年から2009年にかけて200万人以上の団塊世代のサラリーマンが一斉に定年退職を迎えることになっていました。
その時に、社会に対し大きな影響がある可能性があると予想され、60歳で退職だったものを、改正高齢者雇用安定法で65歳まで継続雇用を促進することができる様になったのです。

このようにすることで、大量退職は避けることができ企業を支えてきてくれた人脈や技術を一気に失わうことは逃れることができました。
ここで、今団塊世代の人たちは65歳を迎えようとしています。

■団塊世代からの引き継ぎに期待されること

団塊世代の人たちが、退職をし始めると次世代の若手たちが企業を運営していかなくてはなりません。

バブル崩壊までに入社してきたビジネスマンたちは、出世に対し、もの凄い競争意識があったそうです。
出世できなけば恥ずかしい、一人前とは言えないとそれくらい意識のある出世争いの現場だったのです。
しかし、今となっては出世したくないと言う若手社員も少なくないそうです。
忙しい上司を前にして、自分には向いていないと自己判断してしまう人もいるのです。

その中でも一番の問題となっているのは、枠の状態でどうしても出世コースから外れてしまっている立場と思い込んでしまっている人もいるようです。
団塊世代の人たちが退職した後、課長が部長、部長が役員に抜擢されることもあるかもしれません

平社員として働いている人も、係長や課長へ昇進して職場を若返らせることもできるでしょう。
出世が出来る可能性が大幅に広がることは間違いないので、ここで諦めずしっかり前を見て上昇アピールをして行きましょう。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2014年1月2日 課長が部長、部長が役員に抜擢、平社員も係長や課長に昇進できる はコメントを受け付けていません。 団塊の世代の退職