若手が出世するのに必要な条件

若手が出世するのに必要な条件
photo by ako.nishikawa

団塊世代が65歳を迎える時代がやってきます。

第一次ベビーブームに生まれた1947年から1949年までの世代の人たちのことを言います。
この世代の年間出生率は250万人を超える程で、全国平均として一組の夫婦が4人以上の子供を産んでいたことになるのです。
日本の経済では、バブル景気も崩壊も経験している人たちです。

■団塊世代の退職から生み出されること

そして、2007年から2009年にかけて60歳になる団塊世代のサラリーマンが一気に定年退職をすることになり、社会的に大きな影響がでるのではと問題になりました。
大量退職を避けるため、改正高齢者公安法で65歳までの継続雇用を促進する制度が導入されました。
それから数年、今でも65歳現役で職場に出て働いている人もいます。

ですが、退職を迎える時は必ずやって来るのです。
団塊世代は大量退職となるため、企業にとってもマイナスになってしまうイメージが強いかもしれませんが、角度を変えてみれば新しい道も見えてくるかもしれません

■若手社員の台頭が望まれる

若手社員が大量退職後に出世をすることができるのでしょうか。
ポジションが空いていれば誰にでもチャンスはあります。
後は、自分次第の努力や意欲などで状況は変わってくるのではないでしょうか。

若手が出世をするために必要な条件を上げてみると、一番に言えるのは行動力、そして豊かな人脈、人望、要領の良さ、意思の強さ、ストレス耐性などがあります。
いくら頭が良くてもどんなにスゴイ能力を持っていても、行動力がなければ意味がありません。
要領の良さなどは能力面ですが、ストレス耐性や意志の強さなどは精神面としてみられるでしょう。

また、人間関係というのも重要となってくるようです。
上司から注意や指摘を受けてすぐにキレるとか、嫌な顔をするといった行動をする事は、社会人としてルール違反かもしれません。

同じスタートラインに立っていても、出世をする人としない人との差があると思います。
よく自分を見直してみて、出世を考えてみてはいかがでしょうか。

「団塊の世代の退職」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2014年1月2日 若手が出世するのに必要な条件 はコメントを受け付けていません。 団塊の世代の退職