企業が求める「英語ができる人物像」とは

今日の日本社会は年功序列や終身雇用制度がなくなり、個人で専門的な知識やスキルを身につけて自ら経験を積んでいかなければいけない時代に突入しています。

医者や弁護士など特殊な技術や資格を持っている場合はともかく、一般企業に就職・転職を考えている人は少しでも自分の価値を上げ、企業が求める人材にならなくてはいけません。
最近の就職事情ではTOEICのスコアが重視されるようになりましたが、実は企業はTOEICのスコアが高ければ誰でもいいわけではなく、英語を使って仕事のできる次世代のビジネスパーソンを求めているのです。

企業の採用情報にTOEIC700点以上と記載されている理由

企業の採用情報にTOEIC700点以上と記載されていることがありますが、これは一般的にネイティブスピーカーと1対1でビジネスコミュニケーションを取れるレベルだと想定されています。
しかし実際にはTOEIC700点前半の英語力というのは商談や会議もままならず、一人で海外旅行をするのがやっと…というレベルの人がほとんど。
英語で議論・交渉をしたり、プレゼンテーションが出来るのは大体800点以上くらいからでしょう。

それでも多くの企業が「TOEIC700点以上」に拘るのは、ビジネス英語の最低ラインとされているからであり、選ばれる人材になるためにはそこからの努力も必要になってきます。

協調性だけではなく英語力も重要になってきた時代

グローバル化の進む現代では「協調性がある」、「チームワークが得意である」というアピールはもはや時代遅れであり、個人としての能力を証明しなくてはいけません。
リーダーシップに自己主張できる力、セルフマネジメント能力、コミュニケーション能力、そして従来の考えに固執しない思考、誰ともかぶることのないユニークさは次世代を担う人材として重宝されます。

こうした人間力に加え、実用業務、英語での口頭・メールでのコミュニケーション、英文による資料作成や文書作成、また英語能力が高くなくても前向きに学ぶ姿勢が必要となってきます。

この中でも最も大切なのが自立性であり、未知の領域や問題でも積極的に取り組み、考え、そして解決策を引き出せる能力はこれからの未来に欠かせないものとなってくるでしょう。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・