就職時に英検よりTOEICが重視される理由

日本は資格が重視される社会ですので、資格を取れそうな環境であればできるだけ多くの資格を取得しておいたほうが得です。

特にTOEICは現代の英語の代表的な資格試験であり、一定のスコアがあるのとないのでは就職・転職活動に雲泥の差が出てきます。

社会はこれからますますグローバル化が進んでいきますので、TOEICを通して世界に通用する語学力とコミュニケーション能力を習得しましょう。

今の就職では英検よりもTOEICが重要視されている

かつては英語の資格試験といえば英検が主流でしたが、今日の就職・転職業界ではTOEICのスコアが最も重要視されています。

英検は英語を使う場面が定義されているものではなく、リーディングにリスニング、スピーキングにライティングと総合的な英語力の習得レベルを判断するテストですが、TOEICは国際コミュニケーション英語能力としてビジネスパーソンの英語基礎力を測る試験内容となっています。
またTOEICは日本独自の英検とは異なり、全世界で用いられているテストですから国際標準の英語力を測りやすく、英語を用いたビジネスシチュエーションも同時に学ぶこともできるのです。

就職・転職の際に企業に履歴書が送られてきたとき、人事部や面接官が最初に目を通すのは経歴と取得資格です。

賢明な企業であればTOEICのスコアは参考程度にして、英語力を測ることはありませんが、それでもビジネスレベルのTOEIC700点以上を保持していれば採用の目に留まりやすいものです。

希望する職種や業界に英語が直接関係ない場合でも間接的・将来的に英語が必要とされる可能性はありますから、選ばれる人材となるためにはTOEICは受けておいたほうがいいでしょう。

TOEICは継続的にスコアを更新しなければいけない

そしてTOEICのスコアを所持していると、英語力への意識の高さや努力をアピールすることができます。

英検は1級、2級など一度取得してしまえば永久的にその級を保持できますが、TOEICの試験結果は有効期限が2年とされていますので、常に更新をしていく必要があります。つまり努力をしなければ現在のスコアを維持できませんし更に高いスコアを狙うこともできませんので、継続型の資格試験ということもTOEICが重視されている理由の一つなのです。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・