英語が話せるのに仕事に活かさないのはもったいない!転職で大幅年収UPも

日系企業がこぞって海外進出をする今、英語を話せる人材には高いニーズがあります。
英語での会議やプレゼンテーション、英語での電話応対、英文でのメールのやり取りに英語の文書作成などが主な業務になりますが、実は企業が求める英語力というのはそれほど高いものではありません。

翻訳や通訳など英語のエキスパートであれば高い英語力が必須条件となりますが、それ以外の職種では多少文法が間違っていても意思疎通ができれば問題ないことがほとんどですし、ネイティブ並みの発音でなくても十分なのです。

英語を使った仕事に転職して年収アップ

もし現在の職種や年収に不満があり、英語を使った仕事がしたいと思っているなら、より良い条件、環境、待遇を求めて転職することをお勧めします。

専門分野に就いていてTOIEC700点以上のスコアがあれば年収1,000万クラスのハイクラス求人がたくさんありますから、キャリアと年収の同時アップも可能です。
英語が話せると転職時にも大きな強みとなりますので、憧れの職種や仕事内容、年収も夢ではありません。

転職をする際には自分の英語力をフルに活かす仕事にするか、それともプラスアルファのスキルとしてアピールするかになりますが、大幅年収UPを目指す場合には管理職や外資系企業を選択肢に入れましょう。

転職は年齢が上がるにつれて不利だという説もありますが、実際には若年層にはない経験や知識が重宝されることが多く、とくに英語でのビジネス経験がある場合や英語が話せる場合には即戦力として採用されやすくなります。

プラスアルファの英語力さえあれば高く評価してもらえる

海外留学の経験があったり、英会話スクールに通うなどして英語が話せる人たちはたくさんいますが、実際に「英語を使った仕事」と聞くと尻込みしてしまう場合が多いと聞きます。

しかし前述したように企業が求めているのは「仕事力」にプラスアルファされた「英語力」ですから、極端に言えば身振り手振りで伝えられるだけの姿勢が重要ですし、
日本人は英語が苦手ですので積極的なコミュニケーション能力は高く評価してもらえることでしょう。

「英語ができるのに仕事に活かさないのはもったいない」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・