英語を生かせる仕事に就くと、選べる仕事が増えてくる

未だ回復しない景気に就職難、ボーナスカット、リストラと不安な雇用背景が続いていますが、就職・転職サイトや情報誌には山のように求人情報が掲載されています。

何らかのスキルや経験を持った「企業にとって価値のある」人材は常に求められており、専門性が高くなればなるほど選べる仕事も増えてくるものです。

「そうはいっても特別な資格は持ってないし…」「今から何を始めていいのか分からない…」そんな人は英語力をつけて、TOEICスコアを肩書きにすることをお勧めします。

英語力を身に付けておくと選べる仕事が増える

英語を活かせる仕事に就くからにはそれなりの英語力が求められますが、その経験はあなたの財産となり、将来的に選べる仕事が増えてきます。

英語を使う相手というと外国人ですから、語学力だけでなく異文化への理解力もつきますし、ネイティブスピーカーをあいてに交渉やコミュニケーションが取れる人は国際感覚を身に着けているということで多くの企業から歓迎されるでしょう。

就職や転職は年齢が若ければ若いほど有利に働きますが、英語力を活かした仕事の経験者はとても貴重ですから、年齢の縛りも柔軟に対応してもらえることもあります。

女性の場合だと妊娠・出産を期に仕事を辞めなければいけないケースもたくさんありますが、TOEICスコアなどの英語のスキルは資格と同じ扱いですから、産休制度を利用できたり再就職時にも仕事が見つかりやすい傾向にあります。
週に数回のアルバイト・パートであっても英会話スクールや塾講師など割にいい職業に就くことも可能ですから、英語力を上げておくと長いスパンで仕事をできるようになります。

業務に直接関係なくても英語は重要

誰もが知るユニクロや楽天は早々に社内の英語効用化を実施しており、日産やSHARPなどの一流企業も社内公用語に英語を取り入れていますし、業務に直接英語を使用しなくても英語は避けては通れないほど重要なものになってきています。

英語を活かした仕事に就いた経験があれば、製造業、流通業、販売業、インターネットビジネス業界などさまざまな分野を視野に入れることができますから、自身の英語のスキルをあげて憧れの業界にチャンレジしてみてください。

「英語ができるのに仕事に活かさないのはもったいない」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・