英語力をアピールするなら言葉よりもTOEICで証明しよう!

今日では多くの企業が英語を重視しており、外資系企業や直接英語を使わない業務でも、世界に通用する人材を求めて英語力のあるビジネスパーソンを求めています。
もちろん海外とのやり取りのある企業も含め、英語が話せることは大きなスキルとして扱われますから、採用の際に有利に働くことは間違いありません。

その基準として位置づけられているのがTOEICのスコアであり、採用判断基準として700点以上を掲げている企業が多く、「英語が話せる」と言葉でアピールするよりもよりも高い信頼性があります。

英語能力を証明したいなら英検よりもTOEIC

従来は英語の能力は実用英語技能検定、通称「英検」によって測られていましたが、現代ではTOEICが主流です。

TOEICは世界150ヶ国以上で実施され、毎年700万人以上が受験している国際コミュニケーション英語能力テストであり、日本国内のみで流通している「英検」よりも遥かに知名度があります。
TOEICに出てくる単語は日常会話のほかビジネス用語が多く、また文章構成も実際のビジネスの現場を想定したものがたくさんありますので、まさに「生きた英語のテスト」なのです。

TOIECは200~500点ほどのスコアで「通常会話で最低限のコミュニケーションが取れる」、480~720点ほどで「日常生活を送るのに問題がなく、限定された範囲内で業務上のコミュニケーションが取れる」と位置づけられており、多くの企業で求められているのは700点以上のスコアになります。

730~850点ほどで「どんな場面でも適切なコミュニケーションが取れる」、860点以上で「文法・語彙・構文を正確に把握し、ノン・ネイティブとして十分なコミュニケーションが取れる」とされていますので、このレベルになると高い評価を受けることができるでしょう。

企業がなぜTOIECを重視するかといえば、「客観的に英語力を評価することができ」、「ある一定の水準を満たしている人材を容易に判別することができるため、手間が少ない」ということです。

TOEIC700点など誰もがわかる英語能力を保持していれば採用時に有利な立場となり、年収にも差が出てくるようになるでしょう。

「英語ができるのに仕事に活かさないのはもったいない」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・