TOEICで700点以上を取っておくと就職・転職に有利

近年ではグローバル化が急速に進み、外資系でなくとも世界を舞台とする企業が増えてきました。
それに伴いビジネスパーソンにとって英語は必要不可欠なものとなって、巷には英会話学校や英語教材が溢れ多くの人が英語を学習していますが、それでも一定の英語力を所有する人材は不足しています。

この英語力を証明するものとして用いられるのがTOEICであり、700点以上を取っておくと就職・転時に非常に有利に働くのです。

ビジネス英語の最低基準はTOEIC700点以上

「英語を話せます」といってもそれが挨拶程度なのか、日常会話レベルなのか、はたまた映画を字幕で見られるレベルなのか、面接官には判断することができません。

ビジネス英語の最低基準はTOEIC700点以上を掲げているところが多く、この点数は「ビジネスシーンにおける、自分の意思を英語で自由に表現できるレベル」として評価されています。

年代別にみると20代は英語への意識が高く就職活動前に積極的にTOEICを受けている人がいますが、30代以降になるとそもそも学校でTOEICを受ける機会多くなかったために英語には興味があってもTOEICに対して消極的だといいます。

30代以上の人ほどTOEICの有無で転職が有利に

30代は就職ではなく転職する人がほとんどかと思いますが、転職市場において求められているのは即戦力です。

30代後半、40代と年齢が上がるにつれてその傾向は強くなりますので、実務経験やスキルのほかにTOEICで700点以上取っておくと周囲に大きな差をつけることができます。

「この年で今からTOEICなんて…」と思うかもしれませんが、TOEICは努力次第でいくらでも点数を上げることができますし、その努力も大いに評価されることでしょう。

TOEICで700点以上を取っていると、就職・転職時に選択肢がグッと広がります。

最近では英語を社内公用語にする企業もあるくらいですので、英語は今や切っても切れないほど重要なものになっています。

英語が堪能なビジネスパーソンは増えてきていますが、「TOEIC700点」など具体的に数値として示せる人の数はまだそう多くはありません。
あなたの就職・転職を成功させるためにも、是非TOEIC700点を目指して頑張ってください。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・