体調不良が原因で転職した方の体験談(うつ病や過労など)

体調不良が原因で転職した方の体験談を集めました。(うつ病や過労など)

直属の上司と合わず精神的に追い詰められて体調を崩した(24歳女性)

性別は女、転職時の年齢は24歳でした。 新卒で入社した企業から、別の企業へ転職し現在も働いています。

転職しようと思った理由は2つあります。

1つ目が最も大きな理由で、直属の上司とそりが合わず精神的に追い詰められてしまい、体調を崩したことでした。

入社当初の私は、未経験の専門業務へ配属されたことで仕事に対する不安が大きく、上司と良い関係を築き、いろいろと教えてもらいながら仕事を学んでいきたいと考えていました。

ただ、上司となった女性社員は個人で黙々と業務に取り組む人で、周りの人と雑談したり協力したりするタイプではありませんでした。そのため、配属後も距離を縮めることができず、仕事の質問や外出時の雑談等もできない日々が続きました。

その上、私の業務状態に関心もなく、まるで私が存在していないように振る舞うこともありました。

その振る舞いから、いつからか私はここにいない方が良いのではないか…ここに居場所はないのではないか…と考えるようになりました。

そう思う日々が続き、上司が近くにいるだけでストレスを感じるようになり、胃痛や吐き気等の体調面に症状が出るようになりました。

2つ目は、仕事内容を好きになれず環境も合わなかったことです。当時の精神状況や体調、仕事に対する意識を考えると、この場で何年も時間を費やすより次の新しい生活へと目を向けた方がよいのではないかと考えるようになりました。

私は転職して良かったと思っています。 なぜなら、1番の理由であった体調面が回復したからです。

今の仕事に転職して、苦手な人のいない職場で働くことができるようになり、精神的にも落着き体調がすぐに良くなりました。

また、転職するまでは「仕事を辞める=挫折」と思っていましたが、転職した今では、「もう1度自分の人生を見直すいい機会」になったと感じています。

新卒で入ったブラック旅行代理店、うつ病でドクターストップに(24才・旅行代理店)

新卒採用で就職した旅行代理店から24才で転職しました。 転職先は大手企業の受付です。

私が勤めていた旅行代理店はかなりのブラック企業でした。1年目にも関わらず残業時間は月平均80時間を越えていました。それら残業の全てがサービス残業だったため給料には反映されず体力もやる気もなくなっていきました。

朝から終電まで働き、休日出勤もしました。自分の時間がほぼ皆無で何のために働いているのかわからなくなりました。そのうち笑うことができなくなり気が付くと涙が流れていました。

そしてある日、頭に大きなしこりができて病院で見てもらいました。鬱病でした。

仕事中に休息時間を設けることができないなら仕事は止めなさいと言われました。ドクターストップでした。

私は迷うことなく退職しました。

鬱病完治までは3ヶ月かかりましたが本来の自分を取り戻すことができました。

旅行代理店では正社員で働いていたため、残業代もサービス残業にされてしまっていましたが、転職後は契約社員として働き、しっかりした会社だったため5分から残業代がつきました。

時給で働くスタイルの方が私には合っていたみたいです。給料も転職後の方が高くなりました。休みもオンオフもしっかりしていて転職してよかったです。

過労が原因のうつ病で会社に行けないまま退職(27歳女性・コンサル会社)

27歳、女性、都内のコンサル会社に3年ほど勤務し、過労が原因でうつ病を発症しそのまま退職しました。

会社の経営状況が年々悪化しており、退職者が続出したことにより残った人間は毎年全国規模の転勤を強いられていました。

私も自分の生活が落ち着いたと思ったとたんまた次の転勤。人をまるでコマのように扱う経営陣・会社に不満を抱いていました。

それでいて労働時間は長く、私の所属していた部署は朝7時から夜10時まで。人間らしい生活は全く送れていませんでした。

それでもその環境で働き続けた結果、うつ病を発症し、会社にいくことができないまま退職しました。そこの会社に3年も勤めていたことを思い出すだけでぞっとします。

退職の大きな原因は過労によるうつ病の発症でしたが、クライアントからのセクハラ、上司からのパワハラ、立て続けの転勤、給料に見合っていない労働内容、会社の経営方針など実に様々でした。

もっと早くに転勤すればよかったと後悔すらしました。

会社を辞めてからは、うつ病も次第によくなり時間はかかりましたが現在は完治しました。

ストレスによるうつ病で通勤の電車に乗れなくなった(24歳女性・携帯電話の販売員)

24歳、女、サービス業をしています。

私は携帯電話の販売員をやっていたのですが、初めは自分のやりたいように契約などを取ることが出来たので、気持ち的に楽な気分で仕事が出来ていたのでとても楽しく仕事をしていました。

しかし、店舗が移動したことをきっかけに移動したお店の方針で売上が重視されるようになって、自分のやりたいように仕事が出来ずにプレッシャーを感じてしまいうつ病になってしまいました。

その時の店長は、私の意見を受け入れてくれずにそれもストレスに感じてしまい、通勤で電車を利用するのですが電車に乗れなくなってしまい転職を決めました。

携帯電話の販売員以外の仕事であれば精神的にもあまりきつくなかったので自分ができる範囲の仕事を探して仕事をすることにしました。

転職したことで、精神的に落ち着いてきてうつ病も治ったのでよかったです。

健康診断で先天性の障害が発覚し評価が下がる(34歳男性・地方公務員)

転職時の年齢は34歳男性です。当時は市役所勤務の地方公務員ですが、職種は事務職ではなく、専門職でした。

転職しようとしたきっかけは、職場の健康診断がきっかけで先天性の障害があることが発覚。その障害を診断した医師が、市役所で働くのは控えたようがよいという意見書を私の同意を得ることなく、一方的に職場に提出してしまい、私の評価が下がってしまったのが遠因です。

その後、市役所の経営状況がよくないということで、私のような専門職全員の給料が、一律10%以上カットされたうえに、退職金などもドンドン減らされる。職員全員にも生活というものがあるので、大量退職しているにも関わらず、一向に給料条件が改善されず。

先天性の障害が原因で評価が下がっているのに加え、給料が減るばかりで増える見込みがなく、市役所の将来性を見出せず、転職できるうちに転職したほうがよいと思い転職サイトのマイナビを利用して転職。

転職をして経済的な面では一定分解決したように思えます。また、本業以外にも副業などで収入源を確保することが自由にできるようになったため、経済的な不安は改善されたように思います。

「転職した理由アンケート」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2018年2月16日 体調不良が原因で転職した方の体験談(うつ病や過労など) はコメントを受け付けていません。 転職した理由アンケート