短期間のアルバイトなら知り合いにバレずに働ける?

高校や大学を卒業したらそれなりの会社に就職でき、安泰だと思われていたのは過去の話。
リストラ、派遣社員の大量解雇、給与の大幅な減少、極めつけは労働環境の悪化と、日本経済の悪化は若者を中心に労働者に多大なダメージを与えています。
就職難はとどまるところを知らず、今や有名大学を出ている人でもコンビニでアルバイトをする時代ですから、こうした先の見えない将来に絶望し、あえて働かない選択をしたのがニートです。
ニートは「働いたら負け」をモットーに働くこと自体を否定していますが、実は心のどこかに「働きたい」「このままでいいのだろうか」等の不安を抱えており、働きたくても働けない負の循環に陥っている人もたくさんいるのです。

ニートは働くのが嫌なわけではない

「働くのが面倒くさい」「いざとなったら生活保護があるし」ニートの中には働いた経験もないのに働くことに対して嫌悪感を持つ人もいますが、実はニートは働くこと自体が嫌なわけではなく、働くことを強制させられるのが嫌なのです。
理不尽な事実を突きつけられたり、莫大な責任感やプレッシャーを押し付けられたり、今までは普通と思われてきた社会の在り方に対して嫌悪感を持つ彼らの意見は、同意と賞賛を受けることもあります。
しかし働いていなければ自由に使えるお金にも限りがありますので、友人達のように旅行に行ったり、週末に出かけたり、欲しいものを買うこともできませんからますます殻に閉じこもるようになってしまいます。

短期アルバイトならニートとバレずに働ける

しかし近年ではニートであることを恥ずかしく思い、短期間のアルバイトをして社会復帰を目指す若者達が増えてきています。
就職となると服装やライフスタイルで家族や友人達にたちまちバレてしまいますが、短期アルバイトであれば私服で働けるところがたくさんありますし、働いている期間が短いので誰にもバレることはありません。
仕事をしていない期間が長ければ長いほど働くことに違和感を感じるかもしれませんが、まずは欲しいものを買うお小遣いを稼ぐだけでも構いませんので、短期間のアルバイトから始めてみてはいかがでしょうか。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・