親がうるさい!とりあえず就職活動をしてるフリをしよう

働くことを止める人にはそれぞれの事情があり、その問題の深刻さは本人にしか分かりません。

合わない仕事を選択して頑張り過ぎてしまった人、ノルマや売り上げの責任を過度に押し付けられて精神的に参ってしまった人、そして人間関係に悩んで疲れてしまった人などそれぞれですが、仕事を辞めてすぐに次の仕事に移れる人はそう多くはありません。

仕事というのは始めるよりも辞めるときのほうが遥かに大きな労力を必要としますのでしばらくゆっくり静養した人がほとんどでしょうし、悩みのケースによっては落ち着くまで仕事のことを考えたくないこともあるでしょう。

親に就職活動を急かされる

しかしこの気持ちをなかなか分かってくれないのが「親」、とにかく働け働けとうるさく言われている人も多いのではないでしょうか?

実家住まいの場合は家賃・光熱費・食費などを払ってもらっていますから感謝の気持ちこそあるものの、顔を合わせれば「働け」しか言われなければうんざりしてしまいますよね。
挙句の果てには精神的に傷つく言葉をかけられることもあり、そんな状況では「働け」と言われても「何で働かないといけないんだ!」と反発したくもなります。

親は親なりに応援をしているつもりなのですが、昭和バブルの就職を経験している人たちは現在の就職難をなかなか理解できず、「頑張れば受かるだろう」と安易に考えている人たちがたくさんいます。

本来であれば黙って見守ることが得策なのですが、「働いてほしい」「頑張ってほしい」という思いが強すぎるが故にきつい言葉になってしまうのは仕方がないことなのかもしれません。

就職活動するフリをして親を黙らせる

こうした親たちを黙らせるのはまず無理ですので、一番簡単に納得させる方法は、とりあえず就職活動をしているフリをすること。

求人サイトや求人雑誌を見たり、職業支援サービスを利用するなどして仕事を探しているフリをすれば何も言うことができませんし、何気なく見ていた求人情報から気になる仕事や見つける可能性もあります。

現代は働き方が多様化して紹介型派遣や短期バイトなど昔にはないワークスタイルが増えてきていますから、上手な言い訳のネタも探せるかもしれませんよ。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2014年11月26日 親がうるさい!とりあえず就職活動をしてるフリをしよう はコメントを受け付けていません。 ニート・フリーターの仕事