今の職場を円満に退職できなかった場合はどうなるのか

職場退職時にトラブルを抱えていた場合、円満に退職出来ない場合もあります。この場合退職出来ないという事はありませんが、その後の転職活動でトラブルが起きる可能性はあります。

円満退職出来なかった際起きた問題

円満退職出来なかった場合、悪い噂として他の会社に情報がいってしまう場合があります。通常は個人情報がもれる事はありえませんが、噂であったり世界が狭い業界である場合はそういったリスクを伴います。

逆に円満退職出来た場合、その職場に復職する事も可能ですし有休も消化していく事が可能です。前の職場の交流は貴重な財産となりますし、転職した後もその交流が有用になる場合もあります。

また会社は狭い社会ですので、噂は非常に怖いものです。円満退職はその会社の経営者が望む姿で退職をする事ですので、権利ばかり主張せず会社に迷惑をかけないで辞める事を考えましょう。

労働者の権利は守られるべきものですが、それ以前に人同士の交流が優先されます。トラブルは回避する為には退職の手順をしっかり守る事、その点が重要なのです。

円満退職をする為の方法

円満退職をする為には、引継ぎをしっかり行い自分の穴をふさいでから退職する事が大切になります。

その為退職の意思を直属の上司に伝える時期は退職二か月前が良いとされ、会社によっては三か月前という場合もあります。このあたりは会社の勤務規定に記載されていますので、確認しておきましょう。

退職をスムーズに行う為には、他のアドバイスを聞いて行う方法もあります。転職をサポートしている会社では退職時のアドバイスも行っていますので、自分以外の視点で見る事が出来るコンサルタントに相談するのも良い方法となります。

会社で人間関係などトラブルになっている場合は冷静に考える事が出来ない場合もありますので、まずは冷静に退職までの手順を考えていきましょう。明日から会社に来ません、こういった方法もありますが社会人としての責任もありますので、会社の規則に従い退職までは粛々と進めていく事が大切なのです。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月1日 今の職場を円満に退職できなかった場合はどうなるのか はコメントを受け付けていません。 転職するときの心得