面接で「何か質問はありますか」と聞かれた場合の切り返し方法

会社の面接を行う際、面接官から質問される事が大半ですが最後の質問がないか聞かれる事があります。

この場合、会社の業務内容で疑問に感じている点や、会社で大切にしている事、課題などを聞くと良いでしょう。未来や今後の自分に繋がる内容であり、プラスに捉えられる内容が良い事になります。

質問があるか聞かれた場合してはいけない内容

質問があるか聞かれた場合、離職率や残業時間、給料の額や福利厚生、有給消化率、これらの内容はマイナス評価されやすいと言われています。

これらの内容に対しての質問は正当な疑問ではあるのですが、面接は会社で自分をアピールする場所です。その場所で自分が得られる内容を聞く事はあまり良い印象になることはありません。内定など採用がほぼ決まっている場合は、こういった質問を担当にしても良いとされています。

面接前に確認したい場合は個人で調べる事は困難ですので、転職サポートサイトのコンサルタントなど転職の専門家に質問しましょう。同じ会社に人材を紹介した場合もあるかもしれませんし、コンサルタントからの質問であれば評価に影響をもたらすこともありません。

聞きにくい質問などがある場合は、第三者が仲介をするサポートサイトを活用する事で良い答えを得る事が出来ます。

プラスになりやすい面接時の質問内容

面接は自己アピールの場であり、最後に大抵独自のアピールを兼ねて質問があるか聞かれます。これはほぼ聞かれる内容ですので、最低5つ位は質問内容を確保しておきましょう。

面接は個人面接でない場合もありますし、それ以前の質疑応答で答えが出てしまっている場合もあるからです。

会社が求めている人材は、会社にとってメリットのある人材であり活躍が期待できる人です。働き方や勤務内容、活躍できそうな場などはプラスに取られやすいですので、積極的に質問していきましょう。

面接は時間が短いですが、会社と人材の真剣勝負の場です。会社によって内容も異なりますので、しっかり対策はとっていきましょう。

「転職するときの心得」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月1日 面接で「何か質問はありますか」と聞かれた場合の切り返し方法 はコメントを受け付けていません。 転職するときの心得