未経験の業種へ転職する場合に注意しておきたいポイントとは

求人では未経験者も可とされている求人も多いですが、未経験者の採用は決して楽なものではありません。即戦力となる経験者が優遇されますので、未経験も可という事でも比較された場合、経験者を超えるアピールポイントが必要になるという事なのです。

未経験で他業種へ転職する際のポイント

2012年のデータでは、未経験者が他業界への転職を希望する割合は57%となっており、実際の転職で異業種へ行く人も一定数以上は存在しています。また同時に未経験者も可の求人数も一定数以上あるという事になりますが、内情は職種によって異なります。

専門知識が必要な職種では即戦力が求められますので、未経験者も可という求人は少なくなり、逆にサービス業などへの転職の割合が高いです。

未経験で異業種へ転職する場合は前の経験が有用である、会社にとってメリットがある事を伝える事で採用確率はアップします。販売業から営業への転職ではリサーチ力や経験を活かして、サービスや品物を提供していきたい、そういった流れですね。

未経験である場合、全職の経験をどう生かしていくか、ここが転職する際の大きなポイントになります。

会社は求人を多く求めている

求人を出す会社は豊富な人材を求めていますので、求人もより多くの募集を求める事になります。未経験可な求人はそれを目的にしている場合も多く、経験者と比較された場合は即戦力となる経験者が優遇されます。

その為、競争率が高い会社では未経験も可とされていたとしても実際は狭き門と言えるでしょう。未経験で応募する場合は今までの経験をどう生かしていくか、ここを大切にしていく必要があります。

会社によって求められているポイントは異なりますので、どういった人材を欲しがっているのか、その点を分析してから応募しましょう。履歴書の書き方や面接時の対応など、それらのポイントがわかれば対策は自然と出来てくるものです。

未経験可は誰でも良いという事ではなく、会社としての幅を広める為により広範囲から求人しているという事です。同じ業種への転職と比較し、より緻密な対策が必要になります。

「転職するときの心得」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月3日 未経験の業種へ転職する場合に注意しておきたいポイントとは はコメントを受け付けていません。 転職するときの心得