転職の成功率が大きく下がってくる年齢とその理由について

転職の成功率が下がる年齢の目安として30代後半になると厳しいと言われています。ですが実際はそういった事はなく、年齢を問わず求人は開かれておりどこにもチャンスは存在します。

転職の成功率が下がると言われている理由

転職の成功率は20代の場合一回目は70%、それ以降回数を重ねるごとに下がる傾向にあります。4回以上の転職をした場合4回目の成功率は10%というデータがあります。

比較して30代後半の転職では一回目の転職の成功率は30%程、二回目以降も30%台とあまり成功率が下がりません。即戦力となるスキルを持っている場合は、年齢を問わず採用されていくという事です。

20代など若い時期は将来性を買われる時代でもありますので、一回目の転職成功率は非常に高いものになりますが二回目以降が厳しいものになります。

現在は高齢化の時代であり、勤務可能な年齢も長くなっていますので採用可能な年齢も高くなっていますので、30歳以上でも転職成功率は一定以上あるのです。

転職成功する為に必要な事

転職成功率のデータから、転職を成功させる為には若い事に資格や経験をしっかり取得していく事が大切になる事がわかります。年齢を重ねるとより即戦力の期待が高い事になりますので、将来を見据えて学んできたかどうかが大切になってきます。

その為、転職を成功させる為には将来的にどうしたいか、常にビジョンをもって生活をする事がポイントになってきます。

年齢ごとに会社の希望する求人層は異なってきますので、その年代の求人層にマッチする人材に自分がなっているかどうか、ここがポイントなのです。逆に転職をせずに一つの会社で尽くしていくのも良い選択肢の一つですが、将来勤務している会社がどうなるのか未来は誰にもわかりません。

いつ職場を変える事になっても良いように、自分のスキルを磨く事は常に行っていきましょう。昔から手に職があれば生活は安泰と言われていますが、それは今の時代でも通じる事なのです。

「転職するときの心得」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月1日 転職の成功率が大きく下がってくる年齢とその理由について はコメントを受け付けていません。 転職するときの心得