転職時に必要となる応募書類の種類と書き方について

会社によって多少異なりますが、転職時には複数の書類が必要になります。基本的に雇用保険被保険者証と源泉徴収、それに年金手帳の三つは必須書類となります。

転職時に必要な書類について

転職には雇用保険被保険者証と源泉徴収、年金手帳が必要になります。これらは転職先に提出しなければいけない書類ですが、年金手帳の関しては個人保管となっている会社も増えているようです。

他に扶養控除申告書や健康保険被扶養者異動届、給与振り込み先の届書なども必要になってきます。

その他に会社によっては入社誓約書や雇用契約書、身元保証書、健康診断書や資格証明書のコピーなども必要になります。準備に手間取ると入職が遅れてしまう場合もありますので、転職時に必要な書類の説明を受けたら、正確に準備しておきましょう。

転職時に必要な書類の書き方について

転職時に提出する書類で自分で記入しなければいけないものが履歴書です。これは書類選考時の大切な資料となりますので、自己アピールの方法など工夫する事が必要になります。

履歴書の書き方については一般的な求人サイトでも紹介されている事が多いですが、看護師など専門職に関しては少し違ってきます。

転職支援サイトなど特定職種をサポートするサイトでは、その職業独自のアピール方法が紹介されています。担当するコンサルタントもその職種に精通していますし、利用に関しては無料となっていますので自身の価値を高める方法をしっかり確認しておきましょう。

履歴書は正確に記載する点、その会社で自分がどう貢献していけるかイメージ出来る内容にすると効果的です。

特に志望動機に関しては、会社にとって利益になる人材であるか判断されますので必ず見直しは行いましょう。転職支援サイトでは履歴書の添削も行ってくれるサイトもありますので、そういったサイトを頼っても良いかもしれません。書類は転職時の第一印象となるものですから、良い形で仕上げていきましょう。

「転職するときの心得」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月3日 転職時に必要となる応募書類の種類と書き方について はコメントを受け付けていません。 転職するときの心得