転職するために必要となる退職方法と円満に終わるコツとは

転職をする前に退職をする事になりますが、退職は戦力減を意味しますので歓迎はされません。

退職を先延ばしにされてしまう場合もありますので、円満に退職する事が出来るかどうかは転職の際大きな境目になります。

円満退職の手順

転職をしたくなった場合、まずは直属の上司に退職したい件を伝えます。その後に退職まで引き継ぎなどを行う訳ですが、この期間は一か月が一般的です。

法律では二週間以内とされていますが、会社の規定で一か月となっている場合も多く、責任ある立場であった場合はより長くの期間が必要になる場合もあります。会社には勤務規定がありますので、転職前にそういった情報はしっかり確認しておきましょう。

退職の際引き止めなどもありますが、その際は冷静な対応を続ける事を心がけましょう。
新しい職場に行く事は正当な権利ですので、長期間拒否し続ける事がありません。退職の意思自体は二か月以上前で勤務が多忙でない時期を狙いましょう。

円満な退職をする事で人間関係も維持出来ますし、その後の仕事の助けになる場合もあります。一方的に退職を示すなど話し合いを持つ事が大切です。

退職によるリスク

退職を円満に行えない場合、退職まで時間をかかる場合もありますし、職場に居づらくなってしまうリスクがあります。

人材は流動的なものですので、退職や転職は流れとしてあるべきですが実際は人材募集にもコストがかかりますので、会社側としては歓迎されません。また退職前に有休も消化したいものですが、会社が認めなければ有休は消化する事が出来ませんのでトラブルがないように対応していきましょう。

また、退職前には引継ぎの他に挨拶など社会人の礼儀もしっかり行います。物で何かが解決するという事がではありませんが、行う場合とそうではない場合では違いが出てくるものです。

退職時にトラブルがあるとせっかく転職をしても精神的なストレスが続いてしまう場合もありますので、先に転職サイトなどで実例を確認するのも良いですね。退職は生活の場が変わる事でもありますし、会社にとっては担当が変わる大事件です。時間が必要である事を把握し、余裕をもって退職活動は進めていきましょう。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月3日 転職するために必要となる退職方法と円満に終わるコツとは はコメントを受け付けていません。 転職するときの心得