会社の給料じゃ足りないからキャバクラやガールズバーで夜の仕事のバイトをしたい

会社の給料じゃ足りないからキャバクラやガールズバーで夜の仕事のバイトをしたい
photo by Trouni

仕事には様々な業種や業界があるように、年収も人によって違います。正社員として働いていても、基本給が安いと手取りもあまり期待できませんね。

しかし、若い女性なら会社の給料が安くても夜の空いた時間で効率よく稼ぐため、キャバクラやガールズバーなど夜の仕事をすることで貯金もどんどん増やすことができます。

必死で残業をしても、希望通りの額になるとは限りませんし、毎日残業ばかりというのも悲しくなってしまいます。それよりも仕事帰りにちょっと違う雰囲気で、若さを武器に楽しみながら時給の高いアルバイトという選択肢もよいのではないでしょうか。

キャバクラやガールズバーで夜の仕事のバイトをしたい

例えばOLの場合は、会社が終わってからキャバクラやガールズバーで夜のバイトをする事もできます。

ただしこの場合に注意したいのは、会社の就業規則です。
会社によって違いますが、副業を禁止している会社の場合、キャバクラやガールズバーでアルバイトをしている事が発覚したら減給や解雇になることも十分考えられます。

会社から離れているからわからないだろうと思って内緒にしていても、いつどこで誰に会うかもわからないですし、偶然見かけた人が会社に密告することもあるかもしれません。

お小遣い稼ぎという軽い気持ちでも、副業を禁止している会社では会社が終わってからでもキャバクラやガールズバーでのアルバイトはできません。
公務員の場合も副業を禁止しているので、キャバクラやガールズバーでのアルバイトはできません。

どうしても給料だけじゃ足りないときの選択肢

しかし今の会社の給料だけではお金が足りないという場合は、2つの選択肢があります。

リスクを承知で会社には言わず、キャバクラやガールズバーでアルバイトをする事もできます。
そもそも会社が副業を禁止するのは、本業に支障が出る可能性があるからです。

本業支障が出ない範囲ならいいと考えてしまいますが、内緒でアルバイトをしていれば規則違反なのでペナルティが発生しても文句は言えません。

もしもどうしても生活が苦しくお金が必要な場合は、思い切って会社に相談してみましょう
さすがにキャバクラやガールズバーを快く承諾してもらえるかはわかりませんが、やむを得ない事情の場合は特別に副業を認めてくれる会社もあります。
この場合も本業に支障が出ないことが条件になるので、ほどほどにしておきましょう。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2014年8月12日 会社の給料じゃ足りないからキャバクラやガールズバーで夜の仕事のバイトをしたい はコメントを受け付けていません。 もう会社を辞めたい!