転職の履歴書や面接でスキルや経験をうまくアピールする方法

転職の履歴書や面接でスキルや経験をうまくアピールする方法
photo by Tax Credits

転職する場合は中途採用になるため、いかに自分のスキルや経験をアピールするかが重要になります。

アピールする場合は経験年数によってもポイントは変わってきます。

履歴書で自分をアピールする方法

まず履歴書の場合はスペースも限られるので、書きたいことを全て書き込めないため簡潔である事が重要です。

履歴書とは別に自己アピール用の用紙があれば、そちらをメインに書き込むので履歴書はわかりやすく要点だけをまとめておきましょう。

実際に書いてみると分かる部分もありますが、スペースに余裕があっても伝えたいことを完結にまとめ、相手に伝えるのはとても難しい事です。
つい力が入りダラダラと長い文章になってしまいがちですが、いくつかのポイントを押さえわかりやすく書きましょう。

転職の場合は新卒と違い多少実務経験もあるので、スキルや資格だけをアピールしてしまうと薄っぺらく見えてしまいます。
もちろんスキルや資格もアピールポイントになりますが、まず優先すべきはキャリアや実績です。

自分が今までにあげた成果等を中心にアピールしてみましょう。

面接で自分をアピールする方法

面接の場合は履歴書と違い、直接言葉で伝えることができますね。

文字だけでは難しい微妙なニュアンスも伝えやすいので、履歴書では伝えきれなかった事を伝えるいいチャンスです。

多くの場合面接時に質問される内容は、履歴書に書いてある事に関連するのでアピールポイントは履歴書に書いたことと関連する可能性もたかくなります。

ある程度自分の中でストーリーを組み立てておきますが、質問も種類があるのでこう聞かれたときにはこう答えるなど、いくつかパターンを用意しておくと安心です。

また面接の場合、面接官の質問に答える形で進むので自分勝手にベラベラと喋ってはいけません。

実績をアピールするときには、自分のポリシーや成果をわかりやすく伝える事も大切です。
周囲からの評価なども参考になるので、こういうところも盛り込んでおくといいでしょう。

「もう会社を辞めたい!」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2014年8月12日 転職の履歴書や面接でスキルや経験をうまくアピールする方法 はコメントを受け付けていません。 もう会社を辞めたい!