弁護士なのに収入が低すぎてもう辞めたい

弁護士なのに収入が低すぎる
photo by Tony Fischer Photography

弁護士はやりがいがありますし、社会的イメージも良いので、なって良かったと感じることも多いですが、今の弁護士の収入があまりにも低すぎます。

仕事の内容や将来性を考えるともう弁護士は辞めたい、このまま続けるのは辛いと思ってしまいます。

まず収入に関しては、弁護士になれば軽く年収1000万円~2000万円稼げると思っている人も多いかもしれませんが、それは単なるイメージです。実際、低収入で激務をこなしている弁護士は多く、私もその中の1人に入っています。

大手弁護士事務所で働くことができれば、年収もその分多くなりますが、小さな弁護士事務所はかなり厳しいです。
人手が足りないので、常に仕事は忙しいですが、依頼者も少ないので、そこまで給料をもらうことができません

ひたすら激務が続く毎日・・・プライベートもなくもう辞めたい

最近の私のスケジュールは、朝8時に出社して、帰宅するのはだいたい夜の11時くらいです。
その間、ずっと動きっぱなしなので、体への負担が大きく、睡眠不足状態がずっと続いています。

また、基本的に土日は休みなのですが、場合によっては人と会わないといけないので、ほとんど毎日仕事をしていることが多いです。

それでも、ゴールデンウィークは依頼の数も減るので、ゆっくりと休むことはできますが、普通の職業よりは少ないと思います。

弁護士になる前にイメージしていた弁護士像と現実のギャップがあまりにもひどく、せっかく弁護士になったけどもう辞めたいと思っています。

弁護士の知識や経験を活かしつつ弁護士は辞める転職のチャンスはないか?

こんなに頑張っているのにも関わらず、収入が恐ろしく低いので、弁護士以外の職種への転職を考えています。
そこそこ今の事務所で経験を積むことができたので、他の弁護士事務所に転職しても、それなりに問題無くやっていける自信はあります。

ただ、問題は弁護士の求人は高収入の求人がそこまで多くないということで、私が希望する年収の求人があまりにも少ないことです。

もっと上手く探せばあるのかもしれませんが、なにせ今まで転職活動をしたことがなかったので、勝手が分かりません。

今使用しているのは、転職サイトとハローワークの求人サービスで、ハローワークはそろそろ使う必要がないような気がしてきたので、止める予定です。これからは、転職サイトで求人を探していこうと思っていて、どこかいい転職サイトが無いか知り合いに聞いて回っています。

転職サイトには登録するとコンピュータが自動でマッチングして案件を紹介してくれるタイプと、転職のエージェントがいて話をヒアリングして案件を紹介してくれるタイプがあるそうです。

弁護士のような専門職の場合、コンピュータのマッチングだとなかなか良い案件がない(コンピュータは弁護士がわからない?)らしく、エージェントが話をヒアリングして案件を紹介してくれるタイプのほうが圧倒的に転職の成功率が高いようです。

リクルートエージェントなどの大手転職サイトは弁護士以外の仕事でも高給で高待遇の求人もあるそうなので、弁護士を辞めて他業種への転職も視野に入れてまずは登録をしてみようと思います。

できれば、少しでも早くこんなに給料が少ない事務所から出たいと思っていますが、焦って転職したはいいもののまた同じ境遇というのも嫌なので、いろいろな業種に詳しい転職エージェントとの面談が待ち遠しいです。

「他業種に転職したい」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2013年11月15日 弁護士なのに収入が低すぎてもう辞めたい はコメントを受け付けていません。 他業種に転職したい