税理士なのに給料が安すぎる

税理士なのに給料が安すぎる
photo by Alan Cleaver

税理士になったら高級車を乗り回して、高層マンションに恋人や家族と一緒に過ごす予定でしたが、現実は全く異なりました。

勤務税理士として働いていますが、私の給料は非常に低く、年収300万円程度です。
税理士の給料が年収300万円だと聞くと冗談を言っているように感じるかもしれませんが、これは本当です。
この給料の安さに周りの友人も驚いていましたが、一番驚いているのは、本人です。

最低でも年収600万円程度はもらえると思っていましたが、実際に税理士になってみるとこれしかもらうことができません。
勤務税理士でも稼いでいる人であれば、700万円~800万円くらいの年収がありますが、そういった人はほんの一握りだというのが、実際になってから分かりました。
私と同じように年収300万円程度で働いている人は、珍しくないようで、あることがきっかけで知り合った税理士の方も私と同じような給料でした。
お互い税理士になったら儲かると思っていたタイプなので、会う度に転職をしようと話しています。

給料アップが見込めない環境

それでもいつか給料が上がることを信じて頑張ってきましたが、どうやらうちの事務所は給料アップを考えていないようなので、転職をすることにしました。
まだ、本格的な活動は始めていませんが、時間がある時に少しずつ始めようと思っています。
さすがにあれだけ苦労して税理士の資格を取得したのにも関わらず、今の給料で終わってしまうのはとても勿体無いですからね。
私には高級車を買ったり、高層マンションで優雅に暮らす夢があるので、それを叶えるためにも転職は不可欠です。

税理士の単独開業は危ない

友人から開業しないのか聞かれることが多いですが、開業しようと思ったことは一度もありません。
なぜなら、開業しても儲かる可能性が少なく、今以上に生活が厳しくなる危険があるからです。
話に聞くと開業した税理士の中には、年収200万円台という人も多いようなので、さすがにそれだとリスクが高すぎます。
だから、私の場合はどこか給料が良い事務所を探して、そこで雇ってもらう予定です。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2013年11月15日 税理士なのに給料が安すぎる はコメントを受け付けていません。 他業種に転職したい