苦労して資格を取ったのに全く稼げないのはなぜ?

苦労して資格を取ったのに全く稼げないのはなぜ?
photo by mariusz kluzniak

みなさんの中に苦労して資格を取ったのに全く稼ぐことができないという人はいませんか?
私もそういった方と同じで、頑張って頑張って資格を取得したのにも関わらず、それが給料に反映されていません。
では、どうしてこういったことが起きてしまうのでしょうか?

資格取得と給料の乖離が生まれる理由

まず、考えられるのは今の仕事と取得した資格が全くの無関係というケースです。
例えば、営業系の仕事なのに簿記などの事務系の資格を取得しても、会社から評価されないことが多いです。
それよりも営業に関係する何かしらの資格を取得した方が、給料アップに繋がるケースが多いです。
保険営業の方であれば、ファイナンシャルプランナーといった資格が良いですし、販売の仕事をしているのであれば、販売士の資格が良いでしょう。
逆に事務系の仕事なのに販売士の資格を取得しても意味がないので、簿記や秘書検定、珠算能力検定、社労士といった資格が良いでしょう。
今の仕事でプラスアルファの給料が欲しいという場合は、相性の良さそうな資格を取得しないといけません。
そのため、いくら難しい国家資格を取得したとしても、勤務している会社と無関係のものであれば、取る意味がないと思ってください。

独立開業で負債

そして、全く稼ぐことができないと嘆いている人の中には、独立したという人も多いのではないでしょうか?
弁護士や歯科医師、税理士といった資格を取得した場合、独立開業というのも選択肢のひとつになります。

独立することによって、年収が1000万円や2000万円になれば成功したといえますが、全員が全員なれる訳ではありません。
中には独立したのにも関わらず、年収200万円や300万円という人も多く、中にはあまりにも収入が少なくて生活が困難という方も珍しくありません。

必要な能力とは?

どうして、ここまで成功者と差があるのかというと、営業能力が大きく異なるからだと思われます。
営業能力が高ければ高いほど仕事を見つけることができるので年収は増えますが、能力が低いと仕事を見つけることができないので、年収が増えません。
ある意味、独立というのは専門知識よりも、営業能力があるのかないかが重要になるといえます。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2013年11月17日 苦労して資格を取ったのに全く稼げないのはなぜ? はコメントを受け付けていません。 他業種に転職したい