30代からでもWEBデザイナーを目指すことは出来るのか検証

30代はまだまだ若いと言われることもあれば、もういい年だねと言われることもあります。人によって感じ方が違う30代ですが、そんな年代からwebデザイナーを目指すことはできるのでしょうか。

30代からWEBデザイナーになるために必要な行動

まず、webデザイナーを目指すためにできることを考えましょう。

職業訓練を受けるのは助けになります。定期的に6カ月コースのものなどが開かれており、幅広くwebデザインについて学ぶことができます。XHRMLやCSSについて学んだりグループ制作の進め方なども教えてもらったりできます。

また、家で一人で、参考書などを使って勉強していると息が詰まってしまうことがあります。そんなときはセミナーや勉強会に足を運ぶようにしましょう。最近ではSNSを使って告知される集まりがあったり、情報交換をするコミュニティがあったりするので活用しましょう。

WEBデザインの実践を積んで自己アピール出来るようにする

勉強に加えて、実績を積むことも大切です。自分が通用するかどうかを心配しているよりも、とりあえず就職かアルバイトを始めて働きながら学んでいくこともとても大切です。

そのときに、ポートフォリオなどを作って面接のときにプレゼンすることができるでしょう。webのポートフォリオなどを見せると、自分の技術やセンスを言葉で説明するよりもよくわかってもらえるでしょう。

上手にアピールするコツは、就職したい会社のwebのセンスに合わせたり、その会社が多用している技術を含めたりすることです。

そして、面接の時には自分が積んできた経験やそこから学んだ教訓、そしてwebデザイナーになった後に自分がやりたいことなどを伝えるようにしましょう。

新卒者が有利な就職活動において、30代のメリットはしっかりとしたビジョンを持っていること、それが経験によって裏打ちされていることです。これらを上手にアピールできるなら、面接官の印象はよいものとなるでしょう。

いずれにしても30代からwebデザイナーを目指すには行動力が大切なことがわかります。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月4日 30代からでもWEBデザイナーを目指すことは出来るのか検証 はコメントを受け付けていません。 WEB業界への転職