WEB業界へ転職する場合に面接で聞かれやすい質問について

web業界へ転職するときに面接で必ず聞かれるのが転職理由です。

ではその質問にどのように上手に答えられるでしょうか。それ以外にもどんな質問について準備をしておいたらよいのでしょうか。

web業界で転職する時に面接で聞かれる転職理由

転職の理由は必ず尋ねられますが、これは自分について格好のアピールの場となります。
きれいごとを言っても絶対に見抜かれます。かといって、深夜までの残業がきつかったとか、給料が安かったからと消極的な本音をそのまま言ったとしても評価は上がりません。

評価が高いのは、将来のビジョンを語りながら、転職理由を説明するという方法です。

例えば、自分は将来webデザイナーとしてスマートホン用のサイトを多く手掛けていきたい、しかし前の会社は残業が多かったのでそのための勉強時間が少ししか取れなかったし、同じ業務ばかりでスキルアップができなかった、などと説明することができるかもしれません。相手に対して、退職が未来に向けての一歩だったことが伝わるように工夫しましょう。

その他に面接で聞かれる質問

なぜweb業界に入ろうと思ったのかも聞かれるでしょう。どうしてwebデザイナーやエンジニアになりたいと思ったのかを相手は知りたいと思っています。

この時に、自分がどれほど強い思いをもってこの業界を目指しているのか、またそのような希望を持ったきっかけなどのエピソードを用意しておきましょう。

さらに、実際に今しているスキルアップのための努力なども訪ねられるでしょう。どんな小さなことでもいいので、忙しい環境の中で工夫している勉強法や取り組んでいる課題について説明しましょう。

そして、自分のアピールポイントも聞かれるでしょう。どんな強みを自分が持っているのか、自分がどのように会社に貢献したいと思っているのかを話しましょう。

事前に企業についてリサーチしておき、相手がどんなスキルを求めているのかを理解したうえで、自分の長所やスキルがそのニーズに合っていることをアピールしましょう。面接をする担当者に自分がどれほどweb業界で仕事がしたいのかという熱意を具体的な言葉で伝えるように準備していきましょう。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月3日 WEB業界へ転職する場合に面接で聞かれやすい質問について はコメントを受け付けていません。 WEB業界への転職