WEB業界への転職で面接を有利にするため準備しておくとよい聞かれやすい質問について

web業界へ転職するときに面接で必ず聞かれるのが転職理由です。

ではその質問にどのように上手に答えられるでしょうか。それ以外にもどんな質問について準備をしておいたらよいのでしょうか。

web業界で転職する時に面接で聞かれる転職理由

転職の理由は必ず尋ねられますが、これは自分について格好のアピールの場となります。
きれいごとを言っても絶対に見抜かれます。かといって、深夜までの残業がきつかったとか、給料が安かったからと消極的な本音をそのまま言ったとしても評価は上がりません。

評価が高いのは、将来のビジョンを語りながら、転職理由を説明するという方法です。

例えば、自分は将来webデザイナーとしてスマートホン用のサイトを多く手掛けていきたい、しかし前の会社は残業が多かったのでそのための勉強時間が少ししか取れなかったし、同じ業務ばかりでスキルアップができなかった、などと説明することができるかもしれません。相手に対して、退職が未来に向けての一歩だったことが伝わるように工夫しましょう。

その他に面接で聞かれる質問

なぜweb業界に入ろうと思ったのかも聞かれるでしょう。どうしてwebデザイナーやエンジニアになりたいと思ったのかを相手は知りたいと思っています。

この時に、自分がどれほど強い思いをもってこの業界を目指しているのか、またそのような希望を持ったきっかけなどのエピソードを用意しておきましょう。

さらに、実際に今しているスキルアップのための努力なども訪ねられるでしょう。どんな小さなことでもいいので、忙しい環境の中で工夫している勉強法や取り組んでいる課題について説明しましょう。

そして、自分のアピールポイントも聞かれるでしょう。どんな強みを自分が持っているのか、自分がどのように会社に貢献したいと思っているのかを話しましょう。

事前に企業についてリサーチしておき、相手がどんなスキルを求めているのかを理解したうえで、自分の長所やスキルがそのニーズに合っていることをアピールしましょう。面接をする担当者に自分がどれほどweb業界で仕事がしたいのかという熱意を具体的な言葉で伝えるように準備していきましょう。

WEB業界の企業へデザイナーとして面接に行く時の服装選び

webデザイナーとして面接を受けようと思うときに迷うのが服装です。個性が求められる業界ですから、自分をアピールするような私服でいってもいいのでしょうか。

それとも、一般の面接のようにリクルートスーツを着ていった方がいいのでしょうか。いくつかのポイントを押さえて決めましょう。

会社の社風を見て服装を判断する

webデザイナーなのだから、絶対に私服でいかないとダメという声を聞くことがあります。個性をアピールできるツールである洋服を使わないのはもったいないというのです。

しかし、それは違います。面接を受ける企業によって要求されることは変わってきますし、評価されるポイントも変わってきます。

web業界と言っても、昔からある老舗大企業と最近立ち上がった会社では社員に求めることが変わってきます。

もし、相手企業がはっきり面接用のドレスコードを求めているならそれに従いましょう。そうでなければ、その企業についてリサーチし、保守的ならスーツ着用で、迷ったなら、スーツを着用し、非常に自由な雰囲気の会社で、私服でも大丈夫という確信を持てるならセンスの良い服装でいきましょう。

私服でセンスの良さをアピール

センスの良い服装というのはスーツを着ても私服でもにじみ出てきます。それは、ちょっとした色の組み合わせや、靴の選び方で相手に伝わるものです。

しかも、相手はwebデザインというセンスが求められるシビアな世界で生きている方々です。
それで、私服でなければセンスをアピールできないという考えは捨てたいと思います。

また、個性はポートフォリオや面接のときの受け答えで十分に出すことができます。私服でいくときには、隅々にまで気を配って品の良いおしゃれな感じを演出するようにしましょう。デザイナーとは作品の隅々にまで神経を張り巡らし、全体のきれいなイメージを作り出していく仕事です。

面接担当者はそういった私服を見るときに、この人には仕事のセンスがありそうだと思ってくれるかもしれません。何を着ていくかを決めるためにも相手企業について事前のリサーチをしっかり行っていきたいと思います。

WEB業界への就職時に高く評価される志望動機とは

web業界へ就職しようと思うときに、どんな志望動機を話したらいいのでしょうか。他の人に差をつけ、自分を上手にアピールしたいと思いますがどうしたら良いのでしょうか。

それは、会社が期待していることを知るということです。

Web業界は志望動機の3点セットを求めてくる

大手の企業は志望動機に3点セットを求めます。それは、今まで自分がしてきた活動内容、つまり過去について話すことです。

そして、今勉強しているスキルについてや取得した資格についてアピールすることです。これは現在について話すということです。最後に、将来のビジョンです。web業界に入った後、何を成し遂げていきたいのか、自分が最終的に目指すのはどんな仕事なのかを語ることです。

さらに、冷静な自己分析を含めることも大切です。例えば、自分はスマートフォン向けのwebデザインを手掛けるようになりたいと思って勉強してきたが、実務経験がまだ足りない、ぜひ御社でデザイン設計の仕事をすることによって経験を積んでいきたい、と言うことができるかもしれません。自己分析から決意表明につなげると好印象です。

WEB業界は猛アピールするような熱い方が採用されやすい

web業界は経営者が若く新しく面白い人材を探しているケースが多いと言えます。大企業ばかりではないのです。その場合には、上記のきっちりしたような志望動機よりも、自分を猛アピールするような熱い志望動機の方が採用される可能性が高くなります。

例えば、自分はほかの人とは全く違った発想のサイトを作ることができる、と自信をアピールし、実際の作品や企画をプレゼンテーションすることができるでしょう。

さらに、畑違いの仕事をしてきたとしても、それがいかにweb制作に役立つかをアピールすることも効果的かもしれません。

そして、学生時代や以前の仕事で獲得した賞の話をしたり、手掛けてきた企画の話などをしたりして、新しい会社でも自分が成し遂げていきたいことなどを具体的に話すなら、その熱意に担当者は動かされることでしょう。

いずれにしても相手の企業や募集内容をリサーチして、しっかりと自己アピールをしていきましょう。

WEB業界の各企業ではどんな人材が求められている?

web業界ではいつでも様々な人材を求めています。入れ替わりの激しい業界ですし、消費者が求めていることも次々に変わっていきます。

それに対応できるような人材が必要なのです。では、具体的に、どんな人材が必要とされるのか考えてみましょう。

高スキルタイプ

いわゆる即戦力になる人です。すでに実戦での経験を積んでおり、すぐに仕事を任せられる人材です。

特に、最近技術者が辞めてしまって代わりの人を探している会社や、大量の仕事を受注し、それをこなすために人が足りていない会社などで求められる人材です。こういった会社に入るなら、仕事がなくなるということはないでしょう。それだけ営業力の高い会社ということですから、これからも仕事があることが予想されます。

しかし、人が足りないというのは離職率が高い証拠と考えることもできます。なぜ、技術者が辞めてしまったのか理由がわかればこの問題を解決できるでしょう。

マネジメントタイプ

これは、専門的な知識や技術がそこまで突出していないのですが、チームをまとめたり、スケジュール管理ができたりする人材です。簡単に言うと人間力がある人です。このようなタイプも求められる人材です。

マネジメントをしていくには、会社の経営陣と、エンジニアたちと、クライアントと、いつもよいコミュニケーションをとっていかなければなりません。

コミュニケーション力が高くないと、仕事を納品してもクレームがついたり、エンジニアたちの不満がたまっていったり、経営陣からコストに見合った利益が出ていないように見えるなどの嫌味を言われたりして会社の雰囲気が悪くなります。

しかし、マネジメントがきちんとできる人が一人いると、こういった問題はなくなります。ですから、プログラミングやデザインの技術ももちろん大切ですが、自分が今までの学生生活や企業生活の中でどのようにリーダーシップを示してきたかをアピールするなら面接のときに意外と採用してみたいと思わせることができるかもしれません。自分の長所を分析してみたいと思います。

WEB業界へ就職するなら覚えておきたい特有の専門用語集

web業界への就職を目指して勉強を始めたものの、専門用語に圧倒されてしまったことがあるかもしれません。変化の激しいweb業界は次から次に新しい言葉が出てきます。プロであってもそのすべての言葉を覚え、意味を理解するのは大変なものです。

まずは基本的な専門用語について知っておきましょう。

web業界でよく使われる略語

web業界の用語には略語が多く使われています。あるフレーズのアルファベットの頭文字だけをとって読んでいるのです。

例えば、SEOという言葉があります。これは、Search Engine Optimizationの略です。何を意味するかというと、検査エンジンで何かのキーワードを調べようとした時に、検索結果の上位欄に自分のホームページが来るように工夫することを表します。逆に、検索結果にある悪質なサイトを表示させたくない時に行う作業のことを逆SEOといいます。

さらにUIという語があり、これはUser Interfaceの略となっています。これはコンピュータのホーム画面やスマートフォンのアプリの画面などを表します。ユーザーとコンピュータが最初に接する部分のことです。

WEB業界でよく使われる用語

クラウドソーシングという言葉もよく耳にします。これは、群衆を意味するクラウドに仕事を依頼することを表します。企業がある仕事を不特定多数の人にインターネットを通して依頼し、仕事のコストを下げる方法です。これは最近多く用いられている仕事のスタイルです。

リスティング広告という言葉もよく耳にします。これは、ユーザーの関心を検索結果などから分析し、興味がありそうな分野の広告を掲載するというものです。

そして、この広告はPPC広告、Pay Per Click広告とも呼ばれます。なぜなら、ユーザーがその広告をクリックして初めて報酬が発生するからです。

さらにマーケティングの分野でよく使われる用語が、インバウンドマーケティングです。これは、ユーザー自身が自分が必要とするものだけ知りたいという心理を突いた広告で、主にSNSを使って展開されていきます。そして、企業が会員を集め、本当に必要な質の高い情報を提供していくマーケティング方法です。

これらの用語を理解しておくなら、実際に仕事をするための下地を作ることができるでしょう。

「WEB業界への転職」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月3日 WEB業界への転職で面接を有利にするため準備しておくとよい聞かれやすい質問について はコメントを受け付けていません。 WEB業界への転職