WEB業界に向いている仕事ができる人の特徴と向いていない人の違い

web業界で働く人には適正があります。具体的にはどんな適正なのでしょうか。web業界が向いている人と向いていない人にはどんな特徴がありますか。

web業界に向いている人

web業界での仕事が向いている人は、他の人を驚かせたり喜ばせたりするのが好きな人です。webは物事を発信することが求められます。

そして、消費者が望んでいるような仕方で発信したり、驚かせるような仕方で発信していったりする必要があります。ですから、コミュニケーション能力も必要です。

クライアントの意図を具体的な言葉にして引き出す必要がありますし、制作チームにそのことをきちんと伝えなければなりません。

また、地道な作業を長時間続けられる根気も必要です。サイトの規模が大きくなればなるほど、緻密な作業は膨大になり、作業時間も長くなります。集中力が大いに求められます。ミリ単位で画像をリサイズしたり、ドット単位で画像を修正したりする必要があります。

これらの適正に加えて、向上心が大いに求められます。新しいことを常に求める消費者を満足させるには、安定は必要ないのです。

web業界に向いていない人

仕事や仕事内容に安定を求める人はweb業界で働くには向いていません。時代のニーズも変化しますし、会社の人も入れ替わっていきます。時には、自分自身がスキルアップをするために会社を変えなければいけない時もあるでしょう。

柔軟に、向上心を持って取り組むのが苦手な人はストレスを抱えてしまうことになります。大雑把で、楽観的な人も向いていません。web関係の仕事は繊細なもので、非常に細かな作業の積み重ねです。

プログラミングなどは一年中パソコンの画面に向かって、細かな作業を続けていく必要があります。心配性でなければ、必ずミスを犯し、それが後になって大きな問題となることがあります。小さなことにもこだわり、完全さを目指していけなければ難しい世界でしょう。

これらの適正はあくまでもweb業界で働くためのものであり、性格の良し悪しではありません。ちょっとした自己チェックのためにご参考ください。

意外と高いと噂のWEB業界の離職率とその理由とは?

離職率が高い業界というのはブラックだというイメージがあります。パワハラや過酷な労働条件に耐えられずに仕事を離れる人が多いという印象です。

ではWEB業界はどうなのでしょうか。離職率が高いという噂がありますが本当なのでしょうか。WEB業界はパワハラや過酷な労働条件の会社が多いのでしょうか?

WEB業界の離職率が高いと言われている理由

事実、web業界は離職率が高いと言えるでしょう。基本的に離職率は10パーセントを下回っていると離職率が低いということになりますが、残念ながらweb業界の離職率は10パーセントを上回っています。

では離職率が高い理由は何なのでしょうか。

いくつかあります。一つは、web業界の仕事がピラミッド型になっており、下の仕事しかさせてもらえないプログラマーやエンジニアはもっと上の仕事がしたいと不満を持ちます。しかし、上が詰まっていると仕事を変えることが多いのです。

さらに、才能が求められる業界ですから、自分の限界を感じた人たちが辞めていくこともあります。そして、より良い待遇を求めて離職する人も多くいます。こうして考えると、web業界は離職という名の転職率が高いことがわかります。

転職する理由は給与や労働時間などの待遇面

転職の大きな理由は待遇です。web業界の仕事は楽なものではありません。一日12時間労働は当たり前で、納期が迫ると18時間労働になったり、時には2日続けて仕事になったりするということもあるでしょう。

そうすると、きつい労働に対して給料や待遇が見あっていないと感じる人が増えてきます。会社と交渉しても要求がすぐに認められるわけではありません。

また、周りが特に不平を言わずに働いていると、自分だけが厳しい要求をしているかのように感じてしまうことがあります。

結果として、より給料や待遇が良い会社に転職していくのです。現在は、web業界には多くの会社が存在しています。過当競争です。仕事の単価もどんどん下がっています。

そうした中で人件費を浮かせようとする会社も多くありますので、これから待遇の良い会社を見つけるのは簡単なことではないでしょう。

しかし、満足感が得られる仕事場はきちんと探していくとまだまだあります。定着率の高い仕事場に出会うためにもいろいろなリサーチをしていきましょう。

30代からでもWEBデザイナーを目指すことは出来るのか検証

30代はまだまだ若いと言われることもあれば、もういい年だねと言われることもあります。人によって感じ方が違う30代ですが、そんな年代からwebデザイナーを目指すことはできるのでしょうか。

30代からWEBデザイナーになるために必要な行動

まず、webデザイナーを目指すためにできることを考えましょう。

職業訓練を受けるのは助けになります。定期的に6カ月コースのものなどが開かれており、幅広くwebデザインについて学ぶことができます。XHRMLやCSSについて学んだりグループ制作の進め方なども教えてもらったりできます。

また、家で一人で、参考書などを使って勉強していると息が詰まってしまうことがあります。そんなときはセミナーや勉強会に足を運ぶようにしましょう。最近ではSNSを使って告知される集まりがあったり、情報交換をするコミュニティがあったりするので活用しましょう。

WEBデザインの実践を積んで自己アピール出来るようにする

勉強に加えて、実績を積むことも大切です。自分が通用するかどうかを心配しているよりも、とりあえず就職かアルバイトを始めて働きながら学んでいくこともとても大切です。

そのときに、ポートフォリオなどを作って面接のときにプレゼンすることができるでしょう。webのポートフォリオなどを見せると、自分の技術やセンスを言葉で説明するよりもよくわかってもらえるでしょう。

上手にアピールするコツは、就職したい会社のwebのセンスに合わせたり、その会社が多用している技術を含めたりすることです。

そして、面接の時には自分が積んできた経験やそこから学んだ教訓、そしてwebデザイナーになった後に自分がやりたいことなどを伝えるようにしましょう。

新卒者が有利な就職活動において、30代のメリットはしっかりとしたビジョンを持っていること、それが経験によって裏打ちされていることです。これらを上手にアピールできるなら、面接官の印象はよいものとなるでしょう。

いずれにしても30代からwebデザイナーを目指すには行動力が大切なことがわかります。

最近話題の「ノマドワーカー」になるために覚えておきたい事とは

ノマドワーカーになりたいと思うならどんなことを覚えておいたらよいのでしょうか。ノマドワーカーと聞くと、パソコン一つでカフェで仕事をしたり、海外を旅しながら好きなところで仕事をしたりしているイメージがあるでしょう。

自由を謳歌し人生を楽しんでいる感じがします。そんなライフスタイルを実現するにはちょっとしたポイントを覚えておく必要があります。

ノマドワーカーになるための準備

ノマドワーカーというと最近のはやりの言葉のようでかっこいいですが、実際には自営業です。もしくは、フリーランスです。ですから、仕事が軌道に乗るまでの資金が必要になります。

そのためには、最低でも一年分くらいの貯蓄が必要となるでしょう。切羽詰まった状態では、余裕をもってカフェなどで仕事はできないですし、焦るとよいアイデアもわいてきません。

そして、一つ突出したスキルを持っておく必要があります。できればwebで仕事ができるスキルがよいでしょう。プログラマーやエンジニアなどもwebだけで仕事ができますし、コピーライターやイラストレーターもwebで仕事ができます。

打ち合わせはskypeなどのインターネット通話を使ってできますし、仕事の受注などもメールを使えば行えるでしょう。

ノマドワーカーになるには営業活動も必要

スキルを一つ持つことに加えて、仕事が軌道に乗るような努力が必要です。それは営業活動です。人脈を広げるためにセミナーやイベントに参加するのも良いでしょう。

前の会社の友人や学生時代の同級生とたまに飲みに行ったりして、ちょっとしたことから仕事が舞い込んでくることがあります。

または、ブログなどを少しずつ書いて行って、自分の作品をアピールしたり、自分のアイデアを多くの人に知ってもらったりもできるでしょう。最近では、SNSを使って、コミュニティを作り、そこからお互いに仕事のやり取りをしたりしているノマドワーカーの方たちもいます。

ビジネスにつながるような接点を作り出していくことに努力を最初の期間は費やしていくなら、徐々にノマドワーカーとしての生活が軌道に乗ってくるでしょう。

「WEB業界への転職」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月3日 WEB業界に向いている仕事ができる人の特徴と向いていない人の違い はコメントを受け付けていません。 WEB業界への転職