WEB業界のエンジニアに求められるプログラミング言語の傾向

次々と出てくるプログラミング言語ですが、最近のweb業界のエンジニアに求められるプログラミング言語の傾向はどのようなものなのでしょうか。

最初に学び始めるプログラミングの言語には何がいいかというのは色々な意見があります。勉強の流れを決めるためにも最近の傾向を知っておきましょう。

基本のプログラミング言語

最近よく用いられているプログラミングの言語をも見るとやはり、基本の言語が上位に入っています。それで、まずは基本的な部分から学んでいくことができるでしょう。

例えば、Javaです。Javaは世界で一番使われている言語といっても過言ではありません。PC用のアプリケーションやwebの様々なアプリケーションにまで使用範囲が広いことが人気の理由です。

基本の文法はC言語を使っていますので、C言語も合わせて勉強することができるでしょう。
共通する部分も多いので効率的に学べると思います。

流行の言語も覚えておこう

最近よく使われているプログラミング言語はSwiftです。これはiOSのための言語となっており、最新のプログラミング言語がふんだんに取り入れられています。

iPhoneやiPadのためのアプリ開発にも大いに生かすことができますので、アプリ方面での仕事を求めている方は勉強することをお勧めします。この言語の残念な点はアップルのものにしか使えないということです。

また、Rubyも最近は重宝されている言語です。日本人によって開発された言語となっており、比較的シンプルな言語となっています。もともとの開発目的が楽しみながらプログラミングをすることだったようですので、趣味でプログラムを書く人からプロまでが使うことができるような作りとなっています。親しみやすい言語と言えるでしょう。

Pythonもよく利用されています。この言語はC言語などに比べて、少ないコードの行数で色々なプログラムを表現できるようになっています。ただ用途が限られる言語でもありますので、どんな仕事をしたいかによって勉強するかどうかを決めましょう。

これらの傾向を踏まえて勉強の効果的な計画を立てていきましょう。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月4日 WEB業界のエンジニアに求められるプログラミング言語の傾向 はコメントを受け付けていません。 WEB業界への転職