WEBデザイナーの一般的な労働時間についてご紹介

webデザイナーとして仕事をしてみたいと思いますが、いったいどれくらいの労働時間なのでしょうか。イメージとしてはパソコンに一日中向かっており、残業など当たり前といったものがあるかもしれません。

では、webデザイナーの一般的な労働時間をご紹介します。

一般的な社会人の労働時間

基本的にwebデザイナーの仕事は残業がつきものです。基本的な仕事の時間はほかの業務と同じ9時から18時というものです。しかし、新人は8時から出社して他の人の仕事の準備などをしたりする必要があります。

さらに、18時で仕事が終わるということはなく、そこから基本的には20時や21時ごろまで仕事をするのが普通です。それで大体の職場が12時間くらいの労働時間であると考えることができるでしょう。

そして、残業代が出る職場はあまりないでしょう。案件ごとの報酬となるwebデザイナーの仕事なのでこの部分は仕方がないのかもしれません。

WEBデザイナーの労働時間は会社によって違う

しかし、webデザイナーの労働時間は職場によってかなり左右されます。上記の情報は一般的なもので、仕事場によってはもっと規則正しいところもありますし、さらに多くの労働時間が求められるところもあります。

さらに、会社の規模が大きければ、管理もきちんとされているので規則正しくなりますし、規模が小さいと全員で納期直前まで働きまくるということになるでしょう。会社の大きさや抱えている案件によって労働時間はかなり変わってきます。

そして、webデザインの仕事で大切なのが仕事の全体をコーディネートするディレクターです。ディレクターの腕がよく、仕事や人の割り振りが上手にできていると、何時間も残業をする必要がなくなります。

また、クライアントとの打ち合わせを重視している会社も残業が少ないと言えます。戻り仕事が少ないからです。打ち合わせがきちんとされていないと、納品した後に不備が発見され、余分な仕事が増えてしまいます。

職場によって大きく変わるwebデザイナーの労働時間ですので、事前に十分その会社に関する情報を集めておきましょう。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月4日 WEBデザイナーの一般的な労働時間についてご紹介 はコメントを受け付けていません。 WEB業界への転職