WEB業界へ就職するなら覚えておきたい特有の専門用語集

web業界への就職を目指して勉強を始めたものの、専門用語に圧倒されてしまったことがあるかもしれません。変化の激しいweb業界は次から次に新しい言葉が出てきます。プロであってもそのすべての言葉を覚え、意味を理解するのは大変なものです。

まずは基本的な専門用語について知っておきましょう。

web業界でよく使われる略語

web業界の用語には略語が多く使われています。あるフレーズのアルファベットの頭文字だけをとって読んでいるのです。

例えば、SEOという言葉があります。これは、Search Engine Optimizationの略です。何を意味するかというと、検査エンジンで何かのキーワードを調べようとした時に、検索結果の上位欄に自分のホームページが来るように工夫することを表します。逆に、検索結果にある悪質なサイトを表示させたくない時に行う作業のことを逆SEOといいます。

さらにUIという語があり、これはUser Interfaceの略となっています。これはコンピュータのホーム画面やスマートフォンのアプリの画面などを表します。ユーザーとコンピュータが最初に接する部分のことです。

WEB業界でよく使われる用語

クラウドソーシングという言葉もよく耳にします。これは、群衆を意味するクラウドに仕事を依頼することを表します。企業がある仕事を不特定多数の人にインターネットを通して依頼し、仕事のコストを下げる方法です。これは最近多く用いられている仕事のスタイルです。

リスティング広告という言葉もよく耳にします。これは、ユーザーの関心を検索結果などから分析し、興味がありそうな分野の広告を掲載するというものです。

そして、この広告はPPC広告、Pay Per Click広告とも呼ばれます。なぜなら、ユーザーがその広告をクリックして初めて報酬が発生するからです。

さらにマーケティングの分野でよく使われる用語が、インバウンドマーケティングです。これは、ユーザー自身が自分が必要とするものだけ知りたいという心理を突いた広告で、主にSNSを使って展開されていきます。そして、企業が会員を集め、本当に必要な質の高い情報を提供していくマーケティング方法です。

これらの用語を理解しておくなら、実際に仕事をするための下地を作ることができるでしょう。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月3日 WEB業界へ就職するなら覚えておきたい特有の専門用語集 はコメントを受け付けていません。 WEB業界への転職