WEB業界で働くのに必要な資格やスキルは未経験でも身につく!

web業界で働くためにはいくつかの資格を持っておくとよいです。就職の時に自分をアピールする材料にもなりますし、スキルをアップさせるのにも役立つことでしょう。

しかし、資格の数はかなりあります。いったいどれを受けたらよいのかわからなくなるかもしれません。本当に役立つ資格をお勧めします。

WEB技術関係の資格

例えばweb関係では国が初めて設けた資格がwebデザイン技能検定です。これはwebデザインをしていくうえで必要な資格を国際標準規格に基づいて作られました。

1級から3級まであり、1級などはかなり実務を積んだ人でないと受からないような難しさです。
まずは3級あたりから受けてみるのも良いでしょう。ホームページの制作や、システム構築、そしてセキュリティ対策などについて知識を得るのによい勉強になるでしょう。

さらに、webデザイナー検定もお勧めです。この検定の問題は実践を踏まえて準備されています。実際に現場で使われている技術なども多く含まれていますので、就職の際にも即戦力になることをアピールできるでしょう。

その他のWEBに関わる資格

Photoshopを利用する仕事を希望しているなら、Photoshopクリエイター能力認定試験を受けておきましょう。これには1級から3級まであり、知識試験と実技試験の二つが含まれています。web業界では、色に関する判断を下さなければならない時や、色彩の選び方にセンスが求められる時が多くあります。

そんなときに役立つのが、色彩検定です。これは文科省認定の試験になっており、1級から3級まであります。ホームページなどを作っていく時も、色を一つ一つ選んで行く必要がありますし、その組み合わせ方には理論が必要です。なぜその色を選んだかクライアントに説明するプレゼンテーション能力を高めるためにも役立つ資格です。

web業界ではいろいろな人材を必要としています。ここでお勧めしたような資格を身に着けているなら、他の人とは違う部分で自分を表現したり、自信を持って面接を受けたりする助けとなるでしょう。

WEB業界で働くなら身につけたいスキル

web業界に就職したり転職したりするためにはどんなスキルを持っておくとよいのでしょうか。周りにそういった業界で働いている人がいないと全く分からないかもしれません。では、それぞれの職種によってどんなスキルが求められるのか見てみましょう。

WEB業界の総合職に就職するならとっておきたいスキル

web業界にはいろいろな仕事が存在しています。まずは総合職です。WEBプロデューサーやディレクターと呼ばれます。

WEBプロデューサーやディレクターは一つの企画の立ち上げから監修などをすべて行っていく仕事です。

この仕事は営業のスキルも必要ですし、クライアントと打ち合わせをして相手の要求を汲み出すスキルや、制作チームをまとめていくリーダーシップが必要です。さらには、営業を効率的に行う発想力も必要です。

例えば、クライアントが興味を持つようなブログやSNSを立ち上げ、積極的に情報を発信して仕事の依頼が来やすくするのです。

ですから、ビジネスモデルの開発やコンサルティングの技術、そして基本的な部分でPowerPointやExcelなどのスキルがあるとよいでしょう。そして、幅広いweb関連の知識が必要です。

WEBデザイナーやコーダーに必要なスキル

プロデューサーやディレクターの下で働くのは職人的な人たちです。例えば、webデザイナーです。大きな会社によっては多くのwebデザイナーを抱えていますので、デザインだけに集中できるデザイナーもいれば、ディレクター的な仕事をしていかなければいけないデザイナーもいます。

いずれにしても、IllustoratorやPhotoshopなどを使えるスキルが必要ですし、HTMLやCSSなどのコーディングができるとよいでしょう。さらには、スマートフォン全盛の時代ですので、スマートフォンサイトを作るためのコーディングも知っておくとよいでしょう。

WEBプログラマーに必要なスキル

webプログラマーはサーバーを構築する知識や、サーバーを動かすプログラム言語が扱えると重宝されます。PerlやPHP、JavascriptやCGI、Rubyなどを使えると仕事がしやすくなります。

これ以外にもフロントエンジニアやネットワークエンジニアなどさらに分業化されているのがweb業界です。自分がどんな仕事をやりたいのかをはっきりさせ、必要なスキルの基本を身に着けていきましょう。

未経験からでも始められるWEB業界でのアルバイトについて

未経験なのにweb業界に足を踏み入れるのはなかなか難しいと感じるかもしれません。それで、少しでも経験を積むためにアルバイトから始めるのはどうかと考えるかもしれません。

では、どんなアルバイトが良いのでしょうか。実際にはどんな仕事をしますか。

アルバイトとしてのWEB業界の仕事

未経験で応募できる求人はほとんどがアシスタント業務です。webデザイナーのアシスタント役となります。

具体的な作業は、サイトのこまごまとした更新作業から簡単なバナーづくりがあるでしょう。

そして、サイトのデザインやコーディングなどを次第に任されていくようになるでしょう。これらの仕事を着実にこなしていくためにも、事前の準備として、最低限のHTMLやCSSがわかるようにしておくとよいでしょう。

さらに、簡単なものでもいいですので、参考書などを見ながら自分なりのサイトを一つ作ってみるようにもしましょう。未経験の募集でも、そういった準備をしているか否かで面接官の反応は大きく変わってきます。

派遣会社を利用してWEB業界のアルバイトを探す

未経験からでも始められるアルバイトを探す時に派遣会社を利用することもできるでしょう。web業界に強い派遣会社というのはいくつもあります。そこに登録して、いくつかの会社を紹介してもらうことができるでしょう。

派遣会社を利用することのメリットは仕事場の環境やそれに合ったスキルなどについて詳しい説明を事前に聞くことができるということです。入ってみて想像と違ったということが起きにくく、失敗が少なくなります。

さらに、面接のときに派遣会社の担当者も一緒に来てくれるところもあり、色々なフォローをしてくれます。これは心強いですね。

そして、いざ働き始めたら仕事の悩みは職場環境での心配事などを派遣会社に相談することがあります。場合によっては職場の上司に担当者が掛け合ってくれることもあるのでアルバイトの仕事に打ち込むことができるでしょう。

未経験者でも始められる仕事はいくつもありますので、上記のアドバイスを当てはめながら自分に合った仕事を探していきたいと思います。

今からWEBデザインを身につけるなら何を始めるべきか

未経験だけどwebデザインの仕事をしてみたいと思われますか。そのためには何から勉強したらよいのでしょうか。

巷には参考書やイベントなどがたくさんありますが、選択肢が多すぎると何から手を付けたらいいのかわからなくなるものです。お勧めの勉強法をお伝えします。

もし独学でWEBデザインを学ぶなら

もし、家でコツコツと自分で学んでいきたいと思うならどうしたら良いでしょうか。webデザインで使うIllustrator やPhotoshop、そしてHTMLやCSSなどを解説している参考書などを手引きに勉強しましょう。

特に、ゼロから一つのサイトを作っていく方法を順を追って解説しているものを探しましょう。辞書のような参考書を買っても最初のうちはあまり実用的ではありません。参考書を見ながらサイトを作っていくことができ、それと同時にプログラム言語なども覚えていける本を使いたいと思います。

そして、webデザインで大切なのが基本のルールを覚えることです。デザインはセンスですが、基本のデザインルールの上にそれぞれの個性を出すようになっています。まずは余白の使い方や動線の設計の仕方などのルールを学びましょう。

スクールでWEBデザインを学ぶ

独学ではなくスクールで学ぶことを選ぶ人もたくさんいます。他の人と一緒の方が効率的に学べると考えるからです。スクールで学ぶメリットはそれだけではありません。独学よりも短時間で最新のスキルを学ぶことができます。

大抵の場合講師の幾人かはプロのwebデザイナーです。今、必要とされているスキルや現場ですぐに使える技術などをしっかり教えてくれます。

無視できないスクールのメリットは人脈作りです。就職の時にもこの人脈は役立ちますし、何よりもフリーで仕事をしたいと思っているなら絶対に欠かすことができない要素です。

そして、スクールのほとんどは就職支援をしてくれます。その学校独自の情報を持っていたり、受講生だけがアクセスできる求人サイトが設けられていたりします。自分に合った勉強法を探して、webデザインを身に着けていきましょう。

WEBデザイナー達が使用している基本ソフト

web制作をするうえでいくつかのソフトは絶対にそろえておかなければなりません。実際に現場で働いているwebデザイナーたちはどんなソフトを使って作業をしているのでしょうか。

これを知ると、事前にいくつかのソフトを購入して勉強することができますし、どんな分野でさらにスキルアップしなければいけないかもわかるでしょう。

webデザインで特に必要なソフトはIllustratorとPhotoshop

まずは基本的なところで、AdobeのIllustratorとPhotoshopでしょう。

Illustratorはその名の通りイラストやロゴなどを制作するのに役立つソフトです。このソフトは拡大してもかくかくに表示されないなめらかな描画をすることができるので非常に使い勝手のいいソフトです。ベクトル画像を作ることができるのです。

そして、Photoshopは写真加工ができるソフトです。写真をドット単位で修正したり、jpgやgifなどのファイル形式にきれいに出力できたりします。

さらに、Adobe Fireworksも重宝されるソフトです。web用の画像を作ることに特に重きを置いたソフトであり、上記の二つのソフトよりシンプルな作りとなっています。その分処理速度が速く、先の二つのソフトの仕事をこれ一つでこなせてしまうこともあります。

フラッシュ動画やアニメーションはAnimate

アニメーションを作ったり動画を作ったりすることはwebデザイナーに時折求められる作業です。そんなときに役立つのがAdobe Animateです。以前はFlash Professionalという名前のソフトでした。

Pcがネットをするために用いられるメインのツールだったときにはFlashがよくつかわれましたが、最近はスマートフォンがメインのツールとなってきています。そうするとFlashではなく、HTML5やWebGLなどの形式が使われるようになってきました。このソフトはこれらのリッチコンテンツを制作しやすいものになっています。

HTMLコーディングはDreamweaver

コーディングによく使われるのはAdobe Dreamweaverです。HTMLやCSSなどのコーディング作業を素早くこなしていくために便利な機能が豊富についています。CSSの入力補助機能などもwebデザイナーには重宝されているものです。

このうちのいくつかのソフトに親しんでおくなら、即戦力として仕事を始めることができるかもしれません。

WEB業界で働くためのスキルが身につくイベントやセミナーの探し方

web業界で働くためにはスキルをどうしても伸ばしていく必要があります。そんなときにプロの方たちから実践的なアドバイスがもらえるセミナーやイベントは大きな助けになります。

では、それらのイベントやセミナーをどう探していけるのでしょうか。

サイトを活用してイベントやセミナーを探す

役立つイベントやセミナーの情報を検索できるサイトがいくつもあります。

例えば、あるサイトはプログラマーやエンジニア向けのサービスで、最新のプログラム言語のswiftなどを扱っていたりします。プロの方たちなども参加していますので、知り合いを作ったり、役立つ提案をもらったりと人脈作りもできるでしょう。

さらに、単発のイベントではなくて継続的に開催されているものもあります。そういったものの方が系統だって勉強ができますし、顔見知りを作りやすいでしょう。そういったセミナーを特に掲載しているサイトもあります。ぜひ積極的にwebサービスを活用しましょう。

WEB業界に強い派遣会社のセミナーを利用する

web業界に強い派遣会社はいくつもあります。そういった派遣会社は自分の会社に登録している人たちがスキルアップをしていけるようにセミナーを開催しています。

また、有料の外部セミナーやイベントに割引価格で参加できるようにサポートしてくれます。そういったセミナーでは、PhotoshopやIllustrator、またはDreamweaverなどのソフトについての研修があったり、プロとして活躍している人たちの話が聞けたりします。

あるセミナーは10日間の集中講座だったりもするので、一人で勉強するよりも効果的と言えるでしょう。

コワーキングスペースを使ってみる

さらに、派遣会社ではないですが、コワーキングスペースを使って仕事をしてみるのもいいでしょう。

コワーキングスペースにはweb業界の人が多いので、周りで働いている人と知り合いになり、ためになりそうなイベントやセミナーの情報を教えてもらえるかもしれません。また就職に役立つ人脈も作っていくことができるでしょう。

イベントやセミナーはweb業界に入る前にも入った後にも参加するメリットがあるものですので、積極的に活用していきましょう。

WEB業界のエンジニアに求められるプログラミング言語の傾向

次々と出てくるプログラミング言語ですが、最近のweb業界のエンジニアに求められるプログラミング言語の傾向はどのようなものなのでしょうか。

最初に学び始めるプログラミングの言語には何がいいかというのは色々な意見があります。勉強の流れを決めるためにも最近の傾向を知っておきましょう。

基本のプログラミング言語

最近よく用いられているプログラミングの言語をも見るとやはり、基本の言語が上位に入っています。それで、まずは基本的な部分から学んでいくことができるでしょう。

例えば、Javaです。Javaは世界で一番使われている言語といっても過言ではありません。PC用のアプリケーションやwebの様々なアプリケーションにまで使用範囲が広いことが人気の理由です。

基本の文法はC言語を使っていますので、C言語も合わせて勉強することができるでしょう。
共通する部分も多いので効率的に学べると思います。

流行の言語も覚えておこう

最近よく使われているプログラミング言語はSwiftです。これはiOSのための言語となっており、最新のプログラミング言語がふんだんに取り入れられています。

iPhoneやiPadのためのアプリ開発にも大いに生かすことができますので、アプリ方面での仕事を求めている方は勉強することをお勧めします。この言語の残念な点はアップルのものにしか使えないということです。

また、Rubyも最近は重宝されている言語です。日本人によって開発された言語となっており、比較的シンプルな言語となっています。もともとの開発目的が楽しみながらプログラミングをすることだったようですので、趣味でプログラムを書く人からプロまでが使うことができるような作りとなっています。親しみやすい言語と言えるでしょう。

Pythonもよく利用されています。この言語はC言語などに比べて、少ないコードの行数で色々なプログラムを表現できるようになっています。ただ用途が限られる言語でもありますので、どんな仕事をしたいかによって勉強するかどうかを決めましょう。

これらの傾向を踏まえて勉強の効果的な計画を立てていきましょう。

「WEB業界への転職」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月5日 WEB業界で働くのに必要な資格やスキルは未経験でも身につく! はコメントを受け付けていません。 WEB業界への転職