WEB業界に就職・転職するならとっておきたいスキルについて

web業界に就職したり転職したりするためにはどんなスキルを持っておくとよいのでしょうか。周りにそういった業界で働いている人がいないと全く分からないかもしれません。では、それぞれの職種によってどんなスキルが求められるのか見てみましょう。

WEB業界の総合職に就職するならとっておきたいスキル

web業界にはいろいろな仕事が存在しています。まずは総合職です。これは一つの企画の立ち上げから監修などをすべて行っていく仕事です。プロデューサーと呼ばれます。

この仕事は営業のスキルも必要ですし、クライアントと打ち合わせをして相手の要求を汲み出すスキルや、制作チームをまとめていくリーダーシップが必要です。さらには、営業を効率的に行う発想力も必要です。

例えば、クライアントが興味を持つようなブログやSNSを立ち上げ、積極的に情報を発信して仕事の依頼が来やすくするのです。

ですから、ビジネスモデルの開発やコンサルティングの技術、そして基本的な部分でPowerPointやExcelなどのスキルがあるとよいでしょう。そして、幅広いweb関連の知識が必要です。

分業する人たちに必要なスキル

プロデューサーやディレクターの下で働くのは職人的な人たちです。例えば、webデザイナーです。大きな会社によっては多くのwebデザイナーを抱えていますので、デザインだけに集中できるデザイナーもいれば、ディレクター的な仕事をしていかなければいけないデザイナーもいます。

いずれにしても、IllustoratorやPhotoshopなどを使えるスキルが必要ですし、HTMLやCSSなどのコーディングができるとよいでしょう。さらには、スマートホン全盛の時代ですので、スマートフォンサイトを作るためのコーディングも知っておくとよいでしょう。

webプログラマーはサーバーを構築する知識や、サーバーを動かすプログラム言語が扱えると重宝されます。PerlやPHP、またRubyなどを使えると仕事がしやすくなります。

これ以外にもフロントエンジニアやネットワークエンジニアなどさらに分業化されているのがweb業界です。自分がどんな仕事をやりたいのかをはっきりさせ、必要なスキルの基本を身に着けていきましょう。

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月4日 WEB業界に就職・転職するならとっておきたいスキルについて はコメントを受け付けていません。 WEB業界への転職