業界のWEBデザイナー達が使用している基本ソフトとは

web制作をするうえでいくつかのソフトは絶対にそろえておかなければなりません。実際に現場で働いているwebデザイナーたちはどんなソフトを使って作業をしているのでしょうか。

これを知ると、事前にいくつかのソフトを購入して勉強することができますし、どんな分野でさらにスキルアップしなければいけないかもわかるでしょう。

webデザインで特に必要なソフト

まずは基本的なところで、Adobe IllustratorとAdobe Photoshopでしょう。

Illustratorはその名の通りイラストやロゴなどを制作するのに役立つソフトです。このソフトは拡大してもかくかくに表示されないなめらかな描画をすることができるので非常に使い勝手のいいソフトです。ベクトル画像を作ることができるのです。

そして、Photoshopは写真加工ができるソフトです。写真をドット単位で修正したり、jpgやgifなどのファイル形式にきれいに出力できたりします。

さらに、Adobe Fireworksも重宝されるソフトです。web用の画像を作ることに特に重きを置いたソフトであり、上記の二つのソフトよりシンプルな作りとなっています。その分処理速度が速く、先の二つのソフトの仕事をこれ一つでこなせてしまうこともあります。

動画やコーディングに必要なソフト

アニメーションを作ったり動画を作ったりすることはwebデザイナーに時折求められる作業です。そんなときに役立つのがAdobe Animateです。以前はFlash Professionalという名前のソフトでした。

Pcがネットをするために用いられるメインのツールだったときにはFlashがよくつかわれましたが、最近はスマートホンがメインのツールとなってきています。そうするとFlashではなく、HTML5やWebGLなどの形式が使われるようになってきました。このソフトはこれらのリッチコンテンツを制作しやすいものになっています。

コーディングによく使われるのはAdobe Dreamweaverです。HTMLやCSSなどのコーディング作業を素早くこなしていくために便利な機能が豊富についています。CSSの入力補助機能などもwebデザイナーには重宝されているものです。

このうちのいくつかのソフトに親しんでおくなら、即戦力として仕事を始めることができるかもしれません。

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月5日 業界のWEBデザイナー達が使用している基本ソフトとは はコメントを受け付けていません。 WEB業界への転職