WEB業界で働いた場合の気になる年収や待遇について

web業界の年収や待遇は気になるものです。インターネット全盛の時代ですので、需要は常にある業態の年収はかなり多いと予想されるかもしれません。

実際の所の懐、事情はどのようなものなのでしょうか。

WE業界の平均年収

日本のwebデザイナーの平均的な年収は330万円です。簡単に12で割ると毎月27万5千円が給料となり、そこにボーナスが加わっていきます。これを高いとみるか低いとみるかは人によって変わってくることでしょう。

しかしクリエイティブなほかの仕事と比べると、webデザイナーの年収は比較的高めです。例えば、グラフィックデザイナーの年収は328万円だったり、DTPオペレーターの年収は325万円ほどだったりします。こうして考えるとwebデザイナーの給料というのはよい方だということがわかります。

しかし、web業界の給料は経験値をアップさせスキルアップすればするほど上がっていきます。さらに就職する会社によっても変わってきますし、フリーで働くかどうかによっても左右されます。

大手企業に努めた時の年収

では、大手企業に勤めた時の年収はどのようなものでしょうか。例えば、あるIT企業では年収が665万円でした。かなり上がっていることがわかります。しかし、この会社は給料が年俸制となっていますので、実力重視であることがわかります。

そして高待遇です。家賃補助が2万円あったり、勤める年数が長くなると5万円も支給されたりするようです。さらに、会社の業績に応じて時折ボーナスが支給されます。大手の企業は待遇がとてもいいと言えるでしょう。

老舗の企業となると年収は太っ腹で700万円前後の所もあります。待遇は社員寮に住むことができたり、福利厚生がしっかりしていたりするのが魅力です。しかし、これらの企業に就職するには、webに関する実力の高さが必要だったり、相手に印象を与えるような学歴が必要だったりします。

web業界では転職もよく行われていますので、まずは働きやすい中規模な会社から始めることができるかもしれません。

シェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
2016年4月5日 WEB業界で働いた場合の気になる年収や待遇について はコメントを受け付けていません。 WEB業界への転職