今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない

もうこんな会社嫌だ今の会社が嫌だ、このままいても自分の人生にとってプラスにはならない。とはいっても・・・

辞めたくても生活に困るので辞められない。
だから嫌だけど今の会社に勤め続けるしかない。

そんな方は非常に多いと思います。 たしかに「嫌だったら辞めてしまえばいい」と言うのは、言うのは簡単ですが、会社によっては辞めさせてくれなかったり、今後の生活のことを考えるとなかなかそう簡単に仕事を辞めるわけはいかない方のほうが多いでしょう。

でも、今の会社を辞めたら”その後の生活が良くなる”ことが決まっていたらどうでしょうか?

働きやすい理想の職場を見つけられた人と見つけられない人の違い

職場を変えて仕事が嫌でなくなったり、生活がすごく楽になったという人は実はけっこういます。給料が上がったり、職場環境がよくなったり、興味のある分野の仕事ができてやりがいを感じられたりして、仕事が楽しくなった人、生活が楽になった人は確かに存在します。

現状を変えられないままの人と、良いほうに変えることができた人・・・
その違いは何でしょうか?

現状を変えられない人は、みんな嫌だ嫌だと言いながらそれを改善するための行動を何も起こそうとしません。いえ、行動を起こそうとしないというよりは、行動を起こそうという気はあるけど「どうしたらいいかわからないから動けない」というのが本音でしょう。

「転職するって言ってもそう簡単に転職先なんて見つからないし。
そもそもどうせ同じような会社しかないだろうし。」

ちょっと待ってみましょう。
転職先を”ちゃんと”探してみましたか?

募集情報をちょっと見てみただけだったり、ハローワークにいる転職先が見つからない人たちの話を聞いて「今は転職も難しいんだな」なんて思ってませんか?

転職サイトに登録してざっと案件を眺めただけだったり、適当に項目を記入して検索したり企業からのスカウトメールを待ってたりしませんか?

もしそうなら、一度「転職サイト」を”正しい使い方で”試してみて下さい。

転職サイトには「お金を払ってでも人材を捜している企業」が集まっています。そして、転職サイトのエージェント達はそういった人材を求めている企業と転職したい人をつなぐということを「仕事」として毎日毎日行っています。

情報量の圧倒的な違いを味方につける

転職サイトのエージェント達は「こんな企業が求人を募集している」という情報もたくさん持っているし、新しい情報もいち早く入ってきます。

転職したい人の相談に乗っているので転職したい人の気持ちもわかるし、何の知識もなく転職しようとしている人が転職でよく失敗するケースや、転職でうまくいった人がやっていたことなどの経験も豊富です。

彼らに「今の会社はどんなところが嫌だったから、今度はどんな企業に勤めたい」という要望を伝えれば、それに合った企業を紹介してくれます。

彼ら転職エージェントの情報量は半端ないですよ。それが仕事ですからね。求人を募集する企業に実際に訪問し、担当者と実際に会って話をしているうえに、その転職サイト経由で過去に転職した人がいればその企業の内情もわかっています。

そんな人が相談に乗ってくれて、いい求人案件があれば紹介してくれる。履歴書の書き方や面接のアドバイスなどもしてくれる。しかもそれが無料で利用できるというので、もう自分で転職先を探すのが馬鹿らしくなってしまうほどです。

「じゃあなんでみんな転職サイト使わないの?」

転職サイトを使うのがこれだけ有利だとしても、そのことを知らない人がほとんどです。どれだけ有利なのかがわからなければ、

「ウェブ履歴書とか面倒くさいな」
「就職先の面接の前に転職サイトでも面接があるのかよ。面倒くさい」

と思ってしまい、使わない人も多いようです。しかし、転職エージェントがどれだけ役に立つかがわかっていて一度使った人なら、もし次に転職をするときは絶対に転職エージェントに頼ることでしょう。

友人などが実際に正しく使って転職を成功させて勧められたなら、あなたも面倒くさがらずに企業に応募する「本番」のつもりでしっかりと考えて登録するのではないでしょうか?

彼らに印象の良い書き方を相談しながら作ることもできるし、「卒業年度何年だったかな?」なんていう面倒な部分は生年月日を言えばぱっと答えてくれるので助かりますよ。ネットで調べるのもありですね(参考:卒業年度計算)。

「転職サイトを使ったけど良くなかったって話も聞くけど?」

これに関しては、エージェントの使い方が重要です。

あなたの希望条件(絶対に譲れない条件と、譲歩できるけどできればほしいという条件)や経歴・アピールポイントなどをしっかりと伝えることができないと、相手もあなたの希望条件に会った求人案件を探せません。

あなたがエージェントの立場だったら?と考えるとわかると思いますが

「とりあえず年収上げたいんだよねー。どこかいいところない?
履歴書?ああ、いいところがあったら後から書くよ」

「経験も知識も全くないけど面白そうだからやってみたいんです。
でも年収は最初から700万は欲しいです」

こんなこと言われても無理ですよね。
でも・・・

「自分は今までこういう仕事をしてきて、こういうスキルとこういう経験があります。今はこういう会社に勤めていてこんなところが不満だから少しでも早くの転職を考えています。新しい転職先では○○という条件は譲れないけど、△△の部分はある程度妥協してもかまいません」

と言われたらどうでしょうか?
「どんな案件を紹介すればいいか」が明確なので希望にあった案件も探せるし紹介もしやすいですよね。

条件もしっかり伝えず、履歴書もまともに作らないで「登録したんだからいいところを紹介してもらおう」なんて、それではプロの力を借りても良い転職は難しいですよ。

だから自分の希望条件などをしっかりと明確にする。履歴書もしっかり作り込む。そこまでやってそれをエージェントに伝えてはじめてプロの力を最大限に活用できるんです。

そうすればいい転職先なんてけっこうすぐに見つかります。

もちろん、担当者によって実力が違うので、転職エージェントと会ったけど新人をあてがわれて「使えない・・・」という嫌な思いをした人もいるでしょう。だからできればいくつか(2つ~3つ)の転職サイトを利用することをおすすめします。

また、しっかりと内容を考えて履歴書や職務経歴書などを作ったなら、1社だけ登録するよりも履歴書の文章などは使い回して2~3社の転職サイトに登録したほうが情報量も増えるし、探してくれる人が2人・3人と増えるので効率的ですよね。いい求人案件もその分早く見つかるでしょう。

希望の転職先がすぐに見つからない場合

希望の転職先が今すぐにはない場合はよくあります。むしろそれが普通です。求人情報は水ものですから、良い求人案件はすぐ決まってしまうものです。いくらエージェントが優秀でも、今そのときにあなたの希望条件にぴったり合う案件がなければ紹介はできません。

だからこそ転職エージェントが必要なんです。

エージェントにしっかりと希望を伝えておけば、いい求人情報が入ったときにいち早く教えてもらうことができます。普段から自分で求人情報を探し続けなくても、彼らの情報網でどんどん入ってくる最新の求人案件の中からあなたの希望条件に合った求人案件を紹介してくれるので、あなたは彼らからの連絡を待っていればいいんです。

だから、今すぐ転職しなくても登録しておくだけでも有利なんです。
彼らの情報網をちゃんと活用できている人は

「えっ?こんないい条件の求人があるの!?」

という案件をいち早く紹介してもらえます。
(こういう好条件案件はだいたい一般に出てくる前に決まってしまいます)

そもそも転職なんて考えていない人でも、ちょっと話を聞いてみると

「え?今の会社ってこんなに条件悪かったの?」
「こんなに労働条件がいい会社があるんだ」
「同じ条件なのに給料めっちゃ上がるじゃん!」
「うちの業種でもボーナスも残業代もちゃんと出るんだ」

なんていうちゃんとした会社はたくさんありますよ。

いい求人案件を紹介してもらうためにあなたがすること

あなたがすることは「仕組み」をしっかりと作る事。自分の希望条件を明確にすることや、ウェブ履歴書を作りこむことです。そのやり方はエージェントに相談しながら作ることができます。

そして、それができてしまえば、あとは吉報が来るタイミングを待つこと。

変化を起こす「きっかけ」さえ作ってしまえば、いつまでもいつまでも辛い思いを続けることはありませんよ。

“本気で辞めたい人”に人気の転職サイト

定番の大手ですがハイクラス求人も多数あり、履歴書作りや希望をしっかり伝えればかなり優秀なエージェントが揃っています。非公開案件が90%以上というのも、良い求人がいかに早く決まってしまうかがわかりますね。大手の情報網をあなたの味方につけましょう!

首都圏限定ですが、未経験やフリーターでも就職先が探しやすいので、現在アルバイトの方やスキルや経験に自信のない方でも転職先を探しやすいサイトです。

「自分のスキルが専門的すぎて大手の転職エージェントでは理解してくれない」というエンジニアの方におすすめ!エンジニア専門のサイトです。
専門分野の話がわかるエージェントが”超”親身になってサポートしてくれます。