dodaのエージェントサービス体験談

dodaのエージェントサービスを利用したかたの体験談です。

このページの目次

えっ?転職エージェントって有料だと思ってたけど無料だったの!?

営業職から秘書へ!20代女性の転職体験談
営業職から秘書になった20代前半の女性の転職体験談です。

前職では仕事にやりがいは感じていたけど、プライベートの時間がない、体力が限界などの理由で転職活動を始めたそうです。

転職活動をしている過程で、有料だと思っていた転職エージェントが無料だったと知ってDODAエージェントサービスに登録。結果、残業の少ない職場で秘書として転職成功。今では家族と一緒に過ごす時間が増えたり、休日に遊べるようになったそうです。

やりがいはあったけど体力の限界を迎えた営業時代

前職は営業でした。営業の仕事は楽しく、取引先から「あなたに任せるよ」「あなたに任せてよかったよ」とお言葉をいただいたり、頑張りが数字に反映され、ランキングで上位に入る事でまた次も頑張ろうと思えました。

しかしある時、時間が足りないなー。体も限界だなー。と思い始めました。

なぜなら、毎日取引先を何社もまわり、職場へ戻り事務作業をこなす。仕事が終わって家に着くのは、早くても21時頃でした。(もちろんそれ以降の事がほとんどでしたが…)

家に帰ってからは、買い物、洗濯、親の介護と1日が終わる頃にはヘロヘロでした。

段々と私はもう少し早く家に着ければ余裕が出るのでは、もっと誰かの為に動いてみたいという気持ちが強くなり、転職を考え始めました。

え?転職エージェントって無料だったの!?

転職をするにあたって、まずインターネットで求人等の情報を集め始めました。

その最中に「転職エージェント」という名前を見かける機会が多くありました。それまでは、名前は知っているものの詳しくは知らなかった私ですが、ふと興味が湧き詳しく調べ始めました。

すると、有料サービスだと思っていた転職エージェントが無料サービスであること、非公開求人をたくさん持っていること、職務経歴書や面接をプロの視点からアドバイスをいただけることなどたくさんのメリットを知りました。

企業によって得意な職種が違っていたり、役職者に特化している企業があることを調べていく中で知りました。そこで、私は「まず話を聞いてみたい」と思ったことがきっかけでした。

エージェントのネガティブな口コミを見て不安の中面談に・・・

転職エージェントについて調べていく中で、口コミなどもいくつか見ました。そこで紹介出来る求人がないと言われた方や、全然希望にも本人にも合っていない求人をひたすら勧めてくるなどのネガティブな口コミも目にしました。

その為、面談を予約する時からドキドキと不安でいっぱいでしたが、「まず話を聞いてみて自分に合うようであればお願いしよう」と思い面談を予約しました。

面談前日も服装や髪型はどんな感じでいけばいいのかと悩んでいましたが、仕事終わりに予約をとっていたのでスーツで伺いました。まわりは同じようにスーツの方もいれば私服の方もおりまずは一安心。

面談が始まってみれば不安がどこへいったのやら。担当の方はとても感じの良い方で、リラックスして自分の希望を伝える事が出来ました。

「一緒に頑張りましょう」と言葉をもらい、この担当さんと頑張ろうと決断しました。

プライベートな相談もできるほど親しみやすいエージェントスタッフ

私の担当は女性の方で、とても可愛らしい方でした。話してみると、あれ?意外とサバサバ!良いギャップで話しやすかったです。

親の介護があるという職場にも話していないプライベートな部分も初対面で話せてしまうほど、心を開きやすく親身に相談に乗ってくれる感じの良い方でした。

転職においての希望条件や希望条件の優先順位など、丁寧に聞きとりをしてくださいました。

面談が終わる際に、「これから一緒に頑張りましょう。何か不安な事があればすぐ聞いてくださいね。」と優しい言葉をもらい転職頑張ろうと思いました。

ひとりで悩んでいた面接の受け答えにも自信をもてるようになった!

転職活動をしていたときの悩みとして、履歴書や職務経歴書を自分ひとりで作成してみても、履歴書や職務経歴書の内容が定型文じみてしまうところがありました。

しかし、エージェントに相談したところ、語尾や言い回しなどを修正してもらうことができました。すると素人目から見ても内容がグンと良くなりました

そして、なんと言っても面接の練習をしてもらえた事が一番よかったなと感じました。

長所や短所など定番で聞かれる質問等へ事前に回答を準備するにあたって、「ここで悩んでいるんです。」「これとこれだとどっちを長所にした方がいいですか。」と質問をすると、どうしてこっちが良いのかという理由もつけて教えてくださいました。

また、「そのままでいいと思うよ。」と褒めてもらえると「よかった、これでいいんだ!」と自信を持って挑むことが出来るためよかったです。

面接の受け答えは全文覚えるのではなく箇条書きで

エージェントさんに面接練習をしていただいた際に、事前に準備した回答が覚えられないと伝えた時に、文にせず箇条書きで覚えた方がいいというアドバイスがとても役に立ちました。

定時に帰れて家族とゆっくり話す時間が増えた!

転職する前は毎日帰宅が21時を過ぎていたのが、今の仕事になってから基本的に17時定時で上がることが出来ます。

今では家のことを余裕をもって行うことができるようになり、家族とゆっくり話をする時間も出来ました

それに前職では休日出勤が多くありましたが、現職では土日祝しっかりとお休みをいただくことが出来ています。そのため、友達と遊ぶ時間を設けることも出来るようになり、旅行にも行けるようになりました。

仕事内容としても、もちろん楽しくやりがいがあり、希望条件も満たしています。転職をしたおかげで、楽しいと思える時間も、幸せだと思える時間も増えました。
転職エージェントを利用してよかったです。

あなたに合ったエージェントと出会える事を祈ってます。

 

仕事が休めず転職活動する時間がない!残業漬けエンジニアの転職体験談

転職したいけど休みが取れず面接も受けれない、サービス残業漬けエンジニアの転職体験談
エンジニアとして働いていた30代男性の転職体験談です。転職前の職場は年功序列で入社歴の低い社員はどんなに成果を上げてもボーナスに反映されないこと。そしてサービス残業が月120時間もあって大変だったことから転職しようと思ったそうです。

しかし、辞めてしまったら生活に困るし、次の仕事を見つけてから辞めるにしても、残業が多く休みも取れないので転職活動ができないことから先延ばししていたところ、ある時同じ状況のはずの先輩達が一気に転職。

その先輩に話を聞いて自分も転職し、成果制度の会社に転職できたおかげで給料がアップ。また、以前より休みも増えて会社に貢献したい気持ちで仕事ができているそうです。

転職活動をする時間がないし生活があるから辞められない

私は以前、時間がないという理由で転職を先のばしにし続けていました

私の会社では残業が月120時間あります。いまだに年功序列の古い体質の会社なので付き合い残業・牽制残業が当たり前。

しかも最悪なのが、その時間すべてサービス残業となっていることです。

時間外に働いた分については全く残業代が出ませんでしたし、休みの日も会社で働くことが多々ありました。もちろん休日出金手当も出ません。

当然そんな会社はすぐに辞めて転職したいのはやまやまだったのですが、辞めてしまったら生活ができなくなるので困ります。辞めた後に次の仕事が見つからなかったら・・・と考えると辞めることはできませんでした。

次の仕事を見つけてから辞めればいいのはわかるのですが、残業と休日出勤で転職活動する暇もなく、休みもとれないため、転職したくても面接も受けれないという散々たる状況でした。

仕事中は個人的な電話には出れないため、求人に応募した企業から連絡があっても電話に出ることができず、夜しか電話ができないので折り返しもできません。

夜しか転職活動ができず、昼間は連絡も取れなくなるため実質的に転職活動は無理なはずなんです。

なぜ!?残業漬けで転職活動の時間がないはずの先輩が転職!

しかし、ある日会社の先輩たちが何人か一気にやめるという事態になりました。

私はずっと「時間がないのにどうやって転職活動したんだろう?」と疑問を持ち続けていましたが、辞めて数か月して辞めた先輩に話を聞いて、転職エージェントを利用して転職したことを知りました。

私は「そういうやり方があるんだ」と思い、転職エージェントを利用するきっかけとなりました。

転職エージェントを利用すると普通よりも試験が厳しくなるのでは?

転職エージェントを利用する前に思った不安は、転職エージェントを利用した場合は「普通に試験を受けるよりも、ハードルが高くなるのではないか?」ということです。

調べてみたところ転職エージェントを利用した場合、採用する企業側は年収の30%くらいをエージェントに支払わなければならないため、同じようなランクの人達と試験を受けた場合に負けるんじゃないかと思いました。

しかし、最終的にエージェントを利用した理由としては、やはり時間と情報量でした。

転職活動をしようとした場合、検索したりしてもエージェントが持っている情報量には負けてしまうことを先輩に聞きました。実際に先輩が転職した会社もノーマークの会社でした。

また、時間がないということも転職エージェントを利用した決め手の一つでした。仕事をしながらの転職活動は今の会社では無理だったからです。

こいつ大丈夫?関係ない会社ばかり紹介してきたエージェントが実は・・・

私が初めて担当のエージェントに会った時の印象は、このエージェントが本当に信じられるか頼りない印象を受けました。

というのもいろいろと仕事を見つけてはくれるものの、ほとんどが関係ない仕事のものだったからです。ただ、関係ない仕事ばかりを紹介してきた理由は、私は地元の会社を希望していたが、マッチングした企業がなかったことが理由だと教えていただきました。

私はショックを受けましたが、エージェントといろいろ話していくうちに、関係ないような仕事が実は自分の職務経歴を生かせることを教えていただきました。

エンジニアの道しかないと思っていた「思い込み」を正してくれた

エージェントを利用して良かったことは、自分はシステムエンジニアだったため、その経験しか生かせないと思い込んでいたことを正してくれたことです。

私は半導体装置関係のシステムエンジニアをしていたのですが、テスターソフトや半導体装置の仕組みについても一通り熟知していたため、そこに目をつけてくれたエージェントの方が、半導体関連のサービスエンジニアで働く道を見つけてくれました。

半導体装置のサービスエンジニアでは、装置について幅広い知識が必要でかつ、PCも一通り使用できたため、導入されているソフトウェアの使い方などについてもマニュアルを一度読んでしまえばすぐに理解できることが強みだということを教えてくれました。

成果制度の会社に転職して給料が増え、休みも取れるように

転職する前と後では一番変わったことは給与制度についてです。

私は年功序列制の会社にいたため、いくら働いても給与は一律でボーナスも一律だったのですが、新しい会社では独立採算成果制度を実施していたため、働いて利益を上げた分会社が私に対して対価を支払ってくれました。

また、休みや残業についても一通りのノルマをこなしさえしていれば好きに休めるようになりました。

一番嫌だった牽制残業という帰れない雰囲気がなくなったことから、会社に行くことについて嫌だという気持ちがなくなり、社会に貢献しようという気持ちになりました。

また、エージェントの方が給与などについて会社と話してくれていたため、安定した生活をストレスなしで手に入れることが出来ました。

「この会社に先がない」と感じているなら今すぐに転職活動をしよう

エージェントを利用した転職活動を振り返ってみると、面接の練習を何回もして指摘してくれたことと、試験問題の傾向を教えてくれてたことがとても役に立ちました。

今勤めている会社に先がない。と感じているなら早めに辞めてしまった方が良いと思います。

 

反対を押し切り高収入の大手企業から専門的スキルを学べる企業に転職

20代後半、広告代理店の転職体験談
20代後半の広告代理店に勤めていた男性の転職体験談です。総合代理店勤務でデジタル領域の担当でしたが、もっと専門的にデジタル領域での提案に取り組み専門知識、ノウハウを培いたいと思ったため転職活動を始めたそうです。

転職エージェントによる客観的なアドバイスや模擬面接のおかげで、大手企業の前職よりも年収や勤務時間が減って心身共に納得のいく結果になったそうです

浅く広い仕事よりも狭く深い専門的な仕事がしたかった

現状の幅広い提案を行う総合広告代理店ではなく、デジタル領域に特化した専門的な代理店で勤務したいと考えたため、DODAエージェントサービスを利用して転職活動を始めました。

私は好奇心旺盛な性格ですので、好きなものには真摯に向き合い鍛錬したいタイプです。ですので、専門的な代理店にいけば提案の幅を広げるのではなく、より深い知見やなノウハウを培えると思ったからです。

しかし専門的な代理店に転職するためには、転職のプロの情報量やスキルがなくては、効率の良い希望する転職は不可能であると考えました。それに自分で考えている自分と客観的に見られている自分には、大きな乖離があると思いました。

また、自分ではネット広告やデジタル領域での仕事が好きだし、向いていると思っていますが転職エージェントという専門のプロが客観的に見て、もっと向いている仕事や本当に好きな事を引き出してくれるかもしれないと考えたのがきっかけです。

高収入な職場からの転職!不安や葛藤に悩む毎日・・・

転職前の職場は、年齢の割に高収入な点や大手企業でしたので福利厚生、ブランド力などの理由から友達や恋人、中の良い同僚からは絶対に転職しない方がいいとアドバイスはもらっていました。

なので「本当に転職してキャリアップできるだろうか?」、「自分の人生間違いはないだろうか?」という不安や葛藤を、仕事の移動中も常に考えるほど毎日してました。

ただ、「はやり人生一度きりだし、思いっきり挑戦してみたい!」と言う気持ちが勝り、とりあえずエージェントに相談してみようと思い、恐る恐る面談をセッティングしてもらいました。

そこでは、客観的な立場から今の会社の条件や僕の不満や不安点をヒアリングして頂き、中立な立場からアドバイスをしてくれたので「このエージェントの方ならもっと相談できる」と思えたので転職への不安は払拭しました。

良い話だけでなく辛口な意見も言うエージェントを信じたくなった

転職エージェントを利用したら、自分が抱えている悩みやフラストレーションみたいな部分をさらけ出して、良いアドバイスを貰おうと事前に考えておりました。

実際、面談の当日を迎えお会いすると、こちらのスタンスを瞬時に察知してもらい、ざっくばんにアドバイスをもらうことができました。

時には自分自身が聞きたくない世間の声や、僕に対する辛辣なイメージなどもお会いして一回目の面談でアドバイスを貰えました。

ただ、その【察知の能力の高さ】や【媚び売らない雰囲気】が逆に信用でき、この人のアドバイスなら聞ける、信じようと思えました。

エージェントが紹介する企業とのマッチング度の高さに驚き

実際に利用する前に思っていた転職エージェントのイメージは求人情報の数をひたすら打つイメージでした。また営業スタイルもゴリゴリ押す系の人が多いイメージでした。しかし、実際は人それぞれでした。

私の担当になってくれたエージェントは、営業スタイルよりも「求人募集している企業と求職者のマッチングや架け橋になろう」というスタンスだったので、非常によかったと思います。

求人企業に対しても、正確な情報や応募者の本音を汲んで仲介してくれるので、本当に応募時のマッチング度は高かったです。

もちろん求職者に対しても誇張した企業情報などはありませんでした。この点も非常に良かったと思っています。

また情報量が多く面接のノウハウを持っているので、効率のよい転職活動ができました。今思えばエージェントを使わないでいたら、どんな悲惨な転職活動だったんだろうと怖くなるくらいです。

大手企業の前職よりも年俸10%UP!残業時間は3分の1に

転職後は、毎日自分自身が学びたかったデジタル領域での提案力と知見を深める事ができ、大変充実した毎日を送れています。

転職する前は、会社が変わることやメンバーが変わることに不安でした。さらに「どう取り組めば良い仕事をこなせるのだろうか?」と言った事で毎日悩んでいました。

しかしエージェント経由で転職したおかげで、本当に自分が伺っていたイメージ通りの雰囲気、仕事内容で安心しました。

給与自体も同年代から大変いい方の年収でしたが、前職年俸よりも10%アップの年俸での採用が決定しました。

また効率の良い労働時間での就業が可能となり、前職一日平均残業時間3時間に対して、現職は1時間未満という体制で金銭、心身ともに納得のいく結果となりました。

大手企業専門の面接担当者による実践的な模擬試験

面接の模擬試験は大変役に立ちました。

また大手企業への面接対策になれば、その一企業専門の担当者がいるので、より実践的な模擬試験ができました。是非、何度も利用した方が効率の良い転職活動が行えると思います。

まずは気軽に相談するところから一歩踏み出してみて下さい。必ず良い刺激を貰えると思います!

 

ルート営業からやりがいのある営業職へ転職した女性の体験談

存在価値の大きい仕事に携わりたい営業職女性の体験談
3年間勤めていた営業職から、人材会社の営業職に転職した27歳女性の体験談です。前職はもっと自分の影響力が高い、やりがいのある仕事がしたいと思い転職活動を始めました。

転職後はエージェントのおかげで、自分がイメージしていた介在価値の大きい仕事に携わることができました。他にも年収がアップしたり、ライフスタイルも充実しています。

自分の存在価値が見いだせる影響力の強い営業職で働きたい!

転職しようと思ったきっかけは、介在価値の大きい仕事に携わりたいと想ったからです。

前職は通信機器の営業だったのですが、営業から提言できる仕事内容や影響力といったものが少ないと感じ、「自分がやった分だけ価値を見出せる、より影響力のある営業職で働いてみたい!」と考え始めたことがきっかけでした。

本当にこの会社でいいの!?入社後の不安を解消するならエージェント!

転職エージェントを利用した理由は、働きたい企業が見つかったとしても、最終的には譲れなくなってくる「条件面」での交渉を代行して実施してくださるからです。

事前に細かな条件面を確認したり、企業担当者から直接その企業の環境面などのお話をお伺いすることができ、言わば「自分からは聞きにくいけどはっきりさせたいポイント」をエージェントにサポートしてもらうことができます。

実際、私が内定した際、あらゆる不安が浮かんできたため、エージェントに依頼し、企業側の社員に電話面談を設定していただいたり、別途面会の時間を調整してもらうこともありました。

入社後のイメージにより近づけた上で就職を決められるといったところは、エージェント利用における最大のメリットだと感じます。

アドバイザーは本当に私の考えを尊重して転職活動を手伝ってくれるの?

利用する前は、「結局自分の想いや考えを尊重してくれるのか?」「結局は的外れな職業紹介しかされないのではないか?」「都合よく言いくるめられそう」といった想像がありました。

私の場合はたまたま話が合い、自分と考え方や性格が似ているアドバイザーの方に出会ったことで、迷いなく利用を決断できたのだと思います。

この点に関しては、各社それぞれのアドバイザーさんのキャラクター、人として相性がありますので運としか言えないと思います。

私の場合はラッキーでしたが、仮に馬が合わないアドバイザーさんに出会ってしまった場合でも、エージェント側に依頼をすればスムーズに変更してくださるので心配はないと思います。

可能であれば変更依頼時に、ご自身の要望をお伝えすればいいかもしれません。

自分が「任せられる!」と感じたアドバイザーと転職活動を共にしよう

「はっきりと物事を伝えてくれる。共感できる考え方が多く、この人になら任せてもいいかもしれない。」といった印象がありました。

転職活動は数ヶ月間、一人のアドバイザーさんとお付き合いすることになりますので、利用をされる場合はアドバイザーさんと自身の相性や、より自分を理解してくれる人なのかという観点もひとつの決め手になると思います。

実際、アドバイザーさんとの相性がよくなく、意気消沈しそのまま就職活動をフェードアウトさせた知人もおります。

自分でも気づかなかった!?自分が本当に求める条件を知るきっかけに

転職エージェントを利用して良かったと思うことは、自分の求める本質を深く追求できたことです。

エージェントのアドバイザーが第三者として一定期間、私自身を見つめてくださるので思わぬ発見が多々ありました。

例えば、当初私は教育分野での就職を強く希望していたのですが、2ヶ月の活動の末、最終的に人材斡旋業界への就職となりました。

この志望業界の変化は、「自分自身の影響度が大きい」「人が成長していくターニングポイントに携わることができる」といったそもそもの自分の転職活動軸をエージェントとのやりとりにおいて見出し、それらの二軸が網羅されているという観点での仕事探しを再度はじめました。

個人的に活動することは、一方では効率的かもしれませんが、エージェント利用により「知らなかった自分の仕事軸」が見えてくるかもしれません。可能性を広げるならエージェント利用だと思います。

年収、専門知識、ライフスタイルが充実!長期的に働けると実感

エージェントを利用して転職したおかげで、以下4つのことが大きく変わりました。

・裁量の大きい仕事を任されることが多くなり、商材の気質も違うため、これまでの仕事と比べスピード感が早くなりました。時間の管理も前職以上に綿密に行うようになりました。

年収は100万以上あがり、これまでよりも生活に余裕がでました。

・これまでのルートセールスとは異なり、自ら切り開く新規開拓でのお客様に出会うことも増え、人脈がかなり広がりました。それぞれの業界のお話を深くお伺いすることができるため、より業界知識が増えたように感じます。

フレックス制度を導入している会社であったため、急な家族看護や通院などの予定が入ってしまった場合でも、滞りなく勤務できるようになりました。ワークライフバランスが整ったことにより、長期的に働くイメージができることはとてもうれしく思います。

次の就職先で一番大切にしたい条件を整理しよう

転職活動をすると、自分が解決したいことや実現したいことは溢れんばかりに多く出てくると思います。

すぐに仕事探しにかかりたいと思われますが、まずはエージェントとじっくり会話し、会話を通じてご自身が一番大切にしたい軸を初回~2回目でまずは整理してみてください。

そして、実際に面接に行かれてから、ご自身の中で浮かんだ熱意、違和感、新たな発見を再度エージェントと整理し、定期的に軌道修正してみてください。

自分が一番実現したいことをじっくり考える素敵な機会だと思いますので、エージェントの方に力を借りながら、悔いのない転職活動にしてください!

求人情報と違うじゃん!すぐ退職・転職を繰り返し職歴が多くなったけど

職歴の多い20代後半女性の転職体験談
昔から職を転々としやすく職歴が多い20代後半女性の転職体験談です。

自分で転職活動していた時は求人情報に記載されていた内容と勤務地や勤務時間が違ったりと、実際に就職してから「え?違うじゃん!」ということが多く、「やっぱり違う」とすぐに退社して転職を繰り返していた彼女。

転職エージェントを利用しようとして一度は断られたけど、再度ほかのエージェントを探し、DODAエージェントサービスに登録して転職活動を始めました。

その後、転職エージェントに紹介してもらった「まともな会社」に就職!そこで今の夫と出会い結婚し寿退社したそうです。

求人情報と実際の条件が違う会社に入社しすぐに退職

前々職は自分でインターネットで探して転職しました。

面接のときと勤務地が全く違う・シフト制だが土曜日は基本的に出社しなければならないなど、求人情報に記載していないことが後から数多く発覚してすぐに辞めてしまったためです。

「紹介できる求人はない」一度は断られたけど他の転職エージェントにも応募してみる

昔から職を転々とするタイプの人間だったので、インターネット上で「転職エージェント」という言葉は見ていました。

「お金がかからない、適職診断や模擬面接もしてくれる、年収の交渉も代わりにしてくれる」という記事を見かけてとても興味を持っており、正社員として初めて就職した仕事を転職するときにもいくつかのエージェントの会社に申し込んだことがありました。

ですが、私の経歴(高卒・1社の経験期間が短い)などで紹介できる求人はないとすべての会社に断られてしまい、自力で求人を探して転職をしました。

ですがその会社の求人に記載されている内容と、勤務地や就業時間が大幅に違い結局すぐに辞めてしまいました。

「やっぱりちゃんと転職をサポートしてくれる人が欲しい」と再度転職エージェントを探していろいろと応募してみました。

若いのに職歴が多いことを責められるかも・・・と不安だった

転職エージェントを利用する前は「どんなことを聞かれるのか」という不安と、若いのに職歴が多いため「なぜこんなに多いのですか」と責められたらどうしようとびくびくしていたのを覚えています。

インターネットで事前にどんなことを聞かれるのか検索していると「転職エージェントは、求職者が就職して働き始めて初めて報酬が発生する。内定を出しても辞退されたら売り上げにならないので、本人が迷っていても強引に就職することを進めてくる」などと書かれておりその部分でも不安がありました。

行く前の不安はただの幻想!面談に行ってみたら良かった

実際に行ってみるとどこも広くてきれいなオフィスで、面談も面接のような感じではなく、親身にお話を聞いてくださいました。

「なるほど、では○○さんはそのような社風の会社は苦手なのですね。女性ですし、産休取得実績のある会社の求人もありますよ」
「この会社は福利厚生がしっかりしています。前職に比べたらかなりホワイトと言えますよ」

などとこちらのニーズを把握するよう努めてくださり、その姿勢をみて「やっぱりエージェントを利用してよかった」と思いました。内情を知っている方が紹介してくださるのはかなり安心感があります。

求人の傾向や提出書類のチェックもしてくれて頼りになった

初めてお会いした担当の方は女性の方でした。事前にお電話もくださり、「当日道がわからなかったらお電話くださいね。お待ちしています」と非常に丁寧で好印象でした。

職歴が多いことにあからさまに嫌な顔をされたらどうしようと不安でしたが、「その分志望動機をはっきりさせて、次は腰を据えて働けるところを探しています。という気持ちをアピールしたら大丈夫ですよ。」など具体的なアドバイスもしてくださいました。

そのほかにも求人の傾向を教えてくれたり、提出書類のチェックなども細かくしてくださり本当に頼りになりました。

求人情報ではわからない会社の実態を教えてくれた

転職エージェントを利用する一番のメリットは、求人情報だけではわからない内情を教えてくださることです。

「先輩はこんな人」という具体的なものや、「残業は平均〇時間と書いてありますが、繁忙期は〇時間以上にはなると思います。」「この会社は割と体育会系な社風です」など、良いことも悪いことも第三者の視点で客観的に教えてもらえるので、本当にいい判断材料になります。

面接では聞きづらい退職率や有給取得率、残業は多いか少ないか、どんな社風なのかということもエージェントさんに聞いたら大体教えてくれます。

あとは、今回その求人をかけることになった背景、本当に求めているの人柄なども包み隠さず教えてくれます。

書類のチェックもしてくれますし、書類が通れば模擬面接もしてくれます。ハローワークの求人よりもずっと好条件なものばかりで、まさに至れり尽くせりでした。

エージェントに紹介してもらった会社に入社し結婚

紹介してもらった求人で前職は就職が決まりまったときに、「多分○○さんが今まで働いた会社の中で、一番ちゃんとした会社ですよ」とエージェントさんに言われた通り、「求人と違う勤務地になった」「勤務時間が聞いていたものと違う」というような「言ってたことと違うじゃん!」という思わぬ落とし穴もなく、年間休日や賞与などの待遇もそれまでとは比べ物にならないくらいいい会社で働くことができました。

その業界では大手の企業で、まさに伸び盛りの会社で昇給も今まででは考えられないくらい上がりました。

その会社で今の夫と出会い寿退社をしましたが、あのエージェントさんに求人を紹介してもらわなければ、夫とも出会えなかったんだと思うと本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

エージェントを使えば自分で求人を探すより絶対にいい転職ができます!ただ、エージェントさんも人なので相性はあると思います。交通費以外は本当に無料なので、ぜひ活用することをおすすめします!

 

上司の詰めや罵倒の日々!休日も仕事が頭を離れない営業職から抜けた方法

20代後半の営業職の転職体験談
20代後半の営業職の男性の転職体験談です。新卒で大手の直販営業会社へ入社しましたが、予算達成のために顧客に無理を強いた営業や出産や葬儀でも休みが取れないなど、会社への不信感が募って退職を決意。

そんな会社なので自分で転職活動をする時間など取れず、DODAエージェントサービスという転職エージェントを利用して転職しました。

それまでは毎日上司からの詰めや罵倒で自分に自信が持てなかったそうですが、エージェントとの面談で自分の客観的な市場価値が高いことに気づき自信を取り戻したそうです。

前職のときは休みの日でも仕事のことを考えてしまい疲れが取れなかったそうですが、今では休みの度に外出し心身ともに健康になったそうです。

ノルマを達成するために無理な仕事を強要される

転職しようと思ったきっかけは、人間関係と会社に対する不信感です。

職場の同僚との関係は良好でしたが、上司との折り合いが悪く居心地の悪い経験をしていました。それでも同僚との関係が良好なため何とか続いていましたが、一方で会社に対する不信感も募り転職を決意しました。

営業という職種上、予算は必ず付いてきます。予算を達成するのが営業の仕事ですが、予算達成のために顧客に無理を強いた営業を強要される事が悩みでした。

販売会社であるからなのか、数字に対してよりシビアになり、妻の出産や身内の不幸があった際にも仕事を強要される風習が根強く、精神的にも追い詰められていると感じたため転職を決断しました。

転職エージェントが自分の代わりに求人検索や面接の調整を代行

元々は転職サイトを利用していましたが、職場の先輩が転職を決めた際、使っていたのが転職エージェントでした。

先輩に転職エージェントとはどういったものなのか?という質問をし、これまで自身で行なっていた「求人検索・面接日の調整・履歴書の添削」等を行なってくれるため、効率良く転職活動ができると思いDODAエージェントサービスを利用しました。

実際に登録をした後、一度担当エージェントと面談があるのですが、私の事を知ろうと親身になって話を聞いてくれます。

私のこれまでの経験とスキル・希望を把握して頂き、加えてエージェントの意見として業界や職種の提案までして頂けました。

親身になって対応してくれる担当エージェントと膝を突き合わせて話をする事と「私に任せてください」の力強い一言で、転職エージェントを利用しようと思いました。

低いと思っていた自分の市場価値が高くて自信がついた

転職エージェント利用前は不安でいっぱいでした。私のこれまでの経験と知識・スキルで転職ができるのだろうか?とずっと考えていました。

おそらく会社で毎日上司からの詰めや罵倒で自分に自信が持てなかったのでしょう。

しかし、担当エージェントと会ってから自分に自信を持つ事ができました。自分の市場価値を客観的に知る事ができたからです。

自分の経験・スキル・実績を見て頂き、「どういった会社で活用できるのか」「どういった強みがあるのか」これらを客観的な意見を聞く事で自分自身の価値を知る事ができました。

今までは自分の市場価値は低く、他の会社では通用しないと思っていましたがそうではないと知った時、転職エージェントを利用して転職しようと決断ができました。

私の話を真剣に聞くエージェントの姿に「任せてみたい!」と思えた

担当エージェントの方は女性でした。聞くところによると男性もいらっしゃいますが、多くは女性との事です。

担当エージェントの方はとても明るく和やかな雰囲気でお話をしてくれました。私の話をしっかり聞こうと、相槌やメモを細かくし、時には質問を交えながら私という人間を深く知るように努めてくれました。

自分の話をこんなに真剣に聞いてくれる姿勢にとても好感を持ちました。そして最後には「私に任せてください」と力強い言葉を頂き、この人に任せてみよう!と思いました。

一人では気づけなかった仕事への強みを発見!そして転職成功

転職エージェントを利用して良かった事は、自分に自信が持てるようになった事です。これまで会社では、上司からの詰めや罵倒で自身が持てず、他の会社では自分は通用しないと思い込んでいました。

しかし担当エージェントからそうではないと伝えられた時、自分を認めてもらえたような気がしました。

第三者からの客観的な自分の市場価値はとても説得力があります。面談の最中の話し方や振る舞いまでも見ていてくれるので、自分では気付かなかった長所までも知る事ができました。

以前まで転職サイトで活動していたので、長所欄は自分の思う長所しか書けませんでしたが、担当エージェントから教えて頂いた長所も加える事ができ、それを強みとして転職を成功させる事ができました。

休みの日でも仕事のことばかり考えていた日々から解放された

新しい転職先に勤務してからは、休みの日や通勤の時間が苦ではなくなりました。

転職前は休みの日も仕事の事を考えたり、夢でまで仕事をしていました。とても穏やかな日常とは言えませんでした。

最後の方は常に体調が悪く、仕事にも支障が出ており、自分が思っていたより追い詰められていたのだと思います。

転職後は比較的穏やかに生活ができています。休みの日も仕事の事は考えずに過ごせてますし、会社に行きたくないという思いもかなり減りました。

転職前は疲れがなかなか取れず休みの日も出不精気味でしたが、今では休みの度に外に出るようになり、心身ともに健康だと言えます。

また転職を成功させた事で、自信が持つ事ができました。採用してくれたという事実が、認めてもらえたという自信に繋がり、前職よりも精力的に働けています。

久しぶりに履歴書・職部経歴書を書く人ほど転職エージェントはおすすめ

転職エージェントを利用して良かったと感じることは、履歴書・職務経歴書の添削です。学生時代に就職活動をしてから、こういった書類を書くのは久しい方がほとんどだと思います。

なのでどう書いていいか分からない・・・といった場合でもアドバイスを頂けるので、とても助かりました。

また面接対策として、「こういった質問がされるみたいですよ」と有力な情報がもらえます。企業秘密として全てが開示されるわけではありませんが、こういった面接対策も非常にありがたかったです。

働きながらでも効率良く転職活動ができる

転職エージェントはとても便利なサービスです。私たち転職活動者にはお金が発生せず、求人検索や面接対策までをしてくれます。働きながらだとなかなか転職活動が進みませんが、転職エージェントを利用すれば効率的に転職活動ができます。

また履歴書などの書類に関しても有効です。書類の添削や面談時に自身の強みなどもアドバイスしてくれるので、今まで気付けなかった自分の長所が見えてきます。

転職はしたいけど時間がない・どうしたら良いのか分からないといった方はまず転職エージェントに相談してみてください。何をするべきかといった所からアドバイスを頂けます。

私自身も転職エージェントを利用して転職しましたが、転職して良かったと思っています。まずは一歩踏み出せば、明るい未来が待っていると思いますよ。

 

銀行員は安定してるけど10年後の良い自分が想像できない

地方銀行の27歳男性の転職体験談
地方銀行の総合職から転職した27歳男性の体験談です。

前職では昇進しても給料が上がらず仕事量だけが増え、給料が仕事の割に合わなくなっていくと感じたため、就職4年目にして転職を考えたそうです。

地銀はそれなりに安定しているし、我慢すれば40~50代あたりから余裕のある生活が出来るけど・・・

そう考えていたとき、大学でお世話になった先生の後押しをきっかけにDODAエージェントサービスへ登録。エージェントも金融出身の方であったことも幸いし、定時で帰れる専門商社に転職し、良い上司に恵まれ10年後の自分のイメージができるようになったそうです。

結果を出して昇進しても給料は上がらず仕事だけが増える

以前は地銀で働いていました。最初の内は個人営業をしていたのですが、2年目ぐらいから認められ始め若干昇進し法人の業務も担当し始めたのですが、仕事が増えただけで給料が上がらなかったので転職を考えました。

同年代のメガバンの社員とやっている仕事に変わりはないのに格差を感じ、どうせ同じ内容の仕事をするなら早いうちに他社、他業種に転職したほうがいいと思いました。

実際に私の働く地銀の将来性にも不安を感じ始めていたので、大手金融機関もしくは安定した他業種に転職したいと思いました。

少し贅沢かもしれませんが管理職になるまではしっかりと土日も休めて給料も今よりいいところで働きたいと思いました。また出来れば銀行で学んだ知識を活かせるところで働きたいと思いDODAに登録しました。

転職を考えていることが会社にバレたらどうしよう・・・

正直最初は転職するか迷いました。地銀勤めだと特別に良い生活は出来ませんが、それなりに安定していますし、我慢すれば40~50代あたりから余裕のある生活が出来るからです。

転職サイトに登録していることが人事にバレたらどうしようなど心配もありました。そのため会社のPCやWi-Fiでは転職サイトにアクセスしないようにしていました。

初めての面談ですがエージェントの方に一方的に否定されたらどうしよう、といった心配もありました。

しかし一度大学でお世話になったゼミの先生に相談したところ、転職することに賛成してくれたので決断が出来ました。

正直不安や心配でしたが、とりあえず登録するだけなら問題ないやというぐらいの気持ちで登録しました。

若いが服装もしっかり統一していて話しやすいエージェント

実際にエージェントの方とお会いしてみると、思っていたよりも温かい雰囲気でした。

はじめは真面目で少し怖いおじさんみたいな人が来るのではないかと思っていましたが、若い方が出てきて少し驚きました。

しかし服装はしっかりとしていて安心できました。革靴、ベルト、ボタン、時計のバンドもしっかりと統一していました。

始めは世間話から始まり次第に本題に進みました。とても話しやすい雰囲気で相談したいことを思い切って打ち明けることが出来て良かったです。

前職とは違う業種の企業にも需要があり自信がついた!

結論から言うと良かったことは新たな転職先が見つかったことです。具体的には専門商社の営業職に就かせていただきました。

塗料の専門商社で地域ではそこそこ有名な企業です。営業職とは言っても総合職なので適性などで後に経理に回ったりするかもしれません。

実際に金融の知識が活かせるのは経理とかの方かなと思っていますが、とりあえず5年は新たな転職先で頑張りたいと思います。仕事にも慣れ始め、やりがいを感じています。今のところ、転職先にはとても満足しています。

また個人的な事として自分に自信が持てました。最初は塗料の専門商社を提案されるとは思っていませんでした。他にも文房具メーカーや家具メーカーなど、無形商品以外の業種をたくさん紹介してくれました。これにより自分って意外と需要があるんだなと思え自信が持てました。

新しい上司のおかげで10年後、20年後の自分がイメージできるように

転職後のことですが、大きく生活が変わったという風には感じません。銀行の法人営業も商社の営業も結局はB to Bですし、新規開拓というよりかはルート営業が多いのですぐに慣れました。

違いがあるとすれば、扱っている商品は勿論のこと、営業のスタイルも少し違います。銀行だと中小企業なら私一人で起業に出向いていましたが、今の職場は2~3名で営業に行くことが多いです。

上司には少し気を使いますが、とても優しい方で一緒にいるだけでとても勉強になりますし面倒見も良いです。

たまに仕事やプライベートの話もしてくれるので、10年後、20年後の自分がどうなっているのかのイメージがしやすいです。

基本的に出張以外の時は定時で帰れています。また以前に比べ給料も少し増え、自由な時間も増えました。

自分と同じ金融機関出身のエージェントが担当になり相談しやすかった

私の担当をしてくれたエージェントの方も金融機関出身の方だったのでとても相談がしやすかったです。

DODAは評判も良いですし面談の時間も長めにとってくれたので細かいことまで相談することが出来ました。

転職は人生を変える大切なイベントなので慎重にするべきです。そのため信頼できるエージェントを探してください。

 

仕事って楽しいものだったんだ!助け合える仲間がいる会社に転職できた

厳しすぎてやる気がしない営業職から楽しい職場への転職体験談
新卒で入社した会社で営業職をしていた28才男性の転職体験談です。

従業員7名ほどの小さな会社で、社長から毎日怒られたりして、「社会人は普通こうなのかな?」と疑問を持ちながら仕事を続けるのが嫌になったそうです。

仕事帰りにたまたま見つけたDODAの広告でエージェントに登録したおかげで、働きながらも効率良く転職活動を行なえたそうです。転職後は一緒にいて楽しいと思える人達に出会えたおかげで、仕事へのモチベーションも高くなったそうです。

帰り道に見かけた広告のおかげで転職エージェントを知った

転職エージェントを利用しようと思ったきっかけは、そのほうが時間の節約につながると考えたからです。

阪急線を利用しているのですが、帰宅途中の1階から3階に上るエスカレーターにいつも広告が張り出してあって、スマホで検索したのが、一番最初にホームページを見ることがきっかけでした。

情報を登録すると、ページの中からいろんな企業が人材を求めていることがわかり、今の会社に縛れる必要もないのではないかと思えました。

また、自分の希望を入力する設定があり、設定すると候補となる企業がピックアップされて「あなたに合う企業はここです」と提案してくれたので、希望となる企業を探すだけでなく、提示してくれることは仕事して時間がないなかで助かりました。

自力で転職先を探すよりプロに手伝ってもらった方が早い

転職エージェントを利用するまえは、「本当に会社変えてしまってもいいのだろうか。今の会社でもできることは、まだあるだろうし、まだいいのかもしれない。」と考えました。

しかし、当時の会社に戻って仕事をすると、いやな気持ちは湧き上がってくるもので、やはり転職するために一歩でもいいから進もうと決めました。

自分のつてで探すことも考えましたが、それだと転職するまでにどれほど時間を費やすのか明確でなく、動き出すのは早ければ早いほうがいいと思いました。

なにより、自分の転職や仕事に対する考えを、その道のプロに聞いたほうが有意義な意見を頂戴できると思いましたし、自分だけの視野を広げることができると思ったからです。

自分の考え方をしっかり持っている転職エージェント

「まったくの初対面の方に自分の人生を左右するような相談をしてもよいのだろうか?」、「転職することで自分の人生はいい方向へいくのだろうか?」など心配していました。

初めてお会いした担当のエージェントさんは、30代なかばぐらいの男性でした。しっかりと話しを聞いて下さる方でした。

ご自身も仕事に対する考え方をしっかりもってらっしゃる方で、話しを聞くだけでなく彼自身のアドバイスもいただけ、この人なら任せても大丈夫かもしれないと感じました。

自分が求めている企業に効率良くアプローチできた

エージェントを利用して良かったと思うことは、エージェントが自分と企業の間に入ることで、客観的に自分はどんな会社で生きていくのがいいのか。どんな職種や人と関わるほうが自分にとってより良い選択肢になるのか。を聞くことができたことです。

自分で採用募集をしてる企業を探して連絡するだけの転職活動では活動に時間がかかりますが、エージェントを使えば自分が求めている企業に効率的にアプローチできる点がとてもよかったです。

エージェントから提案いただける企業の数も多かったので、一度面接させていただき、雰囲気や理念を聞ける機会を数多く作っていただけたと思っております。

その中から、自分がここなら仕事したいと思える企業に出会えたことに感謝です。

一緒にいて楽しいと思える仲間のおかげで仕事もやる気に!

エージェントに紹介してもらった企業に転職したおかげで、今では「仕事って楽しい!」と思えるようになりました。

自分が求めていたのは、仕事以外にもその会社の人たちとのつながりであったと気づきました。自分が一緒にいて楽しいと感じる人たちと仕事できる楽しさは、何にも変えられないことです。

以前の会社では、厳しくされ、怒られて、仕事自体のやる気がそがれていましたが、転職先では厳しいことも怒られる場面もありますが、一緒に仕事するのに理想だと思える人たちがいるので乗り切れるようになりました。

また、以前よりも人とのつながりにありがたさを感じることができるようになったと思います。

一緒にいて楽しいと思える仲間いることは当たり前ではなくて、偶然の出会いかもしれないですが、偶然ではないことにありがたさをかみ締めています。

転職した後のことも考えて転職活動しよう

同じ業種、職種でも複数の企業を見てください。特にそこにいる人たちは、どんな人たちなのか。自分と会うのかを考えながら転職活動をするといいです。

まずは、一歩前進しましょう。それから決めればいいのです。不安なこともあると思いますが、新しい一歩を応援しています。

 

パワハラ・セクハラばかりの会社から転職してストレスゼロに!

パワハラやセクハラの多いリフォーム会社に勤務していた30代後半女性の転職体験談
リフォーム会社に勤めていた30代後半の育児中の女性の転職体験談です。

子供が小学校に上がることをきっかけに就職したリフォーム会社でのパワハラやセクハラ、不公平な評価に耐えられず、転職を決意したそうです。

女性で30代後半、しかも子育て中という転職では敬遠されがちな状況の中、自分の状況を理解してくれる既婚者で女性のエージェントと巡り会えたおかげで、子供が風邪を引いた時などは早く帰らせてもらえるなど、柔軟に対応してくれる会社に転職できたそうです。

営業会社でのパワハラ・セクハラ・不公平な評価・・・

大学卒業後はSEをやっていましたが、産休・育休後は、経理の仕事をしていました。

子供が小学校に上がることをきっかけに、宅建を取得し、未経験の建築業界に就職。リフォーム会社で営業をしていました。

しかし、就職した会社でのパワハラやセクハラ、不公平な評価に耐えられず、転職を決意しました。

30代後半で育児中・・・転職には不利な状況

私は女性で30代後半、しかも子育て中という敬遠されがちな状況です。

SEや経理といったこれまでのキャリアを活かすのではなく、取得したばかりの宅地建物取引士の資格を活かすことができる職種で、なおかつ、不動産営業以外の職種で働きたいと思っていました。

しかし、どのような可能性があるのかが漠然としていて自分で探すことが難しい、また時間がかかってしまうと思いました。

仕事をしながらの転職活動でしたので、かけられる時間が非常に少なかったので、仕事の休みを効率よく使って転職活動することが求められましたので、転職のプロを頼ろうと思いました。

また、リフォーム会社への転職は、自分で良い会社と思って代表者に直談判までして入社したにもかかわらず、入社後の社内のひどい実態を目の当たりにしました。

自分の見る目がないのではないかと不安になったことも、転職エージェント利用のきっかけのひとつです。

ミスマッチの求人ばかり!大手転職エージェントにうんざりした一方で

最初は一番大手の転職サイト経由からの転職エージェントに登録しましたが、メールでのオファーはあったものの、業種が違う、職種が違う等マッチしない点が多かったです。

業種、職種の希望は伝えたものの、以後オファーもなく、放置しました。担当の男性の方とは一度お電話で話しましたが、常に上から目線でしたしこちらの状況を深く聞くこともなく良い印象はありませんでした。

一方、他の転職サイト経由からは、登録後すぐに転職エージェントから電話がかかってきました。不安や迷いを感じさせないほど、登録後間もなくのお電話でした。

また、担当者の方がとても熱心で、お話しした時間は短かったものの、この人になら話を聞いてもらおうかなという気持ちになりました。担当が既婚の女性であったのも好印象でした。

面談のおかげで転職活動の進め方が具体的にイメージできた

お願いしたエージェントはとても明るくはきはきとした女性で、とても感じの良い方でした。転職活動に不安を感じている気持ちや、今の会社の状況、家庭の状態をテンポよくヒアリングされていて、さすがプロだなと思いました。

お話を進めていくうちに、この人にお任せしてみようという気持ちに自然になっていきました。

また、初回面談時に既に提出してあった私のプロフィールと希望から、およその私に合った求人を数十件探してきてくださっていました。

今後の進め方についてもお話があり、具体的にイメージすることができました。

30代後半でも希望していた未経験の業種へ転職できた

30代後半でまったくの未経験業種・職種への転職は、簡単なことではないと思っていました。

しかし、転職エージェントの担当の方とお話をしていく中で、自分の学歴や経歴、資格で、そこそこうまくいくのではないかと思うようになりました。

転職活動に時間をかけられない中で、効率良くすばやく転職が決まったのは、担当の方の段取りがよかったのだと思います。

また、色々な求人案内を見たことで、自分の知らない仕事で、自分にできそうな仕事がまだたくさんあることがわかったこともよかった点です。

特に今回私が希望した業種、職種での求人は、比較的条件が良く、また、広がりがある業務です。

今すぐに転職することはありませんが、自分の人生でのキャリアプランが少し具体化したという意味でも、転職エージェントを利用してよかったと思っています。

転職してパワハラ・セクハラからの解放!勤務時間も自由に

転職前の会社では、不公平な評価、不公平な追客、セクハラ、パワハラがひどかったです。また、経営も傾いてきていたため、社内の雰囲気は最悪でした。

全身に湿疹が出るくらい、ストレスを感じていました。

仕事が少ないのに、給与だけはなぜかとても良く、ずっとおかしな会社だなという気持ちで在籍していました。

転職後の会社はまだ設立間もない会社なので、求人にあった事務の仕事以外にも、管理部や建築部の立ち上げ等の社内の体制作りに関わらせてもらえたり、人事評価基準について一緒に考えたりと新しい会社ならではの仕事にも携わることができます。

また、勤務時間についてもかなり自由で、子供の発熱等にも柔軟に対応してもらえるので、とても助かっています。

職務経歴書や面接練習の練習ができる

長らく就職活動とは無縁だったので、職務経歴書の添削はとても助かりました。また、ージェントは面接でどのようなことを聞かれるかというデータも持っています。予めそれに合わせて練習ができるので、面接での大きな失敗は防げると思います。

ご自身の新たな可能性を見つけてくれるかもしれない転職エージェントを是非利用してみてください!

 

転勤の多さにもうウンザリ!転勤のない会社に転職して落ち着きたい

全国転勤が多い20代男性の転職体験談
エネルギー業に勤めていた20代男性の転職体験談です。半年ごとに転勤がある会社に勤めていたが、家族ができた事がきっかけで全国転勤が難しくなり、転職活動を始めたそうです。

転職エージェントに登録したおかげで、自分の求めている求人を代わりに見つけてきてくれたそうです。

そのおかげもあって、転勤やサービス残業、休日出勤のない会社に転職することができて、家族との時間も増えたそうです。

学生時代の就職活動と転職活動は何か違う・・・

転職エージェントを利用しようと思ったきっかけは、転職活動をしようと思いましたが、転職するとしてもどこから応募すればいいのか?面接などはどのようにすればよいのか?など不明点が多く何から始めればよいのか分からず困っていたからです。

学生時代に就職活動は行ったことがありましたが、転職活動は就職活動とはまた違う活動だと感じました。

またネット検索で、「エージェントを利用することで転職率が大幅に上がる」という記事を見たこともあったのも利用しようと思った理由の一つです。

エージェントには様々な種類のエージェントがありましたが、できる限り応募したほうが良いということと、エージェントによって特化された分野に差があることも学びました。

自分の無知さにつけ込まれて騙されるのではないか・・・

転職エージェントを利用することに不安や迷いはやはり多少ありました。

不安の内容としては、本当に親身になって相談に乗ってくれるのか?自身の職歴で就職先を決めることができるのか?無料と言われているけれど、うまく流されて気がつけば代金を請求されるのではないか?などです。

あまり知られていない活動なので、無知な自身が騙されるのではないかと不安になることもありました。

また個人情報などを入力することになるので、個人情報の流出なども不安の一部にありました。

しかし、それでもエージェントを決めた理由としては、周りの口コミと本気で転職したいという気持ちが高かったので登録しました。

色々なアドバイスをいただき、今ではエージェントに登録していてよかったです。

転職エージェントとの打ち合わせはほとんど電話のみで進行

担当エージェントにお会いしたには一回だけとなります。(その他は電話での面談となりました。)

ご来社したオフィスは非常にきれいで入るのに少し戸惑いましたが、無事辿り着くことができました。

担当の方は女性で、まず始めは緊張をほぐすためにも軽い面談から始まりました。その後に自分の転職のビジョンなどを面談でお話しました。

当日も現在で紹介できる求人をいくつか用意していただきました。面談の流れや進行については特に問題なく終わりました。

自分の求める求人を代わりに見つけてくれて効率的!

転職エージェントを利用してよかったと思ったことは、自身では見つけることのできない求人を紹介していただいたことです。

自分でも就職情報を調べ見つけようとしますが、求人数が多く、自分が求めている求人になかなかで会うことができないことが多くありました。

しかしエージェントを利用したことで、自身が求めている求人を紹介していただき探す手間が省けたと思います。

次によかったこととして履歴書、職務経歴書などのアドバイスを頂けたことです。

自分だけではしっかりとかけたと思っていたものでも、第三者の目から見つめなおしてみると、おかしなところやさらに良くする書き方などが見つかりました。また企業にさらにアピールできるポイントなども知ることができました。

サビ残、休出が当たり前の会社から転職できて家族との時間が増えた!

転職する前はサービス残業は当たり前、休日に突然呼び出され仕事をすることなどはしょっちゅうでした。家族との時間をとることがなかなか難しく、非常につらい日々を送っていました。

また異動は半年で1回などであることもあり、疲労困憊の状態でした。

転職後はこれらのことは改善され、公私をしっかりと区別することができました。家族との時間も以前よりはしっかりととれるようになり、転職してよかったと感じています。

転職エージェントを利用する前は不安だけしかありませんでいたが、転職エージェントに会った後は気持ちが少し楽になり転職活動がスムーズにできたのではないかと考えています。転職エージェントは無料ですることができるので利用する価値はあると思います。

本気で転職したいならしっかり自己分析しよう

これから転職エージェントを利用するにあたって、しっかりと自分のことを調べてから相談することをオススメします。

転職が決まるまでは不安でたくさんだと思いますが、周りの方の協力もありますので、頑張ってください。

 

新卒で早期退職という転職に不利な状況で職務経歴書や自己PRはどう書く

新卒で早期退職してしまった23歳女性の転職体験談
新卒で入社した会社を早期退職した23歳女性の転職体験談です。

四年制大学を卒業後、栄養士として就職したけど、仕事を教えてもらえない会社で身体と精神ともに追いつめられ「もう辞めたい」と思い早期退職したそうです。その後、アルバイトをしながら転職エージェントを利用して転職活動を開始。

新卒で入った会社を早期退職という転職には不利な状況で、企業に提出する履歴書や職務経歴書や自己PRの書き方に迷いましたが、転職エージェントの添削のおかげで内容の濃い職務経歴書や自己PRを作り込むことができ、それが役に立って無事転職できたそうです。

仕事を教えてもらえないのに結果を求められ、身体的・精神的に追いつめられた

私は四年制大学を卒業後、栄養士として病院で勤務をしていました。厨房業務がメインであり、大量調理は未経験からのスタートでした。

新規オープンであったため、先輩社員が多忙であったことから、仕事をちゃんと教えてくれない会社でしたまともな指導を受けられず、手探りでやりながらも、先輩社員と同等のスキルが求められ、身体的にも精神的にもかなり追い詰められた状況でした。

月に一度の本社での新入社員研修では、現場で役に立つことを教えてもらえず、課題ばかり課せられ、試用期間が終わる頃には、完全にライフワークバランスが崩壊していました。

シフト制の勤務で欠員が出たら休日出勤をし代休もなく、命に関わる業務という重圧・時間内に食事を提供しなければならないという切迫感に追われる毎日の中で、ふとした瞬間に、“私は定年までこのままなのだろうか”と考えるようになりました。

仕事も慣れてくると考える余裕が出てくるようで、“一度切りの人生もっと充実した人生を送りたい”、そう考えるようになったのが、転職に踏み切るきっかけになりました。

同じ失敗はしたくない!次の職場探しは転職エージェントと一緒に!

転職活動で転職エージェントを利用した一番の理由は、“自分が選んで決めた職業で失敗をしてしまったから第三者の声が聞きたかった”ということです。

自分自身では見つけることが出来なかった自分の適性であったり、どうして失敗をしてしまったのかということを知りたかったのです。

転職エージェントの存在を知ったのは、身内で転職エージェントを利用して、転職に成功した人が居たことでした。

専任のアドバイザーがつくのに無料でサービスが受けられるということは、すでに退職してしまい、金銭的不安があった私にとっては、又と無いお話でした。

精神的にも衰弱しきっていたため、“仕事を探さなくちゃいけない”という気持ちに対して行動力が伴わず、自分ひとりでは転職活動などできないに等しい状況であったということも、利用するきっかけだったのかもしれません。

早期退職の後ろめたさ・・・相手にしてもらえないんじゃないか?

エージェントとの面談をする前は、新卒として働き始めたにも関わらず早期退職をしてしまったことに後ろめたさを感じていました。

“私の話なんてまともに聞いてくれるのだろうか”、”忍耐力のない人と思われて紹介してもらえないのではないか”、などの不安な気持ちでいっぱいでした。

しかし、実際に面談に行ってみると、面談が始まるまでの緊張が嘘のように、ひとつひとつ、ゆっくりと確かに私の話を親身になって聞いていただけて、不安な気持ちから“まだまだ頑張れる”という前向きな気持ちになることが出来ました。

転職エージェントでの面談を通して、”なぜ転職しようと思ったのか”に至るまでの、”そもそもなぜその業界に就職を決めたのか”から振り返ることができ、自分の中の考えや気持ちの整理をつけるいい機会になりました。

エージェントのおかげで転職に対して前向きになれた

実際に会うまでは、メールや電話でのやり取りであったため、もちろん最初は緊張しました。

私の担当のエージェントは女性で、とても優しそうな方という印象を受けました。

実際に話をしてみても、なんでも親身に受け答えしていただき、時には笑いが混じるようなお話もし、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

転職に対する不安が、前向きな気持ちに変わった瞬間だったと思います。

私自身、転職エージェントを2社利用しましたが、どちらも女性の方で、誠実で真摯に受け答えしていただける方でした。

今の自分にできる事とできない事を見つめ直す事ができた

転職エージェントを使って一番良かったと思ったことは、”なにができて・なにがしたくて・なにが求められているのか”を、もう一度見つめ直す機会が出来たことです。

それまでの自分は“私には栄養士の道しかない”と、どこか自分の可能性と向き合うことなく、置かれた状況から外の世界を見ようとしませんでした。

未経験からでも応募可能な求人を紹介してもらうことで、自分にはできないと決めつけていた世界を見ることが出来ました。

同時に興味の幅も広がり、どうして学生時代に、もっと就職のことを真剣に考えなかったのだろうかと思うようになり、企業と向き合いながら、転職活動を行うことが出来るようになったと思います。

“できないと決めつけない自分”と出会えたことが、転職エージェントを利用して一番良かったと思うことであり、感謝しています。

前職の失敗を活かして仕事に対する姿勢が変わった

最終的には転職エージェントに紹介してもらった企業ではなく、自分で見つけて応募した企業へ転職しましたが、仕事に対して向き合う姿勢が変わったように思います。

それまでは気にしてこなかった年収であったり、福利厚生や職場環境など、失敗を通して何を優先的に見ていくのかを考えるようになり、今は自分に見合った丈の仕事が出来ていると思います。

恐らくこの収穫は転職エージェントを利用せず、自身で転職サイトを使って転職活動をしていたら、気づかずに同じ過ちを犯していたのだろうと思います。

転職エージェントの利用を通して、第三者の声を聞くこと、客観的に自分を評価してもらうことの大切さを実感することができ、自分の可能性を広げることが出来ました。

初めて書く職務経歴書も添削のおかげで内容が濃いものに!

私は前の職場を退職してからすぐにフルタイムでアルバイトを始めてしまったことから、面接対策に足を運ぶことはできませんでしたが、メールで職務経歴書と自己PRの添削をしてもらって大変助かりました

はじめての転職だから職務経歴書を作ったことがない、尚且つ就業期間がとても短かく、内容の薄さに困り果てていました。

しかし、そんな中でも初回の面談で話したことを整理し、”ここをもっと掘り下げて書きましょう”、”小さなことでも書きましょう”を合言葉に、みるみる内容の濃い職務経歴書を仕上げることが出来ました。

自己PRに関しても面談での話の内容だけではなく、面談の時の私から受けた印象を率直に教えて下さり、本当に多くの材料を提供していただきました。

転職エージェントを利用するも利用しないも抜きにして、一度面談に行ってみてください。”これまでの自分”と向き合う、良い機会になります。

 

転職サイトに登録したけど何をすればいいかわからず行動できなかった

将来に不安を感じる31歳男性の転職体験談
英会話学校の営業職をしている31歳男性の転職体験談です。

同期や先輩がどんどん辞めていき、今の会社より高待遇の会社に転職していくのを見て将来に不安を感じ、自分も今より高待遇の会社へ転職したいと思ったそうです。

そんな中で転職サイトに登録したけど、どんな企業に転職したいかもわからず、何をすればいいのかがわからないため、転職活動のモチベーションが上がらずに行動ができなかったそうです。

そこでDODAエージェントサービスを利用。エージェントとの面談のおかげでぼんやりしていた転職活動の目的が具体的になり、現在はまだ活動中ですが、譲れない条件を決めて高いモチベーションで転職活動ができているそうです。

同期や先輩はみんな辞めていく・・・将来に不安を感じた

私はシフト制で働いているので、平日や土日によって就業時間がまちまちで体調管理が大変であること、また来月のスケジュールが月末までわからないので予定が組みにくく、友人と疎遠になってしまったのが不満でした。

土曜日の夜に皆が飲み会をしているのに、自分だけ参加できなかったりするのが辛かったです。

また基本給が安く、ポジションが上がっても税金で全く手取りが増えないのも嫌でした。

正直、給与が低いため本来モチベーションが上がるはずのボーナスなども額を見て、逆にテンションが下がってしまい、営業活動も頑張るという気持ちになれませんでした。

同期や先輩が待遇面を理由に皆どんどんやめてしまい、条件の良い会社に転職していく度に、自分の将来に不安を感じていました。

転職サイトに登録したけど何をすればいいかわからず行動できない日々

ちょうど転職サイトに登録したもののモチベーションがあがらず、企業への応募をするどころか、どんな業界や企業を受ければ良いのかということすら判断がつかず、全く活動ができていない時でした。

何か少しでも転職活動を前に進める行動をとらなければ、という焦りもありました。

転職サイトに登録するとエージェントから”面談をしましょう”というお誘いがくるので、せっかくだから何か得るものがあればいいなくらいの気持ちでDODAエージェントサービスのエージェントとの面談にトライしました。

もともとエージェントという存在があることは知っていましたし、どんなアドバイスをくれるのかは興味がありました。

連絡に対してメールを返信したら当日にすぐ連絡が来て、日程や場所を確認され、面談をすることになりました。

面談ていっても何を話せば良いのかわからないな・・・

エージェントとの面談前はどんな企業を受けたらいいのかが全く整理できてない状態だったので、実際に面談を行っても何を話せば良いのかわからないということで、エージェントの人を困らせてしまうのではと不安でした。

またエージェントも営業のノルマなどがあると思いますので、自分の希望していない会社や人気がない会社を無理矢理勧められるのではないかなとも不安はありました。

ただ、何かアクションをしなければならない、活動を前に進めるには誰かと話して、多少でも無理矢理動かないと自分の場合はうまく進まないと判断し、何か営業的なことをされたらその時はそこで利用をやめようと、自分の中でルールを決めて、転職エージェントを利用することを決断しました。

良い事も悪い事もはっきり伝えてくれた

エージェントの第一印象としては、理論的に話をする人だなと感じました。自分の話を聞いて、上手にまとめてくださったと思います。

ただ話を聞いて、自分にとって良いことも悪いことも、しっかりと伝えてくださるので、ある意味覚悟は必要だと思いました。

私の場合は、自身の経歴だと似た分野への転職はできるが、年齢が30歳を超えているので、他の業界への転職は簡単ではないとか、自身の労働環境を変えるには今と似た仕事をしていては難しいなどということを伝えられました。はっきりと言ってくださった方が良かったので自分としては助かりました。

エージェントがいる事で心が折れずに応募や面接を続けることが出来た!

エージェントと面談したおかげで、まず条件において自分の中で絶対に譲りたくないことと、妥協できることが整理できるようになりました。

自分で会社を探す時にこの条件は我慢して受けてみようという線引きの基準がクリアになったので、応募がしやすくなりました。

またエージェントに会って実際に一つ会社を応募したので、面倒に感じていた履歴書や職務経歴書を半ば強制的に書き、自分の中で転職活動のスタートが切れました。もし会っていなかったら今もどの企業を受けたら良いのかわからないままだったと思います。

また面接に落ちてしまった時に、前もって自身の状況が転職に置いて決して簡単なものではないという話をしてもらっていないと、気持ちの整理ができず、面接を続ける心が折れてしまっていたと思います。

エージェントを利用したことで、色々自身の状況を客観視できようになったことは本当に良かったです。

自分では見つけられなかったような求人を次々と紹介してくれる

エージェントの方が進めてくれた会社など、自分だけでは知りえなかった会社で条件に合うものなども探して送ってくださるようになったので、企業探しの視野を広げられたくさんの会社に応募できていると思います。

まだ転職活動中ではありますが、エージェントの方に会ったことで会社に応募することに躊躇する段階ではなく、どんどん面接への応募をしていく段階にシフトできるようになりました。

また第一志望の会社ではなかったのですが、一つ内定を取ることもできました。結局別の希望の会社を受けることになったので辞退をしたのですが、内定を得た会社もエージェントの方が紹介をしてくれた会社でしたので感謝をしております。

エージェントとあったことで、ぼんやりしていた活動が具体的にすることができています。

「どんな転職をしたいか」がぼんやりしている人こそエージェントに相談を!

エージェントと話すには、自分の中でまとまってなくても、ぼんやりしたことでも良いので希望ややりたいことはできるだけ伝えた方が良いです。

本当にちょっとしたワードでも拾って、会社を紹介したりしてくれますので、今後の将来に繋がります。

思ったように活動できてなかったり、行動できてない方はぜひ利用した方が良いと思います。特に営業活動もされませんし、自分の役に立つようにサポートをしてくれます。ぜひ転職活動が良いものになるように頑張ってください。

 

はぁ!?家のローンがあるのに夫が退職!派遣の給料じゃまずい!正社員に

家のローンの返済が残っている30代女性の転職体験談
派遣社員として働いていた30代女性の転職体験談です。

住宅ローンが残っているにもかかわらず夫が仕事を退職してしまい、仕事がない夫のかわりに自分が給料の低い派遣社員だったのでもっと給料の高い正社員に転職しようと思ったそうです。

時間がないため自分でも求人を探しながら3社の転職エージェントに登録して転職活動を開始。

結果的には自分で見つけた求人に転職したそうですが、エージェントを利用したおかげで、転職市場の動向を知れたり、面接や履歴書の対策ができたことが大きかったそうです。そして妊娠・出産を経て専業主婦になり、また仕事をするためエージェントを利用することに・・・

家のローンがあるのに夫が退職!少しでも高収入の職に就かなくちゃ!

私が転職しようと思った理由は、住宅のローンが残っていたにもかかわらず、夫の仕事がうまくいかなくて退職してしまったためです。

夫のかわりにローンを返すため、少しでも収入がある職につきたくて、当時していた契約社員を退職し正社員として転職活動をはじめました。

転職はその時3回目の転職だったので、転職回数がネックになるのではないかと不安でした。

一番最初の職場では正社員でしたが結婚のために転居せざるをえなくなり、契約社員に転職したので、女性は自分の意思だけで仕事を決めたり、継続したりできないものなんだなと感じました。

年齢も30代になり、ある程度の特技やキャリアがないと事務職の転職はとても難しいものだなと感じました。

また、結婚していたので、子どもの予定はどうかということを聞かれるのではないかと不安でした。

早く正社員として転職するため3社の転職エージェントに登録

もちろん自分でも多くの転職サイトをみたり、ハローワークに行ったりして応募し、積極的に職を探していました。

とにかく、夫が仕事を辞めてしまったので、できる限り早く自分が転職しなくちゃと必死でした。

可能性があるものにはなんでもチャレンジしようと思い、転職サイトで目にした転職エージェントにも登録しました。転職エージェントもDODAだけでなく別の会社にも登録しました。

そのうち何度か面談したり電話が頻回にかかってくるようになったので、実際に登録したのは3社にとどめました。

転職エージェントだと応募する企業に関して対人なので、PCと違ってより質問しやすいのでそういった面で便利だなと思いました。

転職3回目だと履歴書も見てもらえない企業ばかり!?

初めて利用した転職エージェントの方は若い女性の方だったのですが、フレンドリーだなと感じました。

転職回数が3回目だったので、3回目だと履歴書もちゃんと見てもらえない企業が結構あると聞き、ショックを受けたことを覚えています。

ただ、それを理由に私が望む職種以外のものをたくさん持ってこられたのには納得できませんでした。

なんとなく、なんでもいいから早く私を就職させたいととにかく手っ取り早く受かりそうなものを持ってきたという感じがしたのでちょっと不満でした。

退職理由など、面接のときに嫌な印象を最低限にできるか

エージェントでスキルチェックなどがあるので、自分自身の能力を客観的にみることができたように思います。また、履歴書や職務経歴書のチェックをしてくださったことは大変良かったと思います。

退職理由をいう場合など、面接のときにどうすれば嫌な印象を最低限にできるかなど、聞きにくい質問にも答えてくださいました。

そして、転職回数が3回以上だと履歴書を見てもらえない企業が結構あるという厳しい現実を知ることができてショックな半面、転職活動の厳しさを知りました。

私はエージェントが紹介してくれた違う職種はなかなか受け入れられず、結局自分が転職したのは転職サイトでみつけたものになりましたが、履歴書や職務経歴書のチェックや面接対策をしてもらっていなかったらその企業にも就職できなかったかもしれません。

とりあえず、給料の低い契約社員から正社員に転職できたので、自宅のローンのこととか、主人の収入がなくなることとか、不安でいっぱいでしたが、正社員として就職できてからは不安がゼロになることはなくとも、かなり気が楽になりました。

専業主婦から正社員になるため改めて転職エージェントに登録

あれから妊娠、出産を経て、現在はまた専業主婦になっていますが、そろそろまた仕事をしなくちゃならないため、また転職エージェントに登録すると思います。

でも、担当よって対応は全然違うので、自分にあった担当の方がついてくれるといいなと思います。

転職中は面接までの時間とか、採用結果がでるまでがものすごく長い時間に思えましたが、就職が決まればあっという間だったなと感じます。

転職期間は面接、採用通知で一喜一憂しますが、就職したらしたで、今度は職場での悩みが色々生じるので、よっぽど自分に合った仕事でも見つからないかぎり、ずっと平和なんて状況は来ないのだろうなと思います。

履歴書や職務経歴書の書き方はネットで調べてもよく分からなかった

転職エージェントを利用したおかげで、履歴書や職務経歴書の書き方を学べたのはすごくプラスでした。

最初はネットを使って自分でも調べましたが、ネットには情報があふれかえっているので、どれが本当でどれが嘘なのかもわかりませんでしたし、自分の書類を書くときにどうすればいいのかがわかりませんでしたが、エージェトで担当の方がアドバイスくださることですぐに解決しました

また、面接で、自己都合で退職としているところの理由を聞かれた場合や、「妊娠した時はどうするんですか?」などの”答えにくい質問”をされた時の対処法などもアドバイスしてくださったので、心強かったです。

残念ながら、自分に合った職種の仕事は紹介してもらえなかったのですが、それ以外の情報をいろいろと得られたことはプラスだったように思います。

転職エージェントは職を紹介してもらうだけではなく、面接方法や履歴書や職務経歴書のことなど、ほかにもいろいろアドバイスにのってもらえるので便利です。無料のところはいっぱいあるので、自分に合ったところに登録できるといいですね。

 

元採用担当者が自分の転職で活用した体験談!転職成功&再就職手当も受給

自動車保険会社の採用担当者をしていた男性の転職体験談
自動車保険の内勤部署で上長をしていた26歳男性の転職体験談です。

小さな不満やストレスの積み重ねで「このままこの会社にいてもいいのか?」という気持ちになり、DODAエージェントサービスに登録したそうです。

エージェントに相談したおかげで、転職する前に他業界の情報や再就職手当をもらう方法などを教えてもらい、みごと転職先と再就職手当の両方を手に入れたそうです。

このまま今の職場に勤めていていいのだろうか?

私は以前、ダイレクト系自動車保険会社の内勤部署の上長を務めていました。社内で通用する能力は間違いなく蓄積されていましたが、社外に出て仕事をする営業担当の同僚や他会社の友人と比較して漠然とですが社会的に通用する能力は低いと感じていました。

また、現場責任者という立場にはありましたが基本的にトップダウン体質の企業であったため、現場を果たせているのかという疑問は常に頭にありました。

また、派遣として勤務している社員が多数在籍している企業でしたが、その方たちの人間関係の問題も多々起きておりました。

責任者として問題に介入するのも仕事の一環で、ストレスとまでは言わずとも少し疲弊していたと感じています。

どれが一番の理由というわけではないですが、総合して「このままここにいていいのか」という想いがありました。今となっては、贅沢な悩みもあったと思っています。

採用担当者として「自分が転職する時は絶対に使おう!」と思っていた

前職では採用にも関わる立場でしたので、人材紹介企業の営業担当の方と折衝を行うことが多々ありました。

その方達も仕事としてやっているわけではありますが、人の就職をサポートするためにこんなに熱心になる方達がいるんだなというのが初期の印象です。

やがて私自身が当時の仕事に疑問を感じはじめ、彼らとの定例の打ち合わせの場で雑談程度に転職の相談を持ち掛けたのがきっかけです。

他業種・他業界のことをたくさん聞かせていただけたことや、いわゆる再就職手当がハローワークまたは有料人材斡旋事業者のサービスなどを受けていないと受給できないことなど、転職後のことまで色々と教えていただき、機会が訪れれば絶対に転職エージェントを利用しようと考えました。

転職エージェントを使うと採用のハードルが上がるのでは?

私の場合、利用する以前よりエージェントと接点があったことから不安がほぼ解消されていたため、利用することに迷いはありませんでした。

強いて言えば、「エージェントを利用すると採用企業のコストがかかる」という情報は知っていたので、それが理由で採用ハードルが上がるのではないかという点は少し懸念していました。

しかし、書類の書き方から面接応対までサポートが充実している点は、はじめて転職する身としては非常に魅力的でした。

また、私自身が採用する立場だったときには良い人材ならばコストはさほど意識しませんでした(これは企業にもよると思いますが)ので、しっかりアピールできればコスト面はさほどネックになることもないだろうと考え、すんなり利用を決断しました。

エージェントとの面談では焦ったけど、実際の面接でなくてよかった

お試し感覚、とりあえず飛び込んでみようと気楽な感じで、転職エージェントとの初回相談を迎えました。

笑顔で物腰は大変柔らかいのですが、自分で整理できていないことまでかなり根掘り葉掘り聞かれ、少し焦ってしまったことを覚えています。

しかし、実際の企業での面接で同様のことが起こる前に論理的に自己整理を行えたことは非常に良かったと思います。

その上で、私が避けたいことは避け、望みが叶いそうな業界・業種をピンポイントで紹介していただけたので、転職について前向きに、希望をもって取り組めるようになりました。

エージェントのおかげで転職成功!再就職手当も受給できた!

転職エージェントを利用したことで、しっかりと書類の書き方を丁寧に教わることができました。また、やりたいこと、転職する利用について論理的に整理することができました。

面接の希望日の調整などもエージェント経由ならば忌憚なく伝えられるので、転職活動をスムーズに行うことができました。

企業が求めている具体的な人材像、重視されるところ、採用担当者の印象などエージェントを活用しなければ事前に知ることができなかった情報も多かったです。

縁がなかった企業に関しても、ただ通知だけではなく不採用になった理由をエージェント経由で知ることができたので次の応募・面接に活かすことができました。

転職成功後は、共に喜んでいただけたことも非常にうれしかったです。再就職手当も問題なく受給することができました。

転職しなければ出会えなかった人達と出会えて良かった!

前の職場は年収は元がやや高かったため、転職直後は若干下がりました。

仕事の内容が大きく変わったため、ストレスに関しても増えた/減ったではなく質が変わったという感じです。

環境が変わったことで自分自身が否応なしに変わらなければならなくなり、大変ではありましたが前職のままでは絶対にできなかった経験、身に着けられなかったスキルを得ることができました。

また、前職で良かった点も離れてから徐々に見えてくるようになりました。今後はどちらの経験からも良いとこ獲りをして、よりよい職場環境を作っていくことにも注力していきたいと考えています。

転職しなければ出会うことができなかった人と出会えたことが一番良かったことではないかと思います。

転職したからといってすべてが良くなるわけではない

転職することで何もかもよくなるわけではありません。やりたいことがあれば迷わずその道に進めば良いと思います。

それがなければ、自分が我慢できること、できないことを整理すると転職すべきか留まるべきか意思決定できるのではないでしょうか。

転職しなければ出会うことができなかった人と出会えたことが一番良かったことだと思います。

「転職エージェント利用者の体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・