これ以上給料が増えず退職金も無しの営業管理職!40歳までに転職したい

40歳までに転職したい男性の転職体験談
営業管理職をしている30代男性の転職体験談です。

12年務めた職場の給料がこれ以上増えなくなったことを機に、40代までに他の可能性を見つけようと思い、リクルートエージェントに登録して転職活動を始めたそうです。

現在はまだ転職活動中ですが、エージェントとの面談のおかげで転職はネガティブな行動ではなくポジティブな行動に思えたそうです。

これ以上給料が増えそうにない!仕事ができる人ほど辞めていく会社・・・

今の職場は12年も勤めていたのに退職金が出ない職場です。それに給与面が頭打ちになってきていたのでこれ以上給料が増える見込みは少なく、40歳になるまでに他の可能性を見つけたくて転職活動をしようと決意しました。

自分の行っている業務に関していえば、著しく評価が低すぎる、他の社員と比べればというより、同年代では一番評価されていたが、そもそも社員に対しての経営陣の評価自体がなされない、経営陣は評価しているつもりになっている部分が特に不満に思っていました。

同業他社に比べて内部留保が多く、社員への還元が少ない典型的な同族会社となっており、事業拡大思考があるにも関わらず、人材を確保することに積極的でない部分に不信感を覚えていました。

同じような不満を持つものが多く、仕事の出来る人ほど会社を離れていく状況で将来性に不安を抱えています。

家族を養うため離職してから転職活動するのは避けたい!

私には家族がいて生活があるため、現在の会社を離職したのちに転職活動をするというのは非常に不安でした。

勤めながら転職活動を行うのに効率良い方法として、転職エージェントを利用するのがよいと感じました。

自分ひとりの情報力よりも専門のエージェントのほうが、非公開の求人も確認することができることも魅力を感じました。

エージェントの会社も転職が成功して初めて報酬を得られる、ということはそれだけ転職を積極的に薦めてくることは当然で、そこにはお互いの利害が一致すると考えたのも一つのきっかけになりました。

なかには登録させたままなんの連絡もない業者もありましたが、大手で名前の通っているところであれば大きな間違えはないと思います。

多くの登録者がいる中どれだけ自分の転職活動を手伝ってくれるのか?

転職エージェントを利用するうえで、情報漏えいと、どれだけの情報提供してもらえるか、たくさんいる登録者のなかで、自分に対してどれだけ関わってもらえるかが大きな不安でした。

きちんと契約したことにより情報漏えいに関しては問題はクリアしました。

エージェントの会社の利益は、転職が成功して初めて利益を得られるので、親身になるのは当然という考え方が、非常に納得することが出来ました。

ただ、だからといって無理やり転職させようとするまでではなく、転職活動をするに至ったこちらの状況や立場をしっかりと理解して把握して頂けたのがよかったと思います。

あとは、リップサービスだとは思いますが、相当持ち上げて頂いたのも利用にいたった理由です。

エージェントはただ希望の条件にあった求人を紹介するだけじゃない

エージェントとの面談当初は、希望項目や現在の業務内容などの聞き取りで事務的なものになると想像していました。

しかし良い意味で予想以上に転職を希望するにいたる心情的な経緯も含めて、カウンセリングに近い面談だったのに驚きました。

自分の経験や言葉だけではない、実際の業務や会社の雰囲気といった表面的にはわかりにくい部分もしっかりと聞いていただいたように思います。

実際に当時の勤め先が求人を出ていたこともあって、その話もしたのですが、面接官も想像していた会社の雰囲気と現実の違いに驚かれていました。

こうやってエージェントは求人を出している企業の内情をちゃんと知っていくんだなと関心しました。

失っていた目標を取り戻しポジティブな気持ちになれた!

客観的な意見を聞くことが出来て、もやもやとした自分自身の嫌な気持ちを整理できたように思います。

「今すぐ転職する」という気持ちになったわけではありませんし、現在の状況が大きく変わったわけではありませんが、仕事に対する考え方が客観的に捕らえられるようになったと思います。

自分の会社に対する評価もわかったように思います。自分自身の相対的なキャリアを判断でき、今現在で足りないキャリアや今後役に立つであろうキャリアを自覚でき、仕事に対して失っていた目標を見出せたように思います。

転職するか否かは別として、自分自身が進んでいく道ややるべきとこが見えてくることで、ネガティブな気持ちからポジティブな気持ちへ移ることが出来ました。

転職はポジティブなもの

今はまだ生活自体はそれほど大きく変化はしていません。毎日のルーティーンとして、個人アドレスのメールチェックと転職エージェントサイトを見る、という日課が増えている程度です。

転職エージェントサイト見ることで、地元の企業を知ることができ、それは現在の営業活動にも役立っています。自分の会社を客観的に見られるようにもなったと思います。

転職することは決してネガティブなものではなく、成長やスキルアップ、キャリアアップといったポジティぶなものにしていきたいという言葉に勇気をもらいました。

「リクルートエージェントの体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・