30代で初めての転職、ITエンジニアの体験談。効率良い求人の探し方

上流行程に関わりたい!30代のITエンジニアの転職体験談
ITエンジニアをしていた30代男性の転職体験談です。

テスト業務ばかりでスキルアップができず、もっと上流行程の業務に関わりたいことから30代で初めて転職活動を始めたそうです。

ただ、ひとりでは自分に合った求人を見つける自信がないことから、リクルートエージェントに登録。

現在はリクルートエージェントに紹介してもらった会社に転職して、求めていた上流行程の仕事に携われて、自主的に勉強を始めるほど良いモチベーションを保てているそうです。

30代は転職のラストチャンスだと感じ転職を決意

転職しようと思ったきっかけは、もっと上流工程の業務に携わりたかったからです。

前職はITエンジニアとしてシステムの開発(プログラミングやシステムテスト)の仕事に携わっておりました。

仕事内容はSEが作った設計書を元にプログラミングしたり、自身でテスト項目書を作成しシステムの評価業務を担当しました。

しかし、そのほとんどの業務がテスト業務で自身のスキルアップが図れないと思いました。

なぜなら業務は3次受けの業務が多く、上流工程はほとんど元請けの会社が担当しておりました。

このまま年齢を重ねてしまうことに危機感を感じ、これまでの経験を元に上流工程の仕事を経験できる会社に転職したく思っておりました。

仕事をしていく中で、やはり将来に対する危機感を感じることが多く、これが最後のチャンスだと思い転職を決意しました。

初めての転職。失敗しない求人の選び方が全く分からない・・・

転職エージェントを利用したきっかけは、転職自体始めてだったので転職活動に不安をもっていたからです。

また、求人選びもほとんど素人だったため、スキルアップを確実に達成できる企業を選ぶ自信もありませんでした。

そこをプロの力を借りて、今の自分の状況にあった企業を紹介していただくことが目標でした。

これまで3次受けの仕事しかしていませんでした。ですから、自身のアピールポイントもはっきりせずこのままでは面接でなにも売りとなる部分がない状態でした。

そこで転職エージェント力を借り、自身のキャリアの棚卸のサポートをしてもらことで面接でのアピールポイントを探ろうと考えていました。

面接の練習も行ってくれますので、自身で転職活動するより何かと利点があったため利用することに決めました。

働きながらでも転職エージェントを利用してもいいの?

利用する前は、自分のキャリアで転職エージェントに相手にされるかかがとても不安でした。

転職エージェントに私の勝手なイメージで、ハイレベルな案件しかもっていないではないかと思ってもいました。

また、働きながらの転職活動でしたので、転職エージェントとの担当者とうまくスケジュールを合わせられるのかという不安もありました。

初めて担当者と顔を合わせる前もとても不安で仕方がありませんでした。

それでも、転職エージェントを利用すると決めたのは転職エージェントの担当の方と初めて顔合わせをしたときに聞いたエージェントの求職者に対するサポート方針です。

その方針とは、転職するということの根本を理解してもらいそれを転職活動に生かすためのサポートをするというものでした。

その方針に深く共感を覚え迷いはしましたが、転職エージェントを利用しようという決断をしました。

自分の伝えたい事をうまく引き出してくれるエージェント

初めて担当のエージェントと会ったときは、色々な話を聞いてとても頼りがいがある転職エージェントだと感じました。

初めて会うということで、緊張はしましたが緊張をほぐすように配慮をしていただけましたし、対応も明るかったので不安な気持ちはなくなりました。

不安なのはしっかり転職エージェントに自身の経歴がうまく伝えることができるのかでしたが、ヒアリング力にすぐれ私の言葉裏からも業務内容を推測して答えてくれました。

また、緊張をときほぐすだけではなく厳しいことも言ってもらえたので転職に対するモチベーションが上がりました。

転職したい根本の考えがしっかりしてないと転職は成功出来ない

エージェントに出会うことで、本当に自身に必要な転職活動を学べたと思います。

一番は基本が大事であるということを学びました。エージェントから一番頻繁に言われたことがあります。それは、世の中の物事全般に言えることで「基本部分、根本部分」が大切だということです。

転職に当てはめると「そもそもなぜ転職したいのか?」、さらに根本部分に掘り下げると「そもそも転職する意味はあるのか?」ということです。

実はこの基本的な部分に対する考えをしっかりもっていないと、いくら小手先の技術をいくら磨いてても、転職は成功しないということを何度も教わりました。

逆にこの部分に関する考えをしっかり持っていれば、自分が応募するべき企業やその企業に対する志望動機も見えてきました。

この基本を大切にするというサポートが私が利用した転職エージェントの一番の特徴でした。

先に述べましたがこれは物事全般に当てはまり、転職活動以外でも役に立つ考えだと実感しております。

難しいことも基本に立ち返れば言いたいことはそんな難しくないと分かったり、以前より解決がスムーズにできるようになったと思っております。

転職活動でもやることがいっぱいあるように見えて、突き詰めることはそんなに多くないことも実感できました。

転職エージェントを利用してよかったことは、新たな考え方も学べてプロ目線での色々なアドバイスが受けれることだと思います。

やりがいのある仕事に携われて自主的に勉強するようになった!

エージェントに紹介してもらった企業に転職しましたが、年収は変わりませんでした。ですので、生活水準は前とほぼ変わらないと思います。

しかし、転職エージェントを利用したおかげで、自分にマッチした仕事ができているため仕事にやりがいができました。

仕事での充実ぶりから、少しだけ性格的に前向きになりましたし明るくもなれたと思います。家の雰囲気もかなり良くなったと思います。

生活自体はさほどかわりませんが気持ちの部分での変化が一番大きいと思いました。

上流工程はお客様と接する機会が多くありますので、前よりも書籍や新聞を読むようになり知識を仕入れることも習慣になりましたので、その部分も前と変わったことかなぁと思います。

このように転職してからは、気持ちの部分に変化が生じそれがきっかけで生活というより自身の生活習慣も変わってきました。

セミナーに参加して求人企業を見る力を養おう

業界研究のセミナーは是非出た方が良いと思います。転職活動でもっとも大切なのは、求人情報を出している会社を【見る力】と【自分を理解する根本的】なことです。

さらに、なぜ転職したいのかというさらに根本的な部分はもっと大切になってくるということがエージェントを通した就職活動で分かりました。

業界研究セミナーはまさにそれが分かるうってつけのセミナーだと思いますので、出席した方が良いと思います。

転職エージェントは、単に求人紹介や書類の添削を行っている所ではありません。転職をさせるための根本的な部分を教えてくれますし、皆さんが思っているよりサポートはきめ細かく素晴らしい物がありますので是非利用をお勧めします。

転職エージェントを利用し、良い就職に結びつくことをお祈りしております。

「リクルートエージェントの体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・