会社の業績不振で給料が激減!将来の見えない会社から転職を決意

給料が激減した40代男性の転職体験談
勤めていた会社の業績が落ち込み、外資系会社により吸収合併され、給与・賞与が激減したのを機に転職を考えたそうです。最初は転職サイトを利用して求人を探していましたが一人での転職活動には不安があり、リクルートエージェントを利用しました。

結果的に、前職とは少し違う業種の会社に転職。通勤時間は長くなりましたが、給与は前職の業績が落ち込む前のレベルまで戻ったので満足しているそうです。

転職サイトに登録したが求人情報を眺めるだけで応募できなかった

転職を考えた当初は、エージェントではなくwebサイトに登録し、自ら業界・業種を絞った求人を検索する方法をとっていました。

複数のサイトに登録しておりましたが、細かい条件が不明であること、初めての転職でどのように進めてよいか分からない不安、自分の適性にあった職場・業種であるかどうかの不安等があり、結局応募ができませんでした。

職場の友人が過去にエージェントに相談したことがあり、自分ひとりで探すよりも効率的かつ過去の経験に基づいたアドバイスを頂けると聞きました。

いろんな不安の相談や第三者から見た自分の評価を明確にできること、かつ初めての転職活動で失敗する確率が低くなると考え、転職エージェントを利用した転職活動を実施しようと考えました。

今の会社に残りたい気持ちも抱きながらエージェントと面接した結果

転職エージェントを利用する前には、登録してしまうと例え条件が悪くても必ずどこかに転職しなければならないのではないかという不安がありました。

正直なところ、長年培ってきた社内外の人脈もあり、以前の会社に留まりたいという思いも半分程度はありました。

このような不安がある中ではありましたが、そのエージェントで転職活動するかどうかは別として、まずはエージェントの面談に行って話をしてみようと考えました。

その面談の中で、エージェントとしては強制的に転職を強いることが無いこと、また本人の意思を尊重し、以前の会社に残ることも可能であることを確認できました。

このような背景の中、自分に適した転職先をサポートして頂けるとのことで、エージェントを利用した活動を実施することにしました。

転職後の給与相場が想像以上に低いことが発覚!?

まず最初にエージェントにお会いしたときには、今の会社に抱えている不満、自分が培ってきた仕事内容、自分がこうなって行きたいという将来像について話をしました。

始めのほうは緊張して話をしていましたが、相手の方もプロの方なので次第に話しやすくなり、最後はリラックスした状態で話を進めることができました。

しかし、話を聞いて頂いた段階で、エージェントから見た私の評価、転職した場合の給与相場観をアドバイス頂きましたが、思っていた以上に低く、ショックを受けたことを覚えています。

求人範囲の広さに将来の可能性を感じた

エージェントを使ってみて良かったと感じたのは、求人範囲の広さです。自分でwebサイトで探しても見つからなかったような案件を頂け、将来の可能性が広がる感覚を受けました。

また、エージェントから見た自分の評価や企業との面接時へのアドバイス等もして頂き、その後の活動に大いに役立ちました。

その後、複数の会社に並行して登録し、転職活動を進めていくことになるのですが、それぞれの会社の面接日程のアレンジ、各々の会社からのフィードバック(次ステップに進める場合も、落ちてしまった場合も)を丁寧に実施して頂けました。

自分がまだ以前の会社に働いている状況での転職活動でしたので、このような細かいアレンジは非常に助かりました。

苦労はあるが仕事でチャレンジできるようになった!

私は転職活動を経て、今までの経験は活かせる少し業種の違う分野の会社に転職しました。

転職後の仕事面では、やはり最初はいろいろな事を覚えないといけない、年下の社員にも気を使わないといけない等苦労するところもありましたが、自分の将来を考えた際には、今まで業績下降でできなかったチャレンジができるようになった、といううれしさが何よりありました。

また給与面では大きく増加させることはできませんでしたが、前職の業績不振で激減する前のレベルには戻すことができましたので、満足の行く結果となりました。

通勤面で前職が30分程度で通えたものが1時間30分ほどになってしまい、家庭へ影響を与えてしまったことが反省点として残ります。

転職活動の秘訣は自己分析だけでなく第三者からの評価も知る事

エージェントを利用した一番役に立ったことは、やはり第三者から見て自分がどう評価されるのかを知ることができることではないでしょうか。

webサイトで検索しているだけでは自己評価での思い込みでした転職活動ができません。プロの目で見た評価、経験をもとに活動をするほうが遥かにに効率的で自分の可能性を広げていけると思います。

お勤めの会社を辞めたいという一心だけではなく、自分の将来像を描いてステップアップするための転職活動をすることが、将来の幸せにつながっていくと思います。

「リクルートエージェントの体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・