入社5ヶ月目で早期退職した20代女性の転職体験談

20代女性、小売業からの転職体験談
小売業を行なう会社の配達担当として働いていた20代女性の転職体験談です。大学を卒業して新卒採用として入社した前職では、休憩が取れないなどの労働条件下で体を壊してしまい5ヶ月で短期退職。

退職後の転職活動で「転職ショップ」という20代向けのエージェントを利用し、活動1ヶ月目にして希望する条件にあった会社に内定をもらうことが出来たそうです。

休憩が取れないほどの忙しさが原因で体を壊し退職へ

前職を退職したきっかけは、体を壊してしまったことです。

加えていうと、OJTの期間が終わると引き継ぎで時間がかかるというのあったので、入社5ヶ月目で退職しようと思いました。

短期退職が原因!?面接にもこぎ着けない転職活動

転職エージェントを利用しようと思ったきっかけは、いくつか大手転職サイトを利用して自分ひとりで転職活動をしても、まず最初のウェブエントリーの段階で通らないという状況だったからです。

短期退職で通らないのか、それとも内容がダメで通らないのか分かりませんが、まず面接にもこぎつけなかった状況でした。

そして初めての転職ということで、ネットで調べても短期退職者は転職が難しいということしか書いておらず、実際にどうすればいいかわからない状況でした。そこで、転職エージェントを利用しての転職に方法を変えました。

私が転職エージェントに求めたのは、求人よりも【短期退職者は転職のなかでどういう状況に置かれるのか】知ることと【原稿内容の添削】の2つでした。

案内できる求人なし!?頼れない大手企業の転職エージェント

エージェントを利用することを決めて探し始めたところ、沢山のエージェントがあり、「どのエージェントが一番いいのか?」、「自分にはどのエージェントが合うのか?」については最初一番迷いました。

結局選べず、大手を中心に手当たり次第応募してみると『現在ご案内できる求人はございません。』と返事がきてしまい、更に就職の可能性が少ない方への面談は控えているという内容のメールが届きました。

そこで、ただ大手エージェントだけを頼っても、自分は転職活動が進まないと感じました。

その後、20代を専門とした就職エージェントを見つけ、そこで転職活動をすることに決めました。

そこは、最初に面談が誰でもできること、20代中心に求人を紹介していること、私の様な短期退職者の就業実績があるので決めました。

転職に悩んでいるのは私だけじゃないと分かり安心した

堅苦しい感じであると思っていたので、初めてエージェントの面談を受けた時はとても安心感があり想像と違いました。

その安心感とは、一人一人部屋に通され面接の様な雰囲気なのかと思っていましたが、実際には隣と板一枚の仕切りがある場所で、担当の方がどんなことをしてきたのか、など簡単に聞く様な感じだったからです。

また、周りにも自分と同じ様な求職者がいて、転職というのも昔ほど珍しくないという風潮があるのが肌で実際に感じられたからです。

転職活動を始めて1ヶ月で理想の会社への内定をゲット

エージェントを利用して一番よかったなと思うことは、求人紹介はもちろん。初めての転職活動において、たくさんのアドバイスがもらえたことです。

私は20代を専門とした転職エージェントにて、求人紹介、原稿添削、面接練習などを繰り返ししてもらい転職活動していました。

その結果、転職活動を始めてから1ヶ月ほどで希望する条件の会社に出会い、内定を頂くことができました。

この内定をもらえたのは、繰り返しの面接練習をしてくださったエージェントの方のおかげであるなと感じました。

履歴書を添削してもらったおかげで転職活動に自信がついた!

エージェントとの出会いで大きく変わったことは、エージェントを利用する前までは全く通らなかったウェブエントリーも、エージェントに添削してもらった原稿内容で送ったら何社か通ることができたことです。

エージェントに原稿添削してもらえることで、あまり良くない言い回しや、自分の原稿がどう印象を受けるのかという客観的視点を知ることができるので、自分の原稿に自信をもつこともできました。

転職活動において自信がなかった、面接や原稿、自分の職歴、自分の良き点などについて自信がつくのがエージェント利用のいいところであり、それが内定に繋がっていくのではないかと思います。

エージェントを利用すれば、初めての転職でもつまずくことなくスムーズに転職活動を進めることができると思います。

前職を辞めた理由は嘘をつかずに本当のことを伝える

私がエージェントに原稿添削をしてもらい、一番役に立ったなということは退職理由の所です。

ネットで調べてみると、退職理由は前向きである必要があるとのことが多く書かれております。

しかし、エージェントでは素直に書くことが大切。辞めたのは事実であるから着飾らなくていいとアドバイスを頂き、自分がなぜ辞めたのかしっかり相手方にも伝えることができた。

ネットでは信憑性がなく、エージェントを利用することで現在の転職活動について正しく教えてもらえると思います。

自分にあったエージェントを見つけることが大切

今回転職エージェントを利用して転職活動をして思ったことは、自分にあったエージェント又は方法で転職活動を行うのが、自分にあった職にありつけるのではないかと思います。

その為にしっかりと利用するエージェントも見極め、エージェントを利用するかも自分で判断する必要があると思います。

「転職エージェント利用者の体験談」の記事一覧へ

この記事のシェア・いいね大歓迎です

Facebookでシェア Twitterでシェア

あなたの会社は「良い職場」ですか?

その会社にい続けることはあなたの人生に取ってプラスになりますか?
もし、答えがNOなら、【↓こんな選択肢↓】はどうでしょうか?
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・
「今の会社が嫌だ!このままいても自分にとってマイナスにしかならない」と思うなら・・・